不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却の際の「不動産会社の買取」はあり?メリット・デメリット解説

 

「マンション売却について検討している」という方でしたら、おそらくマンション売却の際に「不動産の仲介による売却」と「不動産会社の買取」の2種類の売却方法があることはご存知でしょう。

もし、「買取なんて初めて聞いた」であったり、「買取はあまり良くないって聞いていたんだけど・・・」という風に思われた方がいらっしゃるようでしたら、是非今回の記事をご参照されることをお薦めします。

なぜなら、近年「マンション買取」が行われるケースは増加傾向にあるからです。

そこで今回は「マンション買取」について、通常のマンション売却との違いから、買取のメリット、デメリットについてお話ししていきたいと思います。

そもそも、「マンション買取」とは? 買取と売却の違い

マンション買取は、マンションを不動産業者が直接買い取ってくれる売却手法です。

通常不動産会社はマンション売却の「仲介役」として、売主と買主を繋げる役割を果たしますが、「買取」の場合は不動産会社自体が買主になる──というイメージです。

不動産会社のマンション買取とマンション仲介の比較

  マンション買取 マンション仲介
説明 不動産会社が、あなたのマンションを直接買い取ってくれます。 不動産会社は、あなたのマンションを「買いたい」という個人(購入希望者)を探してくれます。
買主 不動産会社 個人(購入希望者)
特徴 売却がすぐに決まるが、売却価格は低くなる(相場の60〜80%)。 売却価格は相場同様もしくは相場以上になることもあるが、売却期間は相応にかかる(通常3ヶ月前後)。

マンション売却とは

上記の表で大体イメージは掴めたことでしょうが、おさらいもかねて「マンション売却」について一度整理しておきましょう。

一般的に言われる「マンション売却」とは、私たち売主が不動産会社に仲介を依頼します。すると不動産会社は販促(宣伝)活動を行い、売却物件(つまり、あなたのマンション)に興味を持って「買います」と言ってくれる個人を見出してくれる、という流れです。

この場合、不動産会社の役割は文字通り「仲介」です。買主は不動産会社が探してくる「私たちの(まだ)知らない個人」ということですね。

マンション買取とは

それに対して「マンション買取」は、文字通り不動産会社が直接私たちのマンションを買い取ってくれる仕組みです。

「不動産会社が直接マンションを買い取ってどうするの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、その後不動産会社は自分たちで販促活動を行い、そのマンションの買主を探すのです。

マンション買取における不動産会社側のメリットは、以下の3点が挙げられます。

相場よりも安くマンション物件を購入し、売却する時は相場額で行うので利幅を出しやすい
一次的に不動産会社の所有になるので、文字通り「売却物件の囲い込み」ができる
必要に応じてリフォーム等の処置を不動産会社側の判断で行える

一方で、「買い取ったマンションが売れないリスク」も当然ながらあるでしょう。

つまりは、そのリスクを許容しうる状態(不動産会社が「このマンション物件は売れる」と確信を持てる状況)においては、不動産会社側にとっても買取のメリットが断然大きくなる、ということですね。

ここまでの説明で、「なんだか、マンション買取って、不動産会社にだけ有利な仕組みに感じる・・・」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、マンション買取は、私たち売主側のメリットも多くあります。

詳しくは、次章『マンション買取のメリットはココ!「早く売りたい」「手間なく手離れ良く売りたい」時に有効

マンション買取の種類

マンション買取には、大きく以下の二つの種類があります。

買取保証
即時買取

買取保証とは

「買取保証」とは、まず一定期間は通常の「不動産の仲介」によるマンション売却活動を行い、その期間中に成約に至らなかった場合(つまり買主が見つからなかった場合)、不動産会社の方で事前に約束した価格で買い取る方法です。

マンション売却の際に、売却期間を多少持てるものの「購入希望者が本当に現れるか不安」「一定期間以上は待てない」という方に向いている売却方法と言えます。

即時買取とは

これに対して「即時買取」とは、不動産会社に買い取ってもらう前提でマンション売却する方法です。

通常マンション売却においては3ヶ月前後の売却期間を要しますが、「即時買取」の場合は不動産会社がすぐに買い取ってくれるので数日〜数週間で売却が完了できます。

「急いでマンションを売却しないといけない」といったスケジュールの余裕があまり持てない方に特に適した売却方法と言えるでしょう。

一方で、即時買取は買取保証と比較して売却価格が低くなる傾向があります。ましてや通常の不動産仲介の売却と比べるとその価格差は一層大きくなるでしょう。

つまりは、マンション売却の際に「価格」を取るか「速さ」を取るかで、即時買取は「速さ」を最優先にした際にうってつけの売却方法ということですね。

「不動産売却を少しでも早く成立させたい」という方には、併せて以下記事もご参考ください。

家(一戸建て・マンション) を早く売りたい! 1日でも早く売るための方法は?

また、ここからは「マンション買取」について「即時買取」を前提に話を進めていきます。

マンション買取のメリットはココ!「早く売りたい」「手間なく手離れ良く売りたい」時に有効

マンション売却の際に、「マンション買取」を利用する人が増えている?

ここ数年、積極的に「マンション買取」を行う不動産会社が増えてきています。

その背景には、前述した不動産会社側のマンション買取のメリットがあることと、併せて「マンション買取」を求める人たちも増えてきているということがあります。

なぜマンション買取を求める人たちが増えてきているかというと、その理由の一番は「時間的利点」にあるでしょう。

「スピーディ」と「効率性」を求める傾向が強まっている現代社会においては、以前と比べ「マンション売却を悠長に進める時間的余裕がない」という人も多くなってきています。

また、「マンション買取を行う不動産会社が増えてきている」ということは、当然ながらその世界での競争も起きやすくなり、私たち売主がつきやすくなるようにいわゆる高額買取を行ってくる不動産会社も出てきています。

ほんの数年前までは、「不動産買取は相場の6割以下まで下げられる」と言われていたのが、今では相場の8割くらいで買い取ってくれる不動産会社もあるくらいです。(※ 買取価格は物件の品質や立地条件によっても大きく変わってきますので、ご注意ください)

つまりは、マンション買取がフィットする売主が以前より多くなってきているということですね。

では、具体的にマンション売却の際に「マンション買取」が向いている人とはどんな人なのか、これからご紹介する「マンション買取の主なメリット5点」を見ながら確認していきましょう。

マンション買取の主なメリット5点

不動産会社の即買取によって、スピーディに現金化できる
内覧などの売却に向けての活動をする必要がない
ピンポイントなスケジュールに合わせて、マンション売却ができる
知り合いやご近所の人たちに知られることなく売却を進められる
住宅ローンが残っている際に、不動産会社が金融機関との交渉をしてくれる

不動産会社の即買取によって、スピーディに現金化できる

マンション買取の一番のメリットといえば、やはり「現金化のスピードが速い」という点でしょう。

通常のマンション売却の場合は数か月かかるところが、不動産会社に「即買取をして欲しい」と希望すれば、(もちろん不動産会社との価格交渉次第ではありますが)最短で数日後には売却が成立し、現金を得ることができます。

様々な理由で「急いで現金化したい」というニーズのある方にとっては、とても大きいメリットと言えるでしょう。

内覧などの売却に向けての活動をする必要がない

通常の不動産会社の仲介による売却の場合は、私たち売主も販促活動に関わることが求められます。その最たるものが、購入希望者の現地見学、「内覧」の対応です。

一般の買主にマンションを売却する場合には、内覧の機会は避けて通れません。

なぜなら、購入希望者が「このマンションを購入しよう」と決めるタイミングは、多くの場合がこの内覧のタイミングになるからです。

もちろん一回の内覧で買主が決まるとも限らないので、1回のマンション売却に対して数回の内覧対応を行う必要は出てきます。

その点、マンション買取であれば不動産会社に一度マンション内の様子を見せれば完了です。手間の軽さは比べ物にならないくらいのものでしょう。

不動産売却時の内覧対応については以下記事にも詳しく説明しています。よろしければ併せてご参考ください。

家を売るなら「内覧対策」は必須!買い手の印象UPさせる内覧のコツ

ピンポイントなスケジュールに合わせて、マンション売却ができる

マンション売却の際に、「仕事の繁忙期の合間に済ませる必要がある」であったり、「息子の夏季休暇中に済ませたい」といった、まさにピンポイントなスケジュールで売却活動を進めたいというニーズのある方も少なくないでしょう。

ですが、通常の一般的なマンション売却では、そこまで売却スケジュールを思うようにコントロールはできません。いくら綿密にスケジュールを立てても、結局は買主が現われなければ売却は完了しません。

マンション買取でしたら、「このタイミングで売りたい」といったスケジュールや都合に対して優先して進めることができます。

知り合いやご近所の人たちに知られることなく売却を進められる

マンションを売却することになると、不動産売買のホームページや雑誌にあなたのマンション物件が掲載されます。また、不動産会社の営業担当や内覧の際の購入希望者が自宅に訪れますので、マンション内の同フロアの人たちからは「もしかしたら引っ越すのかな」と気づかれることも少なくありません。

ですが、マンション買取の場合は物件情報が周知されることもなければ他人が足しげく部屋にやってくることもないので、ほぼ誰にも知られずにマンションを売却することができます。

実は、マンション売却の際に「ご近所さんや知り合いに知られずに進めたい」という方は結構多いのです。ですので、同様のお悩みを持たれている方は、マンション買取がお薦めかもしれません。

「周囲に知られずに不動産売却する方法」については、以下記事でも詳しくまとめています。よろしければ併せてご参考ください。

不動産売却査定を匿名で家族にバレずに行いたい場合の方法と注意点

住宅ローンが残っている際に、不動産会社が金融機関との交渉をしてくれる

住宅ローンの支払いが困難になった際に、「任意売却」と言って金融機関側で(持ち主との合意の上)売却するという手段があります。

こちらもマンション買取同様に「すぐに売却する」という点では同じですが、住宅ローン残債状況によっては金融機関側で任意売却に応じてくれない場合もあります。

ちなみに、任意売却をしたくても金融機関が応じてくれず、かつ住宅ローンの支払いがもうできない・・・となってしまうと、そのマンションは「競売」にかけられ、相場からかなりかけ離れた金額で売られてしまうことになります。

そんな事態になる前に、不動産会社に直接買い取ってもらう手段について相談する方が断然建設的でしょう。

また、任意売却を検討されていた際は、マンション買取を行う不動産会社にお願いすれば相談に乗ってくれ、必要に応じてあなたに代わり金融機関と交渉をしてくれます。

マンション買取の注意点・デメリットはココを意識!「相場より安くなる」「業者選定が重要」

さて、ここまでマンション買取のメリットを中心にお話をしてきましたが、もちろんマンション買取は良いことばかりという訳ではありません。

続いては、マンション買取を行う際にぜひとも抑えておきたい(事前に把握しておきたい)デメリット2点を説明します。

マンション買取は、当然相場価格より低くなる

マンション買取のデメリットはなんと言っても、相場価格よりも売却価格が低くなることです。

買取価格は物件の内容や不動産会社によって変わりますので一概には言えませんが、大体でいうと相場価格の「60%程」で見ておくと良いでしょう。

例えば、相場価格3,000万円のマンションでしたら、マンション買取にした場合は1,800万円程になる、ということですね。

「時期は遅くなっても構わないので、少しでも高い価格でマンションを売却したい」という方は、マンション買取よりは通常の不動産会社仲介による売却で進めていくべきでしょう。

一方で、マンション買取の際の価格交渉も、不動産会社によっては高額買取をしてくれるところもありますので、買取の打診は一社の不動産会社に留めずに、複数の不動産会社に見積もらせてもらうことをお薦めします。

不動産会社によって価格が大きく異なる

先にも述べましたが、マンション買取の際の価格は不動産会社によって異なってきます。

理由は、不動産会社は結局その後にマンションを自分たちで売却することになりますので、そこでどれだけ利を出していくかという目論見であったり、そもそもそのマンションがどれだけの価格で売れるかのシュミレーションはそれぞれの不動産会社で異なるからです。

下手に急いで、買取価格を不当に低く提示する不動産会社に当たってしまう──そういったリスクも、マンション買取にはあるということですね。

「そうは言っても、どの不動産会社を選べばよいか解らない」とお思いになられた方は、一括で複数の不動産会社に見積もり依頼や相談ができる、「不動産一括査定サイト」の活用がお薦めです。

不動産一括査定サイトとは、その名の通り「物件の査定を複数の不動産会社に一括でお願いできる」サービスです。

一社の不動産会社に依頼したときに不当に低い価格を設定されてしまって…といったことの無いように、複数の不動産会社に依頼できる、ということですね。

不動産一括査定サイトについては、次章および以下記事にて詳しく説明しています。宜しければ、併せてご参考ください。

損しない!不動産売却一括査定サイトの選び方!メリット・デメリット解説

マンション買取の際も、売却の際も、不動産会社選びの際は一括査定サイトを 

ここからは、「満足するマンション買取」を実現する為に一番重要な、「不動産会社選び」についてお話ししていきます。

前述のとおり、マンション買取の際に不動産会社を選定していくうえで最もスムーズな進め方が、「不動産一括査定サイト」の活用です。

不動産一括査定サイトは国内でも数多くありますが、なかでもおすすめの不動産一括査定サイトは、とりわけ提携する不動産会社の品質が高く、かつ全国地域対応の「ホームフォーユー」(HOME4U)と、同じく提携不動産会社の品質が非常に高い「すまいValue」です。

マンション売却の際のお薦めの不動産一括査定サイト

HOME4U
すまいValue

マンション売却の際のお薦めの不動産一括査定サイト#1 HOME4U

HOME4Uは、一部上場企業である「NTTデータ」が運営する、「運営歴16年」の実績・信頼も厚い不動産一括査定サイトです。

image1

提携不動産会社が全国に約500社と数多くあり、更にはサイト上の「なんでも相談窓口」で質問・相談も無料で出来てしまうという、かなりお薦めの不動産一括査定サイトです。

HOME4Uの優れているところは、提携している不動産会社の品質がとても高いことです。

マンション売却の際に、親身に相談に乗ってくれ、適切なソリューションを提供できる不動産会社と出会える可能性は、HOME4Uの活用によってかなり高められるでしょう。

ホームフォーユー(HOME4U)の一括査定はこちら

HOME4Uでの不動産一括査定の申し込み方法については、以下記事でも詳しく説明しています。宜しければ併せてご参考ください。

HOME4U(ホームフォーユー)の利用手順は?

マンション売却の際のお薦めの不動産一括査定サイト#2 すまいValue

すまいValue」は、大手不動産会社の仲介に特化した、不動産一括査定サイトです。

image2

キャッチコピーにある、「業界をリードする6社の運営」の文言通り、提携する不動産会社は、「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった、国内トップシェアを誇る企業で構成されています。

つまり、すまいValueの不動産一括査定を利用することによって、これら大手不動産会社からの査定を受けられて、かつ比較・選定していくことができるということですね。

すまいValueでの不動産一括査定の申し込み方法については、以下記事でも詳しく説明しています。宜しければ併せてご参考ください。

 →すまいValueの利用手順は?

まとめ 「マンション売却」の際に、「買取」は重要な選択肢の一つ!不動産会社の選定と併せて、じっくりと検討を!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

「マンション買取」は、通常の不動産会社が仲介するマンション売却と比較して売却金額が下がる一方で、スピード感や手間の軽さ等、様々なメリットがあります。

おそらく、今後マンション買取の利用者が増えることによって、対応する不動産会社も増加し、サービスもより充実したものになっていくことでしょう。

これからマンション売却を始めようという方は、通常の売却のほかに買取という選択肢も検討の視野に入れておくと良いのではないでしょうか。

また、その際は買取を行ってくれる不動産会社選びも重要です。一社にのみ依頼した結果かなり低い金額で買いたたかれてしまった…ということの無いよう、不動産一括査定サイトを活用し、複数の不動産会社から選定していくよう、意識していきましょう。

マンション売却の際に、希望・期待通りの売却が出来て、皆さんがつつがなく新生活へと移っていけるように、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています!