NTTグループ運営の「HOME4U」ってデメリットないの?評価が高い理由を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産一括査定サイトは数多くありますが、その中でもHOME4Uは高い評価を得ています。

しかし、HOME4Uには良い面しかないのかどうかが気になります。

HOME4Uに対する疑問

  • 「HOME4Uって、どんなサイトなの?」
  • 「なぜ、HOME4Uの評価が高いの?」
  • 「HOME4Uは評判良いらしいけど、デメリットはないの?」

そこでこの記事では、「HOME4U」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、評価が高い一括査定サイトであるHOME4Uを徹底解剖し、デメリットはないのか、ということについて知ることができます。

不動産を高く売るなら複数社に査定相談
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる

HOME4Uとは

HOME4U (ホームフォーユー)とは、不動産一括査定サイトの一つ

「ホームヨンユー」ではなく「ホームフォーユー」と読むのが正式な読み方になります。

不動産一括査定サイトは、売主がインターネットを使って無料で複数の不動産会社に査定依頼ができるというサービス。

HOME4Uは、株式会社NTTデータスマートソーシングが運営しています。NTTデータスマートソーシングとは、NTTのグループ会社。

HOME4Uは、2001年から運営されており、国内で最も古い一括査定サイトとなっています。

登録企業数は、1,300社(調査時点:2019年8月現在)。査定に対応できるエリアは、全国ということになっています。

以上、ここまでHOME4Uについて見てきました。

では、HOME4Uにデメリットはないのでしょうか。

そこで次に、HOME4Uのデメリットについて解説いたします。

HOME4Uの3つのデメリット

HOME4Uのデメリットは、以下の3点。

HOME4Uの3つのデメリット

  1. 売主以外は利用できない
  2. 農地や市街化調整区域の土地は使えない
  3. 「査定依頼をお受けできる企業がありません」と出る場合がある

デメリット1.売主以外は利用できない

HOME4Uは、売主以外は利用できません。

サイト上で査定の依頼を進めていくと、「あなたと物件の関係」というところで、必須項目のチェック欄があります。

そこでチェックできる人は、以下の4パターンのみです。

用意されているチェック欄は4パターン

  1. 名義人本人
  2. 名義人の家族・親族
  3. 共有名義
  4. 物件所有者の了承を得た代理人

本来、不動産一括査定サイトは売主が利用するものなので、売主しか利用できないのは、ある意味当然かもしれません。

一方で、他の一括査定サイトの中には、「物件の購入予定者」や「弁護士・司法書士・税理士」、「近所の住人」、「銀行担当者」まで間口を広げているケースもあります。

物件を適正価格で買いたいと思っている購入予定者や、担保査定をしたい銀行担当者はHOME4Uを利用することはできません。

売却はしないけれども、価格だけ知りたいというケースはあります。

離婚の財産分与や相続の遺産分割などでは、まさに価値だけ知りたいという場面です。

このように、価値だけ知りたいケースでは、残念ながらHOME4Uは利用することはできません。

HOME4Uを利用できるのは、あくまでも本当に売りたい売主のみであり、他の人は使えないという点がデメリットとなります。

デメリット2.農地や市街化調整区域の土地は使えない

HOME4Uでは、農地や市街化調整区域の土地の査定は行うことができません。

HOME4Uで査定が可能な物件の種類は以下のようになります。

HOME4Uで査定可能な物件の種類

  • マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • ビル一室
  • 店舗・事務所・倉庫
  • マンション一棟
  • アパート一棟
  • ビル一棟

HOME4Uは、元々、都市部の不動産一括査定を得意としています。

最近は、「ビル一室」や「アパート一棟」といった収益物件も扱うようになってきましたが、数年前までは「マンション」と「一戸建て」、「土地」の3つしか査定ができませんでした。

「マンション」と「一戸建て」は、「HOME」ですのでまさに「あなたのための家(home for you)」という感じのサイトでした。

収益物件まで手を広げてきたのは、つい最近のことです。

他の一括査定サイトの中には、「農地」や「田畑」「山林」「市街化調整区域の土地」といった物件を査定できるサイトもあります。

市街化調整区域とは、市街化を抑制する地域で、都市の中にある農村部

HOME4Uは、最初から農地のような不動産を選択肢から排除しており、田舎の土地の査定は苦手としています。

HOME4Uは大手にも中小にも査定依頼できることをウリとしています。

しかしながら、大手は主要都市の都市部にしか営業店舗がないため、大手の参画が田舎の不動産の査定を苦手にしてしまっていると考えられます。

そのため田舎の物件では、HOME4Uが利用できないこともあります。

農地や市街化調整区域の売却については下記記事で詳しく解説しています。

デメリット3.「査定依頼をお受けできる企業がありません」と出る場合がある

HOME4Uを利用しても、「査定依頼をお受けできる企業がありません」と出る場合があります。

前節でも紹介したように、HOME4Uは田舎の不動産の査定は苦手でした。

そのため、場所によっては、「査定依頼をお受けできる企業がありません」とメッセージがでて、査定できないこともあります。

HOME4Uは、全国対応を謳っていながら、全国の中で対応できない場所があるものと推察されます。

HOME4U側が、対応できないエリアを公表していないため、どこが対応できないのか分からず、利用者にとっては不便です。

せっかくHOME4Uで査定してみようと思ったにも関わらず、「査定依頼をお受けできる企業がありません」と出てきたら、利用者はがっかりします。

査定できないエリアがわからないのは、HOME4Uに限らず、他の一括査定サイトも同じです。

利用者側としては、「全国対応」と謳っている以上は、全国できちんと使えるようにして欲しいというのが、素直な願望ではないでしょうか。

もし、査定できないエリアがあるのなら、きちんと示すべきです。

査定できないエリアが使ってみるまでわからないというのは、HOME4Uに限らず、他の一括査定サイトにも共通するデメリットといえます。

もし査定できないエリアがあると出た場合は、「イエウール」「リガイド」を試してみることをオススメします。

以上、ここまでHOME4Uのデメリットについて見てきました。

では、なぜデメリットがありながらもHOME4Uは高い評価を得ているのでしょうか。

そこで次に、それでもHOME4Uが評価の高い理由について解説いたします。

それでもHOME4Uが評価の高い4つの理由

HOME4Uが評価の高い理由は、以下の4点があるためです。

HOME4Uの評価が高い理由4つ

  1. NTTグループが運営している
  2. 最も歴史が長い
  3. フリーダイヤルの電話相談がある
  4. 大手にも中小にも査定依頼できる

理由1.NTTグループが運営している

HOME4Uは、NTTグループが運営しているという安心感があります。

以下に、主な一括査定サイトと運営会社の一覧表を示します。

一括査定サイト運営会社運営開始年電話番号
HOME4U株式会社NTTデータスマートソーシング2001年~0120-444-529
すまいValueすまいValue運営会社2016年~0120-087-301
イエイセカイエ株式会社2006年~ナシ
イエウール株式会社Speee2014年~ナシ
オウチーノ株式会社オウチーノ2008年~ナシ
リビンマッチリビン・テクノロジーズ株式会社2006年~ナシ
リガイド株式会社ウェイブダッシュ2006年~ナシ

HOME4Uは、NTTという看板を掲げた株式会社NTTデータスマートソーシングが運営しています。他のサイトの運営会社は、新進気鋭のIT企業。

新進気鋭のIT企業が運営しているから、他の一括査定サイトが悪いとはいいませんが、やはり社歴の浅いIT企業は、一部に信用できない部分があります。

運営会社の信用力の低さは、登録する不動産会社に影響しています。

不動産会社は、一括査定サイトに登録すると、査定に依頼がある度に1万円の査定参加料を運営会社に対して支払います。

そのため、サイト運営会社の直接のお客は、不動産会社になります。

サイト運営会社は不動産会社を集めないと商売にならないため、色々な手立てで不動産会社を勧誘しています。

そこで問題となるのが「サクラ」問題。サイト運営会社の中には、サクラの売主を用意して、不動産会社に1万円を支払わせて査定を行わせているような会社もあります。

不動産会社の間では、一部の一括査定サイトに対し、「あの一括査定サイトはサクラも多いらしい」という噂が立っています。

すると、まともな不動産会社はやたらな一括査定サイトには登録しなくなります。

一方で、HOME4Uに関しては、「サクラ」の噂はありません。

運営会社が株式会社NTTデータスマートソーシングというしっかりした会社であれば、不動産会社も安心して登録できます。

まともな不動産会社は、登録すべき一括査定サイトを選んでいるという事実は知っておいた方が良いです。

HOME4Uは良い不動産会社が集まりやすい状況ですので、HOME4Uがオススメといえます。

理由2.最も歴史が長い

HOME4Uは、一括査定サイトの中で最も歴史が長く、2001年から運営が開始されています。

国内の主な一括査定サイトは2006年あたりから登場していますので、2001年から運営されているHOME4Uは一番老舗のサイトということになります。

単純に歴史が長いから良いというわけではないですが、実績はどこよりもあるということは間違いありません

不動産一括査定サイトは、淘汰が激しく、生まれては消えを繰り返しています。

そのような激しい生存競争の中、生き残り続けているのは、やはりHOME4Uが信頼できる一括査定サイトであることが理由です。

もし、駄目な一括査定サイトであれば、とっくに淘汰されていてもおかしくはありません。

信頼性は、長い歴史が実証済みなので、HOME4Uならご利用いただいて大丈夫です。

理由3 フリーダイヤルの電話相談がある

HOME4Uには、フリーダイヤルの電話相談(0120-444-529)があります。

主な一括査定サイトの中で、フリーダイヤルの電話相談があるのは「HOME4U」と「すまいValue」の2つだけです。

他の一括査定サイトでは、サイトによっては「しつこい営業電話」がある可能性があります。

一括サイトを利用後、売主の情報が他の不動産会社に転売され、100件くらいの電話がかかってくるようなケースです。

このような状況に陥った場合、電話による相談が可能でないと、すぐに対応してもらえません

メールで相談しても、一括査定サイト側に無視されてしまえば、それで終わりです。

フリーダイヤルの電話相談窓口がある一括査定サイトの利用は必須ですので、利用するならHOME4Uのような電話サポート体制がある一括査定サイトを利用しましょう。

理由4.大手にも中小にも査定依頼できる

HOME4Uは、大手にも中小にも査定依頼ができます。

大手に依頼できることから、逆に田舎の不動産の査定は不得意となっていますが、都会の不動産会社なら大手にも中小にも査定依頼ができて便利です。

中小の不動産会社は、親切だったりします。

一方、大手の不動産会社は、サービス内容が充実しているところも多いです。

大手も中小も、それぞれメリットとデメリットがありますので、幅広く意見を聞くことができるHOME4Uは、売主にとって有益です。

大手にも中小にも査定依頼でき、かつ、電話相談窓口もある一括査定サイトはHOME4Uだけですので、一括査定サイトを利用する際には、HOME4Uの利用を検討してみてください。

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は3つ

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、18年の歴史を誇っています。

歴史がある分、利用者も多く累計35万人が利用。

それだけ、長く続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

※都心部の方は次に紹介する「すまいValue」も合わせて申し込みがオススメ。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦18年。安心、信頼感がある。
  • 累計30万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

【朗報】一都三県・大阪・兵庫なら「SREソニー不動産(※旧ソニー不動産)」も同時申し込みがオススメ

SRE不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「T_ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用。

エージェント制とは:両手仲介せず、売主の仲介に専念した制度のこと

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、SRE不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「成約価格の納得度」「顧客志向」「サービスの先進性」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

SRE不動産は、主要な一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※SRE不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県のみの対応となっています。

SRE不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 「成約価格の納得度」「顧客志向」「サービスの先進性」でNo.1
  • 安心のソニーグループが運営

SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイトをチェック

※安心のソニーグループ運営、両手仲介なしの売主特化

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に870店舗。年間の仲介成約数11万件以上!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%と安心感抜群

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

オススメ4.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,700社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「すまいValue」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,700社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

オススメ5.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

リガイドの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目HOME4UすまいValueイエウールリガイド
運営会社株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
すまいValue運営会社株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
上場未上場未上場未上場未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
2年
(2016年10月)
4年
(2014年)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
約1,300社大手6社のみ約1,700社約550社
査定可能な不動産・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

【まとめ】不動産一括査定サイトのオススメ

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

まとめ

以上、ここまで、評価が高い一括査定サイトであるHOME4Uを徹底解剖し、デメリットがないのか、ということについて見てきました。

HOME4Uには、デメリットもありますが、それを上回るメリットもたくさんあります。

不動産一括査定サイトの中では信頼性が高く、サポートサービスも万全ですので、利用をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

kaizo

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA