不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

家を売る理由は人それぞれ、売却理由によっては高額査定も!?

 

家族の転勤」、「子供が出来て家族が増えた」、「買い替え・住み替え」──家やマンションを売る理由というのは、本当に人さまざまです。 

そして、家の購入を検討する人たちも、売却理由をとても気にしています。更には、その売却理由によっては査定額や売却期間も変わってくるとか。

今回は、家やマンションを売る理由でどのようなものがあるか、またそれらが査定額・売却期間にどのような影響があるのかについて、お話していきたいと思います。

家やマンションの代表的な「売却理由」について

家やマンションを売るときの理由は、大きく「一般的な理由」と、「ネガティブな理由」とに分けることができます。

なぜこういった分け方をするかというと、「一般的な理由」は文字通りなんの影響もありませんが、「ネガティブな理由」は場合によって査定額や売却期間への影響を及ぼすことがあるからです。

「なぜ売却理由で査定額などが変わるのか?」という疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思いますが、まずはそれぞれの理由で具体的にどのようなものがあるかを見ていきましょう。

一般的な家を売る理由

家族が増えて、今の家の間取りだと部屋が足りなくなるから

子どもがもともと1人だったのに、予期せぬ2人目を授かり…、部屋数が足りなくなるというパターンですね。

もしくは、お子さんが成長して、「そろそろ自分の部屋を持たせてあげようか…」といった親心(?)から、買い換えを検討される方もいらっしゃいます。

通勤・通学の便が悪くなったから

環境が変わり、通勤や通学が不便になってしまったから…というパターンも結構多いようです。

最寄りの駅から遠かったり、バスの本数が少なかったり、仕事や学校の帰りの時間がかなり遅くなってしまう…といったときに買い替えを検討されるケースです。

仕事の転勤によって

「通勤・通学の便が悪くなったから」とも近い理由ですが、旦那の転勤で、引っ越さざるを得ない状況になっていまった…というケースです。

マンションに引っ越したいから

hongkong_DSC02635_TP_V

一軒家に住んでいる方が、この理由で家を売ることは結構多いようです。

シチュエーションとしては、子供も大人になって家を出ていって使わない部屋も増えたから、というものであったり、老後夫婦2人になり家が広過ぎるから、等があります。

資産整理(投資目的)の為

家やマンションを投資目的で売買される場合はこのパターンです。

そのほか、親の家を相続することになった、実家の家族と同居することになった、といった場合もあります。

ネガティブな家を売る理由

住宅ローンが払えなくなったから

毎月の住宅ローンの支払いが厳しくなって…といった理由で家を売るというパターンです。

様々な理由で収入が大きく減少したり、今後想定外の出費が嵩む事態になった、といった状況で発生することが多いようです。

お金が無くて困った為(まとまったお金が必要なため)

どうしてもすぐにまとまったお金を作る必要がある…といったパターンです。

離婚した為

「ネガティブな理由で家を売るケース」で多いのがこちらのケースです。

日本でも離婚率は上昇傾向にありますので、このケースはこれからも増えてくることでしょう。

立地が悪かったから

MORI151108269362_TP_V

近隣の騒音であったり、周囲の治安が良くなかった…といった不便さを感じての売却がこちらのケースです。

原因の元を自分たちで対処することが困難であることが多いのが、このケースの特徴でしょう。

ご近所トラブルの為

こちらも非常に多いパターンです。

なにせ、持ち家を建てたときに一番の問題になりやすいのは、ご近所との人間関係と言われているくらいです。適度な距離感でうまくお付き合いできていれば良いのですが、ふとした誤解や諍いなどで、一度こじれてしまった人間関係は、なかなか修復されないものです。

家の欠陥・古くなったから

こちらのケースは、リフォームなどの手段もありますので、必ずしも家を売る理由に繋がるわけではありませんが、建物と同時に居住者も歳を取り、「より安全でバリアフリーの整備された環境に引っ越したい」といった理由でのものもあるでしょう。

さて、ここまで家やマンションを売る理由について、「一般的な家を売る理由」と「ネガティブな家を売る理由」それぞれご覧になっていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

「自分にも当てはまるな」という項目がいくつかあったという方もいらっしゃることでしょう。

注意しなくてはいけないのは、必ずしも理由は一つとは限らない、というところです。

「特に問題のない、家を売る理由」と「ネガティブな家を売る理由」、それぞれ双方に理由をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

さて、これら理由が査定額や売却期間にどう影響してくるのか──次の項目から、詳しく見ていきたいと思います。

売却理由で査定額・売却期間が変わるって本当?

さて、続いては売却理由と査定額と売却期間の関係について見ていきましょう。

株式会社ネクストの運営する「HOME'S 不動産売却査定サービス」では、家を売却した理由によって、査定額と売却期間に変化があったかを調査したレポートを公開しています。

そのレポートによると、家を売却した人たち全体で「査定額より成約額が下がった」と答えた人は32.5%

中でも、「離婚による理由」で成約額が下がったというケースは44.8%と、かなり高い割合になっています。

前の住居者が離婚したかしないかは、新しい住居者には関係ないはずですが、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

色々理由は考えられますが、一番は「売り手が、なるべく早く売りを済ませたい、精算したい」という意識が強く働くほど、成約額が引き下がる状況にあるように感じられます。

そして、そう言った意識は、ネガティブな理由のときに顕在化──つまり、買い手にも伝わりやすくなるのでしょう。

「住宅ローンが払えなくなったから」、「お金がなくて困った為」でも同様の傾向がでることが予想されます。

また、「立地が悪かったから」、「ご近所トラブル」、「家の欠陥」が理由に挙げられる場合は、査定額にもマイナスの影響を及ぼします。

それらの理由は、前の居住者で完結されることなく次の新居住者にも引き継がれる要素ですので、当然と言えば当然ですよね。

一番顕著な例は、殺人や自殺など事件があった家です。この場合は相場よりも査定額は大幅に下がります。更に、安くなっても買い手が付きにくく、売却期間も長期化しやすいという傾向があります。

家を買うというのは、家を売るのと同じくらいの大きなライフイベントです。

買い手からしてみれば、高い買い物で、少しでも不安要素は払しょくしたいという意識は強く働くでしょう。家を売却するときの理由を伝えるときは、そういった買い手の意識・感情も踏まえて、伝えておくと良いでしょう。

家やマンションを売る理由で、「都合の悪い」内容は伝えなくても良い?ダメ?

0aece1a6a9a7ceb866b39eb9e88d8806_m

ここまでで、家やマンションを売るときの理由で、査定額や売却期間は変わってくるということをお伝えしました。

とすると次に気になるのは、家を売る理由で、「都合の悪い」内容は伝えなくても良いのか?というところでしょう。

まず、売却する物件で自殺などの事件があった場合は、必ず購入者へ伝えるということが義務付けられています。ですので、この場合の理由は必ず伝えなくてはいけない、ということですね。

それ以外の理由についても、「購入希望者がこの事実を知っていれば、売買契約の締結に重大な影響を与えていた可能性が高い」ものについては、きちんと理由を伝えておかないと、あとあとトラブルのもとになります。

例えば、「立地が悪かった」、「家の欠陥、古くなった」、また「ご近所トラブル」の一部の理由がそれにあたります。

また、家やマンションなどの物件を売買するときは、売買契約と併せて売主から告知書を提示することが通常です(告知義務)。

その告知書には、現在の物件の状態(特に不具合や欠損がある場合)を記載する必要があります。

こちらをきちんと記載せずに、あとから、買い手から「こんなトラブルがあったけれど告知書には記載されていなかった」と言われてしまうと、売り手の方や仲介業者は、その責任を負わなくてはならない可能性も出てくるでしょう。

──つまり、家を売る理由がネガティブであまり他人には伝えたくない内容であったとしても、購入者に何らかの不利益が生じるような理由である場合は、基本正直に伝える方が適切、ということですね。

築年数の古い家は、リフォームをしてから売った方が査定額でお得になる?

5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_m

築30年以上の家を売るときに多くの方が悩むのが、そのままの状態で売却するか、それともリフォームしてから売却するかです。
こちらは結論から言うと、リフォームではなく売却額の値引きの方が買い手からは喜ばれます

なぜなら、リフォームには実施する人の趣向や好みを反映することが出来るため、買い手側の方で行いたい、となることが多いからです。また、値引きで済ませたほうが、その分売却期間も短縮できるでしょう

ですが、欠陥や欠損についてはしっかり修繕対応してから売りに出した方が良いでしょう

築年数など、経年劣化によるものはある意味致し方ないところがあるにせよ、インフラ設備やドアの開閉などの故障、欠損は、居住者の扱いによる影響によることも考えられます。

売り手がどれだけその物件を大切にしていたか、というのも査定額には影響してきます。

また、「立つ鳥跡を濁さず」の気持ちで、次の人が気持ちよく家を使ってもらえるように、という配慮も持っておきたいところですね。

売却理由で、逆に高額査定になるケースは?

「査定額がアップするような売却理由はありますか?」という質問をよく受けるのですが、そんな視点で売却理由を決めてしまっては、本末転倒ですよね。

売却理由自体で査定額がアップする、という考え方はあまり持たない方が良いでしょう。

それよりも、不動産の仲介業者の担当に、売却理由含めその他物件情報をしっかり、真摯に伝えておくことです。

例えば、「管理会社がきちんと管理を行っている」であったり、「近隣トラブルが起きたことがない」など、物件に関してプラスになるような情報はもちろん、併せてマイナスになる情報もきちんと担当者に伝えるようにすることをお勧めします。

そうすることによって、売り手と担当者との信頼関係は高まるでしょう。

信頼関係が高まれば、その担当者がマイナス情報も悪い印象にならないように伝えてくれる可能性も高まります。

つまり、査定額をアップしようとするのなら、変に売却理由を隠したりごまかしたりせずに、正直にきちんと伝え、かつ物件のプラスな情報、ポジティブな情報も伝えておく、ということですね。

その方が、売り手も仲介の担当者も、そして購入者も気持ちよく、後々のトラブルも心配せずに進めていくことにもつながります。

売る方も買う方も家を売る理由はどっちも大事!(まとめ)

家やマンションを売る理由と、その際の査定額、売却期間への影響についての、今回の記事はいかがでしたでしょうか。

「なぜその物件を売るのか」という理由は、売り手だけではなく、買い手にとってもとても大切な情報です。

家やマンションを売りに出す方は、そういった買い手の側にも立って、売却理由や告知情報を提示しておいた方が、成約にもつながるでしょうし、不当に成約額を下げられる、ということも無くなってくるでしょう。

不動産に限らず、売買というのは「信頼関係」があって初めて成り立ちます。

家やマンションの売買の際は、売り手と買い手が直接顔を合わせてコミュニケーションをとる、というケースはそうそうありませんが、それでも売り手の状況であったり、誠意というのは不動産仲介の担当を通して買い手に伝わるものです。

そして、今まで住んでいた家やマンションは、少なからずの愛着や気に入っているところもあることでしょう。変な小細工に走ろうとせず、そんな売り手の想いをしっかり、仲介の担当を通して、買い手に伝えていく、そんなコミュニケーションが一番大切だと、私は思います。

家の売買は人生の中でも特に大きなライフイベントのひとつです。皆さんが家の売買を実施するとき、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています!