家の売却価格は築20年以上になると0になり築40年になると更地の方が高くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家は築年数が長いほど、その価値は下がります。

ただ、実際には、築40年を超えていても住める家は多いです。

親が建てた家を売却したいと考えている人の中には、相場が気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

家の売却相場が気になっている人の悩み

  • 「おおよその売却価格が分かる方法があれば教えてほしい」
  • 「我が家は築40年だけど売却したい。相場はどれくらいになるの?」
  • 「古い家は解体した方がいいって聞いたけど、家の解体費用ってどのくらいかかるの?」

そこでこの記事では、「築40年の家売却の相場」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、築40年を超えた家売却の相場はいくらくらいなのかということや、土地や建物の売却価格を具体的に計算する方法について知ることができます。

※古い家を高く売る方法を先に知りたい方は「7.古い家を高く売るなら不動産一括査定を使う」に進んでください。

1.【大前提】建物価格は20~25年でゼロになる

不動産査定では、建物価格は20~25年でゼロとして査定されます。

現在の建築技術は発達しているため、築20~25年程度の建物は、実際にはまだ新しく、十分に使えることも多いです。

それを価格ゼロとするのはどうかと思いますが、価格はゼロと査定されるのが一般的です。

例えば建物価格が3,000万円の土地なら、築20年でゼロとすると、毎年150万円ずつ価値が落ちることになります。

1日に換算すると、毎日約4,000円の価値が減っていくイメージです。

毎年150万円というと、新車が買える値段ですので、毎年新車1台分の価値が消えていくと考えると、ちょっと減額が大き過ぎる気もします。

ただし、木造建物が築20~25年で価値がゼロになるのはいくつか理由があります。

築20~25年で建物価値がゼロとなる理由

  1. 銀行が築20年で担保価値をゼロとすること
  2. 木造住宅の法定耐用年数が22年であること

1つ目としては、木造戸建て住宅は築20年で担保価値をゼロとする銀行が多いという点です。

査定でいくら値段をつけたところで、お金を借りようとすると、担保価値はゼロであるため、建物価格分のお金を借りることができません。

お金を借りることができないのであれば、買う人が少なくなり、結果、価値は下がって価格はゼロに近くなります。

2つ目としては、木造戸建て住宅の法定耐用年数が22年ということです。

法定耐用年数とは、会計上、減価償却を計上できる期間ですが、一応、躯体が維持できる年数の目安とされています。

木造の戸建て住宅は、会計上は築22年で価値が新築価格の5%まで下がるというのがルールです。

このように、銀行の担保査定や法定耐用年数が存在することにより、不動産査定においても20~25年で建物価格はゼロと査定されることが多いです。

建物価格がゼロとなると、残りは土地価格のみとなります。

土地は築年数が経過したとしても、価値が下がるモノではありません。

土地の価格は周辺の土地相場を元に、計算されます。

以上、ここまで建物価格は20~25年でゼロになることについて見てきました。

では、築40年超の家の相場はどの程度なのでしょうか。

そこで次に、築40年超の家の相場は土地価格よりも安いということについて解説いたします。

2.築40年超の家の相場は土地価格よりも安い

築40年超の家の相場は土地価格よりも安くなります。

前章で紹介したように、建物価格は築20~25年でゼロとなります。

価格としてはゼロですが、築20~25年の住宅であれば普通に住むことができます。

一般的な住宅であれば、築35年くらいであれば、普通に住めるのが今どきの住宅です。

そのため、築35年くらいまでの建物だと、購入者が今の建物をそのまま使う可能性が高くなります。

すると、建物価格はゼロですので、土地建物の価格としては、ほぼ土地のみの価格ということになります。

一方で、築35年あたりを過ぎると、建物の古さが目立ち始め、購入者が取り壊しを前提に住宅の価値を判断します。

すると、購入者が建物の取壊し費用を見越した価格が前提となり、土地価格から建物取壊し費用を控除した住宅が築35年超の家の価格ということになります。

築20年で価格がゼロになると想定し、築年数別の住宅価格の求め方を見ると、以下のようになります。

築年数別の家売却相場の計算式

  • 築20年までの価格
    • 住宅価格 = 土地価格 + 建物価格
  • 築20年~35年までの価格
    • 住宅価格 = 土地価格
  • 築35年超の価格
    • 住宅価格 = 土地価格 - 建物取壊し費用

築40年では取り壊し費用を見込む必要があるため、土地価格よりも安くなります。

相場を求めるためには、土地価格と建物取壊し費用を求める必要があります。

以上、ここまで相場は土地価格よりも安いということについて見てきました。

では、解体費用の相場はどのくらいになるのでしょうか。

そこで次に、解体費用の相場について解説いたします。

3.家の解体費用の相場

家の解体費用のざっくりとした目安は以下の通りです。

  • 木造:1坪当たり4~5万円
  • 量鉄骨造:1坪当たり6~7万円

例えば、延床面積が30坪の木造建物であれば、解体費用としては、120万円~150万円程度かかることになります。

住宅の解体現場はだいたい1現場当たり150万円前後の現場が多く、総額としては150万円前後がボリュームゾーンといえます。

解体工事は、施工のしやすさによっても影響を受けます。

隣地の建物と距離が近い場合や、閑静な住宅街で騒音を抑えなければいけない場合など、重機を使わずに手壊しで壊す必要性が出てきます。

手壊し部分が増えると、解体費用は割高となります。

ざっくりした相場は坪4~5万円でも構いませんが、最終的には解体工事費は現地を見て見積もりをしてもらう必要があります。

家を取り壊して解体するときの相場や売却方法については下記記事で詳しく解説しています。

以上、ここまで解体費用の相場について見てきました。

では、土地の価格はどのように調べれば良いのでしょうか。

そこで次に、およその土地価格の調べ方について解説いたします。

4.およその土地価格の調べ方

土地価格は、地価公示または都道府県地価調査を使って相場を調べることができます。

公示地価とは、都市計画法に定める都市計画区域その他の土地取引が相当程度見込まれる区域における標準地について、一定の基準日における当該標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定し、国が公示している価格

地価公示は全国で約26,000ポイントあり、毎年1月1日時点の価格を公表しています。

地価公示と似たものに、都道府県地価調査があります。

都道府県地価調査は、全国で約21,000ポイントあり、毎年7月1日時点の価格を公表しています。

地価公示や都道府県地価調査の価格は、一応、時価を表しているとされます。

そのため、近くに地価公示や都道府県地価調査のポイントがある場合には、それを参考におよその土地価格を調べることができます。

地価公示や都道府県地価調査のポイントは、東京都不動産鑑定士協会が提供している「東京都の地価」というサイトで調べることが可能です。

東京都の地価

東京都の地価

グーグルマップの地図情報と連動しており、住所を入力すると、近くの地価公示や都道府県地価調査のポイントが分かります。

サイト名は「東京都の地価」、一応、全国対応しています。

地価公示や都道府県地価調査は、例えば東京都港区なら「港住10」や「港商5」というような番号が振られています。

「港住10」の「住」は住宅地、「港商5」の「商」は商業地の値段です。

戸建ての土地は住宅地ですので、近隣の「住」と書いてある地価公示ポイントの単価を用います。

尚、地価公示や都道府県地価調査については、下記記事に詳しく記載しています。

以上、ここまでおよその土地価格の調べ方について見てきました。

では、築40年の家の相場はどのように算出されるのでしょうか。

そこで次に、売却価格の具体的計算例について解説いたします。

5.売却価格の具体的計算例

築40年の家の相場は以下の式で求められます。

一番計算な複雑なので、築40年を事例として挙げています。

築年数別の家売却相場は下記の通りですので、下記に合わせて計算してみてください。

築年数別の家売却相場の計算式

  • 築20年までの価格
    • 住宅価格 = 土地価格 + 建物価格
  • 築20年~35年までの価格
    • 住宅価格 = 土地価格
  • 築35年超の価格
    • 住宅価格 = 土地価格 - 建物取壊し費用

築40年の家の相場の求め方

住宅価格 = 土地価格 - 建物取壊し費用

ここで、以下の条件を元に相場を計算します。

  • 物件種別:木造戸建て住宅
  • 地面積:140㎡(42.35坪)
  • 物延床面積:100㎡(30.25坪)
  • 隣の地価公示価格:151,250円/㎡(500,000円/坪)
  • 物取り壊し費用単価:12,100円/㎡(40,000円/坪)

家の相場は以下のように計算されます。

最初に土地価格を求めます。

土地価格は近隣の地価公示価格をそのまま採用することにします。

土地価格 = 土地面積 × 近隣の地価公示価格 = 140㎡ × 151,250円/㎡ = 21,175,000円

次に建物取壊し費用を求めます。

建物取壊し費用 = 建物延床面積 × 建物取り壊し費用単価 = 100㎡ × 12,100円/㎡ = 1,210,000円

よって、家の相場は以下のようになります。

住宅価格 = 土地価格 - 建物取壊し費用 = 21,175,000円 - 1,210,000円 = 19,965,000円 ≒ 約2,000万円

相場なので、細かい数字まで出す必要はありません。

19,965,000円なら、だいたい上2桁でまとめて2,000万円とすると、相場っぽい数字となります。

以上、ここまで売却価格の具体的計算例について見てきました。

築40年超の物件なら、古民家としての売却可能性もあります。

そこで次に、古民家売却の可能性も検討することについて解説いたします。

6.古民家売却の可能性も検討する

古民家というと、築100年以上の民家を想像しますが、最近は古民家ブームもあり、なんでもかんでも古民家として売却する傾向があります。

今は古民家ブームであるため、築40年の物件でも古民家と謳うことで高く売れるケースがあります。

古民家として売り出せば、建物を使う前提の人が購入するため、取壊し費用を見込みません。

つまり、土地価格から取り壊し費用を控除した価格で購入するのではなく、土地価格で購入します。

よって、古民家として売り出すと、ほぼ土地価格で売却することが可能となります。

普通の「古家付住宅」として売り出すと、取壊しを前提とした人が購入者の中心となりますが、古民家として売れば建物を利用する前提の人が購入者の中心となります。

築40年の古民家は、「なんちゃって古民家」ですが、売り方次第では高く売ることも可能です。

古民家として売却するには、以下のような古民家専用サイトに物件登録することで、売る方法があります。

上記のようなサイトを使って、古民家を求めている人向けに情報発信をした方が、高く売れるケースがあります。

売り方の一つの方法として、ご参考にしていただければと思います。

7.古い家を高く売るなら不動産一括査定を使う

不動産一括査定を使って信頼できる不動産会社を探す

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

PC、スマホのWEB画面から簡単な情報を入力するだけで、その日のうちに複数の不動産会社から物件の簡易査定額と併せて、メール等でのコミュニケーションをとることが可能です。

その際に、併せて営業担当の対応や人間性を確認しながら不動産会社を選定していくのです。

不動産一括査定の利用は無料です

ただし、不動産一括査定は1つだけではなく、国内に複数存在しています。

ここからはオススメの不動産一括査定を紹介します。

不動産のプロが厳選!不動産一括査定の選ぶ基準とオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記4つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は4つ

  • 基準1.参加不動産会社が魅力的である(大手~地域密着まで査定できる)
  • 基準2.実績が豊富(利用者数+運営歴)
  • 基準3.セキュリティ対策をしている(プライバシーポリシーの取得)
  • 基準4.不動産会社をしっかり審査している(悪徳不動産業者の排除)
これら4つの基準を満たす一括査定サイトは下記4つになります。

厳選したオススメの不動産一括査定サイト4選

  1. すまいValue
  2. HOME4U
  3. イエウール
  4. リガイド

それぞれの不動産一括査定の特徴を一覧表にしました。

比較項目すまいValueHOME4Uイエウールリガイド
運営会社小田急不動産(株)、住友不動産販売(株)
東急リバブル(株)、野村不動産アーバンネット(株)
三井不動産リアルティ(株)、三菱地所ハウスネット(株)
株式会社NTT
データスマートソーシング
株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
サービス開始年2016年2001年2014年2006年
査定数非公表累計30万件20万件非公表
サイト利用者数非公表年間700万人累計1,000万人非公表
提携している不動産会社の数大手6社約1,300社約1,700社約700社
特徴国内最大手に頼める。 都会に強く地方に弱い傾向がある。NTTデータグループなので安心感はトップ。 一括査定の歴史最長の老舗。参加企業数がNo.1で、企業一覧と特徴も見ることができる。厳選された不動産会社がウリ。 運営も長く、旧SBIグループの安心感がある。

※2019年12月時点の情報

不動産一括査定の上手な使い方は併用利用する

不動産一括査定の賢い使い方は「複数サイトの併用」

紹介した不動産一括査定は、どれも安心して利用できます。

ただし、それぞれの不動産一括査定には弱みがあります。その弱みを防ぐ方法があります。

弱みを防ぐには不動産一括査定を併用利用(組み合わせ利用)するのです。

都心部や県庁所在地などの人口が多い都市の方:すまいValue+HOME4U+SRE不動産(※旧ソニー不動産)
オススメの組み合わせ:「すまいValueHOME4USRE不動産(※旧ソニー不動産)

人口が多い都市の方にオススメの一括査定サイト

三井のリハウスや東急リバブルなどの国内最大手の不動産会社は、「すまいValue」にしか参加していません。

そして、大手・中堅・地域密着の不動産会社参加の「HOME4U」は、NTTグループ運営で最も安心して利用できるサイトの一つ。

つまり最大手の不動産会社に依頼「すまいValue」+大手・中堅・地域密着の不動産会社に依頼「HOME4U」を組みわせるのです。

ただ、大手は両手仲介の可能性が高いです。対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおくと安心です。

地方や郊外の方:HOME4U+イエウール
オススメの組み合わせ:「HOME4Uイエウール

人口が少ない都市の方にオススメの一括査定サイト

大手の不動産会社は都心に強いですが、地方や郊外では対応できない場合があります。

特に「すまいValue」を使って依頼できる最大手の不動産会社は地方や郊外は対応していない可能性があります。

地方や郊外の方は「HOME4Uイエウール」を併用するといいでしょう。

最大手の不動産会社に依頼できるのは「すまいValue」だけ

すまいValue

すまいValue

すまいValueは国内最大手6社(三井のリハウス、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、小田急不動産、野村の仲介plus)が共同で運営する一括査定サービス。

強力な販売ネットワークとノウハウを持っていますし、営業担当者の質も全体によいので、確実に依頼はしたいところ。

ただし、お伝えした通り大手は両手仲介の可能性が高いです。

対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおきましょう。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

NTTグループが運営の安心実績「HOME4U」

HOME4U

HOME4U

2001年から運営と最も長い、一括査定の老舗。

運営がNTTデータグループという安心感は抜群で、個人情報保護やセキュリティ対策などの技術力も信頼できます。

参加している不動産会社は、大手から中堅・地元密着まで約1,300社。

イエウールの1,900社と比べると1,300社で少なめに見えますが、厳しい審査を通過した不動産会社だけが参加しているというのが売りです。

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

参加不動産会数No.1の「イエウール」

イエウール

イエウール

参加している不動産会社は大手、中堅、地元密着型まで約1,900社と最多。

つまり一番不動産会社が見つかる可能性が高いということです。

サイト運営の歴史は比較的浅いですが、利用者も多く、安心して利用できます。

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

投資用物件に強い「リガイド」

リガイド

リガイド

旧「SBI不動産一括査定」というサイトで、「HOME4U」の次に運営が長い老舗サイト。

入力はYahoo!やFacebookから情報を引き継ぐこともでき、入力しやすいフォームです。

最大10社まで一括で査定依頼できるので、効率良く多数の会社に査定依頼したい人にも向いています。

HOME4Uなどと比べると600社で少なめに見えますが、独自審査を通過した優良不動産会社というのが売りです。

また、投資用物件にも強く、資産の組み換えも相談できます。

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

まとめ

以上、築40年を超えた家売却の相場はどのくらいなのかについて見てきました。

築40年超の物件は、土地価格よりも価格が安くなります。

地価公示や都道府県地価調査で土地価格を求め、取壊し費用を引いた金額がおよその相場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA