不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却時にリフォームやハウスクリーニングは必要?判断ポイントを解説

 

「中古のマンションを売却する」となったとき、マンション室内の傷や劣化、汚れがあったとき、「リフォームやハウスクリーニングをしてから売却した方が良いのだろうか?」と悩まれる方は多いことでしょう。

ですが、当然ながらリフォームやハウスクリーニング(特にリフォーム)は相応にコストもかかります。

「リフォームやハウスクリーニングした分を売却価格で回収できるのか」と、不安に思い相談される方は多くいらっしゃいます。

そこで今回は、中古マンション売却時にリフォームやハウスクリーニング、そして修繕について、実施するかしないかの判断ポイントについて詳しくお話していきたいと思います。

現在中古マンションの売却をご検討中の方は、ぜひ参考下さい!

目 次

まずは、「リフォーム」「ハウスクリーニング」「修繕」それぞれの役割を把握しておく

はじめに、中古物件の傷や汚れ、破損等を対応する際に行われる「リフォーム」と「ハウスクリーニング」、そして「修繕」のそれぞれの役割と特徴についてまとめてみましょう。

「リフォーム」とは、「劣化、老朽化した状態を新築の状態に変える・近づける」ということ

「リフォーム」という言葉は、マンションや一戸建てといった居住施設を改装・改築することを指すのが一般的です。

本来の「リフォーム(reform)」という単語は、「改心する、改正する」という意味で、住宅や不動産で使われるこの「改装、改築」という意味は、やや和製英語としての側面を有しています。

そして、マンションや一戸建てでリフォームを行う目的は、「劣化、老朽化した状態を新築の状態に変える・近づける」ということです。

どちらかというと、「機能の修復」というよりも、「機能だけでなく見た目や外観、印象に対しても、現状より良いものにしていく」というニュアンスの方が適切です。

逆に、破損個所の修理や交換といった「機能面の修復」については、リフォームというよりも「修繕」として捉えると良いでしょう。

※ リフォーム工事にて、リフォームと修繕両方手掛けられることもありますので、両者は厳密に区分されるものではありません。

リフォームの費用は、どのくらい?

さて、このリフォームについてどれくらい費用がかかるかというと、前述のとおりそれなりの金額がかかります。

以下表にて、リフォームに係る費用を「おおよその目安」という形で並べてみました。

実際にリフォームする際の条件や現物件の状態によって必ずしもこの範囲で収まるとは限りませんが、費用感のイメージを持つという意味でご覧ください。

リフォーム箇所 概要 費用目安
キッチン 外観のみのリフォームの場合は数万〜10万ほどで済ませられるでしょう。一方、キッチンの「システムキッチン」化(ディスポーザーや食洗器の設置等)の場合、相応に費用がかかります。 50万〜250万円
バスルーム 外観のみのリフォームの場合は数万〜10万ほどで済ませられるでしょう。一方、「浴槽や給湯機を新しいものにする」といった機能面を含めたリフォームの売、相応に費用が掛かります。 30万〜200万円
トイレ 外観のみのリフォームの場合は数万〜10万ほどで済ませられるでしょう。一方、「和式トイレから洋式トイレへの変更」であったり、「ウォッシュレットの設置」といった機能面を含めたリフォームの売、相応に費用が掛かります。 20万〜80万円
洗面所 外観のみのリフォームの場合は数万〜10万ほどで済ませられるでしょう。 20万〜60万円
リビング リビングのリフォームは、求める品質レベルによって価格が大きく変動します。
「床のフローリング化」を行う場合は、広さにも寄りますが20万〜40万ほど、「床暖房を導入する」場合は、30万〜60万円ほどの費用が掛かります。
20万円〜300万円

「ハウスクリーニング」とは、掃除の専門業者に依頼して、室内を綺麗にしてくれるサービスのこと

続いては、「ハウスクリーニング」を見ていきましょう。

こちらは読んで字のごとく、マンションや一戸建ての室内を専門業者が「クリーニング」してくれるサービスです。

「では、ハウスクリーニングと通常の掃除は一緒なの?」と思われた方もいらっしゃったかもしれませんね。

軽く捕捉しておきますと、ハウスクリーニングの大きな特徴は、その「専門性」です。

例えばエアコンや換気扇といった、素人が掃除する際にとても手間がかかる領域も、ハウスクリーニングでは専用の機器を使って綺麗に掃除をしてくれるのです。

ハウスクリーニングは居住中の大掃除代わりに利用することもできますし、今回のような売却前であったり、または賃貸物件においてオーナーが空室になった部屋を次の入居者が決まるまでに掃除するといった目的などで利用されることが多いです。

ハウスクリーニングの費用は、どのくらい?

ハウスクリーニングの費用は、大体以下の表を目安にしておくと良いでしょう。

業者によっても料金は変わってきますので、ご注意ください。

クリーニング(掃除)対象 ハウスクリーニング費用
ワンルーム、1K 1.5万〜3万円
1DK、1LDK 3万〜4万円
2DK、2LDK 3万〜7万円
3DK、3LDK 5万〜8.5万円
4DK、4LDK 7万〜10万円

また、ハウスクリーニングはパート(部分)単位での依頼も可能です。

代表的な依頼箇所とその金額目安もまとめてみました。

クリーニング(掃除)対象 ハウスクリーニング費用
床(ワックス込み) 1万〜3万円
エアコン1台あたり 1万円前後
トイレ 1万円前後
浴室 1万〜2万円
台所 1万〜3万円
洗面所 1万円前後

「修繕」とは、傷んでいたり破損している箇所を直すこと

修繕とは、壊れている箇所や痛んでいる箇所を直して、「元通り」にすることです。

リフォームと似ていますが、リフォームは「より良い状態にしていく」という意味合いが強いのに対して、修繕は「直す」という意味合いが強くなります。

例えば、お風呂の給湯器が壊れていてお湯がちゃんと出ないのを直す時は、「リフォーム」とはあまり言わないですよね。その場合は「修繕」(または「修理」)と言うのが通常でしょう。

修繕の費用は、どのくらい?

修繕にかかる費用は、「対象のものがどれだけ破損しているか」にもかかるので一概に表しきれませんが、こちらも「おおよその目安」という形で見ていきたいと思います。

下記の表は、マンション物件で修繕対象になりやすいものをピックアップして紹介しています。

修繕箇所 修繕費用目安 補足
キッチンコンロ 数万〜50万円 システムキッチンの修繕の場合は高くなりがち。
浴槽 数万〜30万円  
給湯器 数万〜30万円  
トイレ 数万〜50万円  
洗面所 数万〜30万円  
天井や壁のクロスの張り替え 数万〜10万円 広さによって変動
床のフローリングの張り替え 数万〜数十万円 広さによって変動
畳の交換 10万〜20万円 広さによって変動
玄関のドア 数万〜50万円  

通常の中古マンション売却時では、リフォームは「不要」であることが多

さて、ここからはリフォーム、ハウスクリーニング、修繕それぞれの特徴と主な役割、費用感を把握したうえで、「実際に、中古マンション売却時に、それらを行った方が良いか?」についてお話していきます。

まずは「リフォーム」について。こちらは通常の中古マンションにおいて、リフォームは「不要」(する必要がない)ことが多いです。

中古マンション売却時に、リフォームが「不要」である理由

なぜ中古マンション売却時に、リフォームが「不要」であることが多いのか。

──それは、リフォームは「現在からより良い状態に変えていくこと」であり、その作業を行いたいと心から思えるのは売主ではなく「買主」だからです。

たとえば、ある売主が「このキッチンはかなり以前のもので機能性は低いから、今風のシステムキッチンにリフォームしよう」と思い、リフォームに150万円程かけたとします。そして、その金額を売却価格に上乗せして、買主を募集したとしたら、どうでしょう。

もし皆さんが買主の立場だったら、「どうせ150万円かけるのなら、自分の思うようにリフォームしてほしかった」と思うのではないでしょうか。

もちろん、機能的に破損している箇所がある場合や、日常生活に支障をきたすような不便がある場合は、「修繕」として対応していくべきでしょう。

ですが、「今より良くしていこう」という行為は、その「良くしていく」方向性は人それぞれであり、売却するマンション物件においては、売主ではなく買主がその方向性を見出していくべきなのです。

そのほか、リフォームが必要か否かの判断ポイントとして良く見られるのが、「その気になる箇所は、【自然損耗】かどうか」です。

「自然損耗」とは、月日の経過であったり、日常生活で自然と積み重なっていった損傷を指します。

自然損耗の場合は無理にリフォームをする必要はありません。

また、自然損耗された箇所が理由でマンション売却価格が値引かれることもまずありませんので、ご安心ください。

ただし、床や壁の凹み、腐食が明らかに目につく場合はリフォーム対応した方がベター

「自然損耗はリフォームの必要なし」とは言いましたが、以下の場合はリフォーム対応も検討しておくと良いでしょう。

床や壁に凹みがある、または腐食が明らかに目につく
タバコやペットの匂いが染みついている
カビ汚れが目立つ

1つ目の「床や壁に凹みがある、または腐食が明らかに目につく」についてですが、特に床の損傷は、人はかなり気にするものです。

ちょっとした傷くらいでしたらそのままでも良いかもしれませんが、裸足のままだとひっかけてケガをしかねない傷穴だったり、部分的な凹みがあるようでしたら、リフォームをしておいた方が無難です。

また、タバコやペットの匂いは、気になる人はとても気になるものです。

部屋の換気で済むなら良いですが、染みついた匂いが取れない場合は、消臭リフォームも検討してみると良いでしょう。

ハウスクリーニングは、「忙しくて掃除の時間が持てない」人向け

続いて、「ハウスクリーニング」。こちらをマンション売却時にやるかどうかについては、「売主次第」と言ったところでしょうか。

どういうことか、詳しく見ていきましょう。

マンション売却前の掃除は基本中の基本!

まず、マンション売却時に掃除をしていくことは、まさに基本中の基本です。

売却成立前も、査定時には不動産会社の担当が、そして内覧時には購入検討者が、私たちの物件を見に来ます。その際に、室内が散らかっていたり、汚れていたりしたら、査定額や売却価格に悪い影響を与える可能性は十分にあります。

つまり、「マンションを売却するなら、掃除は必須」ということですね。

問題は、その掃除を、「誰がやるか」です。

「忙しくてどうしても掃除にしっかり時間がかけられない」人はハウスクリーニングの検討を視野に

ハウスクリーニングを依頼するメリットの一つに、「素人では到達しえないほど綺麗に掃除してくれる」という点がありますが、この点が売却価格や購入希望者の心象にどれだけ効果を及ぼすかというと、あまり過度な期待はすべきではないでしょう。

つまり、一般の私たちが行えるレベルの掃除でも、十分に相手に「綺麗だな」「問題ない清潔感だ」と思ってもらえることはできるのです。

マンション売却時にハウスクリーニングを利用する際は、「掃除をしたくても、どうしても忙しくてその時間を持てない」といったときにしておくのが適切です。

または、「目につく汚れがあって、素人の手ではなかなか落ちにくい…」といった際に、部分的にハウスクリーニングをお願いするのも良いでしょう。

「適切に使用できない」「私生活に支障がある」箇所は、基本すべて修繕しておく

リフォーム、ハウスクリーニングに続いて、「修繕」についても見ていきたいと思います。

ここまでは、「リフォーム=不要であることが多い」「ハウスクリーニング=必須ではない」と来ましたが、修繕については、「基本対応しておく」べきでしょう。

「修繕」は、買主への思いやりを意識しての対応を

修繕が必要な時は、すなわち、その部位が「適切に使用できない」、またはその部位によって「私生活に支障がある」ということです。

それらをそのままにしておくということが、相手(買主)にどのような心象を与えるかを考えておくと良いでしょう。

内覧時にその破損個所が確認された場合、購入検討者からすると「こんな状態のままで売りに出そうとしているんだ…」とマイナス印象を持たれるかもしれません。

または、売却成立後に破損個所が発覚した場合は、瑕疵対応を求められる可能性もあります。

これら発生するリスクを考えると、修繕対応は基本、丁寧に、すべて対応しておいた方が無難です。

また、これら修繕をしっかり行おうというスタンスは、買主への「思いやり」にも繋がります。

人間だれしも、「できれば気持ち良く取引をしたい」と思うものですので、そういった誠意ある気持ちは、売却成立の角度向上にも関わってくることでしょう。

リフォームや修繕対応の判断は、不動産会社の担当にも相談を

さて、ここまででリフォーム、ハウスクリーニング、修繕についての理解も深まり、それぞれを実施するしないの判断軸もおおよそ持たれてきているのではないかと思います。

ですが、それでも「こういうケースではどうすれば良いか」であったり、「第三者の意見を聞きたい」と悩まれることもあるかもしれません。

その際に有効な方法は、「仲介する不動産会社の担当にも、意見をあおぐ」ということです。

不動産会社の担当からすれば、これまで幾度となくマンション売買の仲介を手掛け、買主がどういった点を気にするかであったり、逆にここまでは気にしないであろうという経験則を有していますので、私たち売主が判断に迷う点も、きっと、最適解を提示してくれることでしょう。

ですが、一方で「その不動産会社の担当が本当に信頼できるかわからない」であったり、「不動産会社の方で誤った回答をしてくることもあるのではないか」と不安に思われる方もいらっしゃることでしょう。

その際に、ぜひとも活用したいのが「不動産一括査定サイト」です。

不動産一括査定サイトとは、その名の通り「物件の査定を複数の不動産会社に一括でお願いできる」サービスです。

不動産会社の良し悪しは、「実績」もさることながら、私たち売主との「相性」もあります。

まずは複数の不動産会社に査定依頼をし、そこでのファースト・コミュニケーションから、「この不動産会社だったら信頼できる」という不動産会社を選定していくことが大切なのです。

そして、そんな選定をしていく際に、不動産一括査定サイトはとても効率的かつ有効だ、ということですね。

不動産一括査定サイトは国内でも数多くありますが、なかでもおすすめの不動産一括査定サイトは、とりわけ提携する不動産会社の品質が高く、かつ全国地域対応の「ホームフォーユー」(HOME4U)と、厳選された大手不動産会社のみと提携している「すまいValue」です。

マンション・一戸建て売却の際のお薦めの不動産一括査定サイト HOME4U

HOME4Uは、一部上場企業である「NTTデータ」が運営する、「運営歴16年」の実績・信頼も厚い不動産一括査定サイトです。

image8

提携不動産会社が全国に約500社と数多くあり、更にはサイト上の「なんでも相談窓口」で質問・相談も無料で出来てしまうという、かなりお薦めの不動産一括査定サイトです。

HOME4Uの優れているところは、提携している不動産会社の品質がとても高いことです。

また、全国屈指の大手不動産会社から、いわゆる「地域密着型」と言われるその地域情報に詳しい不動産会社まで、幅広く提携しているところもHOME4Uの魅力の一つでしょう。

マンション・一戸建て売却の際に、親身に相談に乗ってくれ、適切なソリューションを提供できる不動産会社と出会える可能性は、HOME4Uの活用によってかなり高められるでしょう。

ホームフォーユー(HOME4U)の一括査定はこちら

HOME4Uでの不動産一括査定の申し込み方法については、以下記事でも詳しく説明しています。宜しければ併せてご参考ください。

HOME4U(ホームフォーユー)の利用手順は?

マンション・一戸建て売却の際のお薦めの不動産一括査定サイト#2 すまいValue

すまいValue」は、大手不動産会社の仲介に特化した、不動産一括査定サイトです。

image2

キャッチコピーにある、「業界をリードする6社の運営」の文言通り、提携する不動産会社は、「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった、国内トップシェアを誇る企業で構成されています。

つまり、すまいValueの不動産一括査定を利用することによって、これら大手不動産会社からの査定を受けられて、かつ比較・選定していくことができるということですね。

すまいValueの一括査定はこちら

すまいValueでの不動産一括査定の申し込み方法については、以下記事でも詳しく説明しています。宜しければ併せてご参考ください。

すまいValueの利用手順は?

まとめ リフォーム、ハウスクリーニング、修繕の判断に迷ったときは、信頼できる不動産会社のアドバイスも参考に!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

リフォームもハウスクリーニングも修繕も、とどのつまりは「そのアクションはだれのために行うものか」を明確にしておくことが大切です。

当然、それは「買主の為」です。

リフォームをすべきか、ハウスクリーニングをすべきか、修繕をすべきか、それぞれ悩んだ際には、「それをやることによって、買主はどう思い、どう評価してくれるか」を今一度考えてみると良いでしょう。

そして、それでも判断が付かない場合は、「信頼できる不動産会社」の担当に相談して決めていくことが望ましいです。

また、「信頼できる不動産会社」選びは、多くの人が不動産一括査定サイトから行っています。

今回「不動産一括査定サイトについて初めて知った・・・」という方は、以下記事でも詳しく説明しておりますので、宜しければ併せてご覧ください。

損しない!不動産売却一括査定サイトの選び方!メリット・デメリット解説

マンション売却の際に、希望・期待通りの売却が出来て、皆さんがつつがなく新生活へと移っていけるように、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています!