コンパクトシティとは?3つのメリット・デメリットと最大の課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年ほど前から、世界中の都市が「コンパクトシティ」構想を打ち出しています。

あまり馴染みのない人も多いと思いますが、コンパクトシティとは、一体何のことでしょうか。

コンパクトシティに対する疑問

  • 「コンパクトシティって、何のことなの?」
  • 「コンパクトシティはどこにあるの?」
  • 「コンパクトシティには、どんな課題があるの?」

そこでこの記事では、「コンパクトシティとは」ということにフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、国土交通省の提唱しているコンパクトシティや、その課題は何かについて知ることができます。

1.国土交通省の提唱しているコンパクトシティとは

国土交通省の提唱しているコンパクトシティとは、「高密度で近接した開発形態」、または「公共交通機関でつながった市街地」、もしくは「地域のサービスや職場までの移動の容易さ」という特徴を有した街のこと

コンパクトシティは学術的にはスプロール化現象に歯止めをかけ、中心市街地を活性化することを目的とした街づくりを指します。

しかしながら、国土交通省が提唱しているコンパクトシティは、人を都市部に集約化することで、社会インフラを効率的に利用し、持続可能な社会を実現しようとする都市計画のことを指しています。

持続的な成長を実現できるよう社会インフラが賢く使える集約型の都市のことですので、学術的な表現でいうと、スマートシティと似た概念です。

スマートシティとはITや環境技術などの先端技術を駆使して街全体の電力の有効利用を図ることで、省資源化を徹底した環境配慮型都市

以上、ここまで国土交通省の提唱しているコンパクトシティとは、ということについて見てきました。

では、コンパクトシティにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで次に、コンパクトシティのメリットについて解説いたします。

2.コンパクトシティの3つのメリット

コンパクトシティのメリットは、主に以下の3つです。

コンパクトシティの3つのメリット

  1. 環境に優しい街づくりになる
  2. インフラの維持がしやすい
  3. 都会の生活が楽しめる

メリット1.環境に優しい街づくりになる

コンパクトシティは環境に優しい街づくりが可能となるメリットがあります。

言い換えると、エネルギー効率が非常に高い街づくりをすることが可能です。

大きな視点で言うと、人々が色々なところに散らばって住むと、その分、発電所なども広く点在させて作る必要が出てきます。

コンパクトシティのように、人々が一ヵ所にまとまって住めば、発電所も1つ作れば良く、効率よくエネルギーを消費することができます。

例えば、人がほとんど乗っていない電車をわざわざ動かすのは、赤字の原因にもなり、無駄です。

地方のJRなどは東京の鉄道会社と比べると、非効率な経営をしていることが想像できると思います。

都内のように、多くの人が乗っている電車を動かす場合には、エネルギーは効率よく消費されていると言えます。

同じ明るさの電気の下に、1人いるのと100人いるのでは、効率性が異なるのと同じです。

このように、コンパクトシティでは、1カ所にギュッと人が多く集まっているため、エネルギーの消費に無駄がなく、地球にやさしい街づくりになります。

同じ1kWの電気でも、田舎よりもコンパクトシティの方が多くの人が恩恵を受けることができます。

世界中の都市がコンパクトシティ構想を挙げているのは、一つには環境に優しい持続可能な社会を目指しているためでもあるのです。

メリット2.インフラの維持がしやすい

コンパクトシティは道路や上下水道、鉄道等の社会インフラが維持しやすいというメリットがあります。

コンパクトシティのように、多くの人が住めば、単位面積あたりの税収を上げることができます。

100㎡の中に10人住んでいるコンパクトシティと、1人しか住んでいない田舎では、コンパクトシティの方が税収は高くなります。

道路や上下水道といった社会インフラは、作った後、維持していくにもコストがかかります。

アスファルトの再舗装や、上下水道管の修繕等には毎年のように税金が投入されます。

現在の日本では、地方の限界集落などでは社会インフラの維持がどんどん難しくなっています。

地方は税収が少ないため、市民病院などの生活に必要な施設も維持できなくなっている自治体が多いです。

一方で、東京都などは税収が非常に高く、お金がジャブジャブ余っています。

東京都は私立高校の無償化といった意味不明な政策もすることができ、都民への還元がどんどん良くなっています。

コンパクトシティのように、一カ所に人々が多く住むと、単位面積当たりの税収も増え、その分、社会インフラが維持しやすくなります。

メリット3.都会の生活が楽しめる

コンパクトシティでは、都会の生活が楽しめるというメリットがあります。

人間は、なぜか都会に住むことに憧れる人は多いです。

現在、東京都には人口が集中していますが、東京に住むのは仕事があるからという理由ではなく、単に「都会に住みたいから」という憧れで住む人も多くいます。

街がコンパクトシティ化すれば、その街はどんどん都会になっていきます。

都会になれば、その街の魅力は上がります。

刺激のない田舎暮らしよりも、ワクワクする都会の方が楽しいため、都会化するとどんどん人が多く集まってきます。

コンパクトシティでは、自然の魅力的な街が形成され、楽しい都会になるというメリットがあります。

以上、ここまでコンパクトシティのメリットについて見てきました。

では、逆に、コンパクトシティのデメリットは何でしょうか。

そこで次に、コンパクトシティのデメリットについて解説いたします。

3.コンパクトシティの3つのデメリット

コンパクトシティのデメリットは、主に以下の3つです。

コンパクトシティの3つのデメリット

  1. 不動産が高くなる
  2. 家が狭くなる
  3. 自然との触れ合いがなくなる

デメリット1.不動産が高くなる

コンパクトシティ化が進めば、人口密度が高くなるため、不動産価格も高くなります。

単純に言えば、今の東京がまさにコンパクトシティです。

どんどん人が集積することで、住宅価格が高くなり、逆に住みにくくなるという現象が生じます。

都内で住宅を購入してしまうと、住宅ローンを支払うために、ほとんどの世帯が共働きを強要されてしまいます。

住宅価格が高くなり過ぎると、金銭的にも時間的にも余裕のある生活を送ることが難しくなってしまいます。

また、住宅価格が高くなれば、若い人が家を買えなくなってくるため、晩婚化の原因にもなります。

晩婚化が進めば、少子化に拍車がかかり、結局は地方のように少子高齢化が進むようになります。

集積し過ぎれば、不動産価格が高騰するというデメリットがあるのです。

デメリット2.家が狭くなる

コンパクトシティ化すれば、不動産価格が高くなり、結果、家も狭くなるというデメリットがあります。

現在、都内の一戸建てなどは、昔の感覚だと狭小住宅と思えるようなレベルの家が7,000~8,000万円のレベルで売買が行われています。

7,000~8,000万円の戸建てですが、狭いため、当然、庭はありません。

戸建てなのに駐車場もなく、結局、遠く離れた場所に月極駐車場を借りているようなケースも多いです。

空間的にもキュウキュウとした生活を余儀なくされるため、人が集約し過ぎるのもデメリットがあるのです。

デメリット3.自然との触れ合いがなくなる

コンパクトシティのように街が都市化されれば、自然との触れ合いがなくなるデメリットがります。

人間には、都会に憧れる気持ちと同時に、自然にも触れ合いたいという願望があります。

特に、子供などは山の中で遊んで、カブトムシやクワガタを採ることが楽しいと感じています。

子供の頃の感覚は、大人でも残っており、自然の中でマイナスイオンを浴びて癒されたいと思っている人たちは多いです。

コンパクトシティは、雄大な自然とは隔離されてしまいます。

都会での住みやすさを得ることはできますが、自然に癒されるという感覚は失うことになります。

ある意味、バランス感覚の悪い街づくりであるため、人間の欲望を満たす街づくりであるとは言えません。

コンパクトシティに住む人は、お金をかけて自然と触れ合う旅行をしたり、遠くまで出かけたり等の手間が必要となっていきます。

以上、ここまでコンパクトシティのデメリットについて見てきました。

日本は、コンパクトシティ構想など持たなくても、既に東京がコンパクトシティ化しています。

そこで次に、課題は東京一極集中と地方の衰退について解説いたします。

4.課題は東京一極集中と地方の衰退

現在の日本は、東京にどんどん人が集まっていますので、東京こそコンパクトシティとなっています。

コンパクトシティをイメージできなくても、東京をイメージすれば、コンパクトシティの課題が見えてきます。

コンパクトシティ化している東京は、東京に富みをもたらす代わりに、地方の衰退に拍車をかけています。

東京の財政は潤っていますが、地方では限界集落も登場しており、都市機能の差が一層広がっています。

一方で、東京は住宅価格が高騰しており、必ずしも住みやすい街とは言い切れません。

地方であれば豪邸が買えるような値段で、狭いマンションに住んでいる人が多くいます。

また、東京都も2040年あたりから高齢化が一気に進むことが予想されています。

住宅価格が高過ぎる東京は、若い人が住めなくなるため、結局はコンパクトシティ化が少子高齢化をもたらす原因にもなるのです。

東京一極集中により、地方の衰退のみならず、東京ですら徐々に歪み始めています。

コンパクトシティは、人が集積することで一定のメリットはありますが、集積し過ぎた先に人々の幸せが待っているかどうかは疑問です。

今後は、無理に政策誘導しなくても、東京が自然と世界有数のコンパクトシティになっていくものと思われます。

コンパクトシティは近未来の話ではなく、既に東京で始まっている社会現象でもあるのです。

まとめ

以上、ここまで、国土交通省の提唱しているコンパクトシティや、その課題は何かについて見てきました。

コンパクトシティはメリットもありますが、決して万能な街づくりでもありません。

広い意味で東京をイメージすれば、理解しやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
Notify of