不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産売却査定は匿名で家族にバレずに行いたい場合の方法と注意点

 

「一戸建て、マンションを売却しよう」と決めた際に、まず行うのは「査定額」の確認でしょう。

ですが、不動産会社に査定依頼をする際には、物件情報と併せてご自身の情報(氏名や連絡先等)も伝える必要があります。

中には、

「個人情報を漏らさずに査定できないか」

「査定依頼するだけで、営業電話やDMが来ると非常に困る」

といった思いをもつ人も多くいらっしゃることでしょう。

そういった意見も多くなってきているのか、最近では査定依頼をネット上で匿名で依頼できたり、誰にも知られずに依頼できるようなサイトも出てきています。

ですが、それらの利用について「本当に信頼して大丈夫なの?」と不安になられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「不動産売却の査定を【匿名】で、または【家族にも知られずに】、かつ【安全に】行う方法」について、ご案内していきたいと思います。

不動産売却の査定をこっそり匿名で行う2つの方法

「不動産の査定依頼を、完全に【匿名】で行いたい!」という場合に、取りえる方法は大きく以下の2つになります。

相場を確認できる不動産ポータルサイトを利用する
匿名で不動産査定ができる専門の一括査定サイトを利用する

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

相場を確認できる不動産ポータルサイトを利用する

売却しようとしている不動産がマンションや更地である場合は、不動産ポータルサイトで紹介されている(売りに出されている)類似物件を参照することで、おおよその相場を確認していきやすいでしょう。

不動産ポータルサイトの例

国土交通省「土地総合情報システム」

…過去の全国不動産物件の販売額が確認できます。

goo住宅・不動産「物件検索」

Yahoo!不動産「おうちダイレクト」

…現在売りに出ている物件の価格帯を確認できます。

「マンションや更地が、上記不動産ポータルサイトを利用することによって相場を確認しやすい」と申し上げたのは、近隣で類似する物件が見つけやすく、かつそこから売却金額の目安を算出しやすいからです。

売却しようとしているのが大型の分譲マンションの1室でしたら、すでにポータルサイト上で別の部屋が売りに出されている──ということも少なくありません。

更地の場合でも、近隣で売りに出されている土地の販売価格を面積で割ったあとに、その単価を売却しようとしている更地の面積にかけ戻せば、相応に制度のある相場額を導き出せます。

ただし、一戸建て物件の場合は、その「建物」の値段がどう判断されるかはそれぞれですので、そこまで精度の高い相場額の算出が難しいこともありますのでご注意ください。

不動産物件の相場の確認方法は、以下の記事にも詳しく記載されています。宜しければご参考ください。

参考:家を売るとき査定に大きく影響するポイントは?査定のプラス・マイナス要因?:家・マンションの「相場」を事前に知っておこう!簡易査定・相場の調べ方とは?

匿名で不動産査定ができる専門の一括査定サイトを利用する

不動産売却の査定を匿名で行う際の2つ目の方法は、「匿名で不動産査定ができる一括査定サイトの利用」です。

「そんなサイトあるの?」と訝しげに思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、現在すでにいくつかの不動産一括査定サイトにて、「匿名での査定OK」としているところがあるのです。

なかでも知名度が高く、多くの方が利用されているのが株式会社LIFULLの運営する「HOME’S」です。

image1

なぜHOME’Sが匿名での不動産一括査定を行っているのかというと、まさに「不動産売却を検討し始めたけれど、まだ検討中なので営業やDMは受けたくない(周囲には知られたくない)」といった、不動産売却の潜在顧客が持つニーズを適える為に作られているのです。

HOME’Sの匿名査定(同社HPより)

image2image3

HOME’Sの「匿名査定」を行うと、いくつかの不動産会社からの査定の返事を受け取ることが出来ます。

その後、それら複数の不動産会社が提示した査定額やその会社情報を見比べることができ、私たちの方で「このなかからどの不動産会社に詳しく相談していくとよいか」を決めることができます。

 そして、「この会社にしよう」と決めた会社にだけ、個人情報が開示される仕組みになっているのです。

──かなり安心な、売主側の気持ちに立った良心的なサービスですよね。

匿名で不動産売却の査定を行う際のメリットとデメリット(注意点)

さて、ここまで「完全に匿名」で不動産査定を行う方法について、不動産ポータルサイトを利用する方法についてと、匿名の一括査定方法について紹介してきました。

一度、これらの「匿名査定」についてのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

「不動産匿名査定」のメリット

家族にも誰にも知られずに、完全に匿名で物件の査定ができる
個人情報が流出される心配もない
その後の営業やDMが来るなどの煩わしさも気にせずにいられる

「不動産匿名査定」のデメリット・注意点

現地査定はされないので、査定の「正確性」は通常の不動産会社に依頼したときより落ちる
専門家からのアドバイスを受けられることはない
いずれは正確な査定も必要となることを踏まえると、「二度手間」になってしまう

 

「不動産匿名査定のメリット」については前章でも触れていますので、もう重々承知──というところでしょうが、ここで意識しておきたいのは「不動産匿名査定のデメリット(注意点)」でしょう。

不動産ポータルサイトの参照にしても、匿名査定にしても、現地査定(不動産売却専門者が、物件の現地に立ち会って正確な査定額を導き出すこと)を行うわけではないので、正確性に関しては課題が残ります。

かつ、査定額が匿名で確認できたとしても、その後自力でその不動産を売り出せるわけではありません。売却の仲介となる不動産会社の協力は欠かせません。

そして、その仲介を担当する不動産会社のほうでは、おそらく改めて査定を行うことになりますので、文字通り「二度手間」になってしまうことは否めないでしょう。

査定の「二度手間」デメリットを軽減させるための方法は──

もちろん、査定の際に「二度手間」が発生することがすべてマイナスに働くわけではありません。

セカンド・オピニオン的な位置づけで情報収集する意味では有効でしょうし、不動産売却をすべて不動産会社任せにするのではなく、私たち売主側でも一定のイニシアティブを持ちながら活動を続けていくためには、こういった自己リサーチも重要です。

ですが、「匿名性も大事だけど、売却活動はもう少し効率的に進めていきたい」という際には、また別の切り口(進め方)も出てくることでしょう。

求める匿名性の背景に「家族含めて誰にも知られずに査定したい」であったり、「個人情報の流出が怖い」といった理由がメインである場合は、「完全匿名」とはならないながらも、それらニーズをしっかりこたえられる不動産一括査定サイトもあります。

続いては、それら特徴を持つ、お薦めの不動産一括査定サイトをいくつかピックアップしてご紹介していきましょう。

不動産一括査定サイトでも、「家族に知られずこっそり査定」は可能!

「不動産一括サイトに登録すると、一気に複数の不動産会社から営業の電話が来たり、DMが沢山送られてくるんでしょ?」と思われている方は多いことでしょう。

たしかにそういった不動産一括査定サイトも多いのは事実ですが、中にはそういった売主側の不安を考慮して、「家族に知られずに査定を受け付ける」不動産一括査定サイトも出てきています。

その中でも、実績が豊富な不動産一括査定サイトを2つ、ご紹介していきましょう。

「イエウール」家族に知られず依頼できる不動産一括査定サイトでは最大級の規模と、使いやすさ

「イエウール」は、株式会社Speeeが運営する、提携不動産会社数が業界内で最も多い(15,000社)不動産一括査定サイトです。

image4

イエウールは提携不動産会社の多さのみならず、これまでの実際の利用者数も450万人とサービスの活用度合も非常に活性しています。

また、ただ単に提携している不動産会社が多いだけではなく、それら不動産会社を私たちが選出していく際に「ここがお薦め」という不動産会社を絞って紹介していける表示(インターフェイス)もとても分かりやすく、「使いやすさ」の観点からもとてもお勧めな不動産一括サイトです。

また、イエウールで一括査定を申し込む際に、「家族に知られたくない」「近所に知られたくない」という選択項目があります。

こちらにチェックを入れておけば、不動産会社の方でも不用意に家族や近隣住民に感づかれてしまうような営業活動はされなくなる、と言うことですね。

イエウールの「家族に知られず査定」できる仕組み(申し込み画面)

image5

イエウールの不動産一括査定サイト

「イエイ」 家族に知られず依頼できるだけでなく、「お断り代行サービス」も付いている!

「家族に知らせずに不動産一括査定できるサイト」は「イエウール」だけではありません。

セカイエ株式会社が運営する、実績面、知名度においても国内トップクラスの不動産一括サイト「イエイ」もそのひとつです。

image6

イエイもまた、一括査定の申し込み時に「家族に知られないようにしたい」という意向を示せる選択項目があります。

image7

また、イエイの不動産一括査定サイトの特徴として、「親身なサポート体制」と、「お断り代行サービス」が挙げられます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

個人情報の管理に不安な方は、「個人情報保護」を徹底した不動産一括サイトを!

「HOME4U」 売主の個人情報を適切に扱う、「日本初の不動産一括査定」の歴史と信頼を併せ持つ

「HOME4U」は、株式会社NTTデータが運営する、運営歴16年の、国内で最初に登場した不動産一括査定サイトです。

image8

HOME4Uの不動産一括査定サイトの特徴は、一言で言うと「安心・信頼」。上場企業ならではの運営品質と、運用16年の実績がそれらを物語っています。

更には、株式会社NTTデータは個人情報を適切に保護するための「プライバシーマーク」を取得しており、徹底した情報保護を行っています。

image9

HOME4Uではホームページ上に「選ばれた企業以外からの連絡は一切ありません」と宣言しており、つまりは私たち売主の個人情報の取り扱いに特に気を遣って、運営しているのです。

「スマイスター」 個人情報の適切管理の他、サイト上にお役立ちサービスが多数!!

「スマイスター」は株式会社シースタイルが運営する、設立2004年の老舗「不動産一括査定サイト」です。

同サイトは不動産売却だけでなく、不動産買取や賃貸管理、マンション・ビル管理まで幅広く不動産に関わるサービス・情報を提供しています。

image10

スマイスターもHOME4U同様、運営会社のほうでプライバシーマークを取得しています(プライバシーマーク取得企業)。

スマイスターの個人情報管理のサービスの紹介(同社HPより)

image11

更にはスマイスターには、「住み替えシュミレータ」や「必要書類チェック表」など、サイト上に無料の役立ちツールが多数あります。

初めて不動産売却を行う方々からすると、かなり心強いサイトとなってくれることでしょう。

お役立ちツールの詳細については、以下記事でも紹介しています。よろしければ併せてご確認下さい。

スマイスターの不動産一括査定サイト

まとめ 「誰にも知られずに」「個人情報を適切に扱いつつ」の不動産査定は可能!!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

不動産売却の査定を「匿名で行いたい」「家族や周りの人たちに知られずに進めたい」という希望を持たれる方は少なくありません。

そして、そういったニーズがあるからこそ、今回紹介したような「匿名査定」サイトや、「家族に知られずに査定できる」「個人情報を適切に管理する」一括査定サイトが登場してきた──ということが言えるでしょう。

また、匿名査定サイトは、「完全に匿名で査定できる」というメリットがある反面、「査定額の正確性は現地査定に劣る」、「その後正式に査定を行う場合、二度手間になる」というデメリットもあります。

デメリット部分を重要視される方は、今回紹介しましたイエウールイエイHOME4Uスマイスターといった皆さんの情報が内密にかつ適切に扱われることを約束している不動産一括サイトをご利用されると良いでしょう。

不動産売買は人生の中でも特に大きなライフイベントのひとつです。皆さんが不動産の売買を実施するとき、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています!