不動産一括査定サイト「イエウール」を使うべきでない理由を現役不動産売却担当が大暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエウールとは「不動産一括査定サイト」ですね。

まあ、早い話がサクッと査定を依頼できるサービスがイエウールなのです。

ただ、イエウールって謎な部分が多くないですか?

家売る=イエウールというのはわかりますが、それ以外ははっきりいって謎だらけ。

車一括査定サイトは個人情報を通知しないと使えない仕組みです。もちろん、イエウールも。

そのため、イエウールがちゃんと信頼できるサイトなのか、きちんと知らないといけません。

今回の記事ではイエウールが何者なのか、本当に使ってもいいのかを解説していきます。

結論からいいますと、無理して使うほどすごいサイトではないです、はい。

【先に結論】3行でまとめると?

  • イエウールの運営会社などに問題はなし。使ううえでのリスクはない
  • ほかの一括査定サイトにくらべて特にめだった強みがない
  • 提携している不動産会社数が多いのが唯一の特徴

目 次

【基礎知識】イエウールとは?運営元はどんな不動産会社?

イエウールとは「最大6社に不動産査定が無料で依頼できるサイト(サービス)」です。

つまり、イエウールを利用することで、あなたの不動産をうまく売却できる不動産会社を複数見つけることができるわけです。

あなたと不動産会社をつなげてくれる「窓口」と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

不動産一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

イエウールを経由して査定依頼できる会社は、全国1,700以上の不動産会社です。

全国対応しているので、地方や田舎に住んでいる人でも、安心して利用できますよ。

なお、イエウールはあくまでも「窓口」なので、不動産会社ではなく、不動産を売却してくれるわけでもないので、ご注意を。

イエウールの運営元はどんな会社?

イエウールは、申し込みの時にあなたの個人情報を運営元に通知する必要があります(詳しくは後述)。

大事な個人情報を晒すわけですから、イエウールの運営元が気になりませんか?

どんな会社なのか、信頼できるのかどうかを知っておきたいですよね。

そこでここでは、イエウールを運営する会社の基礎情報を以下にまとめてみました。ザッと目を通してみてください。

イエウールを運営する会社情報

  • 運営する会社名・・・株式会社Speee
  • 設立年月日 ・・・2007年11月
  • 資本金・・・1,300万円
  • 所在地・・・東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階
  • 従業員数・・・約400名
  • 上場状況・・・非上場

株式会社Speeeは、2007年11月に設立されたIT企業です。

初期はスマートフォンゲームに力を入れていましたが、2014年以降はイエウールなどを始めとしたウェブサービスに力を入れています

近年は医療サービスにも参入し、自社で診療所を経営するほど。とにかく幅広い分野に手をつける企業です。

いわゆるベンチャー企業なので、世間的評価や知名度はそこまで高くないと言えますが、主要取引先がソフトバンクであったりと、ビジネス業界では信頼性の高い企業となっています。

イエウールのメリット・デメリットは?他サイトと比較

ここまで不動産一括査定サイト「イエウール」の基礎知識を解説してきましたが、不動産一括査定はイエウールだけではありません。他にも様々なサイトがあります。

他のサイトがあるなら、イエウールだけの長所・短所について気になるところですよね。

確かに他との違いを知って、イエウールが勝つとこはどこなのかを知りたいわけです。

そこでこの章では、イエウールのメリット・デメリットをまとめてみました。

デメリット1.運営期間が2014年開始で歴史は圧倒的に浅い

イエウールは2014年から運営開始したため、まだ5年も経過していません。

  • イエウール・・・2014年~
  • イエイ・・・2007年~
  • スマイスター・・・2006年~
  • HOME4U・・・2001年~
  • リガイド・・・2006年~
  • オウチーノ・・・2008年~

上記のように最古の不動産一括査定「HOME4U」は2001年スタートですから、イエウールの歴史がいかに浅いかが分かります。

「HOME4U」についてもっと知りたい方は下記記事を参照ください。

デメリット2.査定依頼時間が結構かかって面倒くさい

イエウールは60秒以内で査定依頼が完了できると書いていますが、 はっきりいって嘘です。

つ実際に使ってみましたが60秒で終わることなんてありませんでした。

普通に2~3分かかりましたね・・・。こうゆう情報はちゃんと真実を書いてほしいものです。

デメリット3.差別化されたサービスが特にナシ

イエウールには、他サイトにはない独自サービスがありません

それどころか「これだけはあって欲しい」といえる、必須のサービスすらもナシです。

具体的には、利用者向けのサポートサービスが皆無なのです。

なんと、お客様コールセンターなし!したがって、電話サポートがまったくありません

差別化されるサービスがないだけ済めば、まだ良かったのですが、他のサイトにもある各種サポートサービスがないのは、かなり残念なポイントですね…。

唯一無二のメリットは1,700社提携で圧倒的NO.1

イエウールを経由して査定依頼できる不動産会社(提携企業)の数は、なんと1,700社です。

他の査定サイトと比べると、圧倒的な数字を誇っています。

他のサイトは500~1,400です。ちなみに1,400社はスマイスターというサイトですね。

提携数が一番多い不動産一括サイトですから、この点についてはイエウールは非常にレアな存在だといえます。

では1,700社あるイエウールの提携会社のなかで、特に注目しておきたい不動産会社をいくつかピックアップしておきましょう。

イエウールの提携不動産会社(注目のオススメ不動産会社を抜粋)

不動産会社名
(またはサービス名)
概要
image2 年間仲介実績数 国内TOP10に入る大手不動産会社。
売却活動だけでなく、ローン手続きはじめお金絡みのサポートもワンストップで対応。
参考:三井住友トラスト不動産の評判は?売却活動・サポートサービスが秀逸!
image3 年間仲介実績数 国内TOP10に入る大手不動産会社。
「速さだけではない、充実のサポート」で定評。
参考:大京穴吹不動産の評判は?ライオンズマンションの売却は大京穴吹一択?
image4 年間仲介実績数 国内TOP10に入る大手不動産会社。
国内マンション建設で最大手の長谷工のグループ会社。マンションの売買仲介に強み。
image5 年間仲介実績数 国内TOP15に入る大手不動産会社。
住友林業のグループ会社。 近畿・東海・首都圏・福岡に店舗をもち、顧客最優先のサービス対応・品質で定評。
image6 年間仲介実績数 国内TOP10に入る大手不動産会社。
みずほファイナンシャルグループのグループ会社。みずほ銀行はじめみずほグループ各社との連携が取れるところが強み。
image7 年間仲介実績数 国内TOP20に入る大手不動産会社。
「仲介販売による売却」「買取保証による売却」「買取による売却」と3つの売却方法を用意しており、利用者が選択できる。

【他とは変わらない特徴】査定対象の種別は12種で普通レベル

イエウールが査定対象としている不動産の種別は、以下の通りです。

  • 分譲マンション
  • 中古一戸建て
  • 土地
  • マンション(一棟売り)
  • アパート(一棟売り)
  • ビル(一棟売り)
  • ビルの一室
  • 店舗
  • 工場
  • 倉庫
  • 農地
  • その他の不動産

はっきり申し上げますと、他の不動産一括査定サイトと似たりよったりです。少なくもなく、多くもなく、といったところでしょうか。

実際にイエウールを使って売却した人の評判・口コミ

ここまではイエウールのメリット・デメリットを見てきました。

次は実際にイエウールを使ったことがある人の口コミをみてみましょう。

Aさん 秋田県のマンションの売却ケース

仮名・年齢 Aさん(男性 28歳)
評価ポイント ★★★★★
売った物件のタイプ 分譲マンション
お住まい 秋田県

入社してすぐに秋田県に転勤になり、そこで中古でマンションを購入したのですが、その2年後に本社から東京の本社異動を打診されまして。

大分悩みましたが、異動を受け入れて、今のマンションを手放そうと決めました。

考えた結果マンションを売却し、東京へ戻ることを決めました。

ただ、急いで対応しなくてはということでイエウールの一括査定サイトを利用しました。

するとすぐに大手不動産会社2社と、地域の不動産会社3社からオファーがありました。とても助かりましたね。

オファーが来た不動産会社を比較し、何度かコミュニケーションも取ってみた後、地域の不動産会社の1社がとても精力的で、かつ一番高い査定額を提示してくれて、そこに仲介をお願いしました。

結果、1か月後の転勤にも間に合って、売却金も住宅ローンの残債をほぼ相殺できる額でした。大満足ですね。

Bさん 三重県の一戸建ての売却ケース

仮名・年齢 Bさん(43歳 女性)
評価ポイント ★★★★☆
売った物件のタイプ 一戸建て
お住まい 三重県

子供が独立して、夫婦二人で暮らすには広すぎる家でしたので、住み替えの売却をしようと決めました。

イエウールの一括査定サイトを使ってみたら、ちょうど家近くの不動産を紹介してくれまして。その不動産会社からすぐに連絡がありました。

その後も、現地査定から細かい質問に対してもとても丁寧かつ親切に対応していただいて。

非常に信頼感のあるコミュニケーションをしていただきました。

Cさん 神奈川県のマンションの売却ケース

仮名 Cさん(男性 39歳)
評価ポイント ★★★★☆
売った物件のタイプ 分譲マンション
お住まい 神奈川県

実は、不動産一括査定サイトを利用したのはこれが2回目でした。

1回目はあまり良い思い出が無くて。

と言いますのは、査定依頼直後から無数の会社から電話が鳴り、その後も査定の連絡がきた不動産会社以外からも不動産投資であったり、マンション購入、そのほか証券まで、様々な営業惑電話が来るようになってしまって。

つまり、個人情報が流出してしまっていたのです。最終的は、携帯電話の番号を変える破目になりました。

今回2回目の不動産一括査定サイトを「イエウール」にしたのは、イエウールが「情報管理をしっかりしています」と明確に書いていたからです。

実際、今回は不審な電話は全く来なかったかですね。かつ、スピーディに査定の連絡が来て、とても助かりました。

Dさん 大阪府の一戸建ての売却ケース

仮名 Dさん(男性 52歳)
評価ポイント ★★★★★
売った物件のタイプ 一戸建て
お住まい 大阪府

イエウールの不動産一括査定サイトを利用しようと思った理由は、不動産会社の提携数がとても多くて、大手だけでなく地域密着型の不動産会社も紹介されやすいという話だったからです。

大手不動産の方が何かと安心だろうというのは分かるのですが、なんとなく杓子定規な対応されそうだな…といった不安もありまして。

それで、イエウールで一括査定して、大手から中小まで6社の不動産会社に査定依頼しました。

結局、中堅の地域密着型の不動産会社を仲介に選びました。とにかく、親身に、かつ一生懸命やってくれる営業の方でした。

内覧の前も掃除や照明についてかなり細かく指示を頂き、結果購入の依頼をいただいて。──こんなに早く決められたのはとても感謝でしたね。

イエウールの評価は好意的なものが多く、特に「多くの不動産会社から査定の連絡があり、満足いく選択ができた」という感想が多いですね。

多くの不動産会社から査定の連絡をもらえるのは、提携会社が圧倒的ナンバーワンであるイエウールならでは、と言えるでしょう。

【総評】イエウールで不動産一括査定すべき人とは?

ここまでイエウールについて、様々な知識を紹介してきましたが、ここからは現役不動産業者である筆者が、イエウールに対する評価を「総評」としてまとめておきます。

イエウールは差別化ができておらず、サポート体制のレベルの低いです。

ただ、「提携数が他の不動産一括査定サイトよりも圧倒的に多い」という点は評価できますね。

提携数が多いとどんなメリットがある?

提携している不動産会社が多いということは、他のサイトよりも、査定可能な不動産会社がたくさん見つかる可能性が高いということ。

たくさんの会社に査定してもらうと、「比較」ができるので、どの不動産業者の査定が魅力的なのか、査定された金額の平均はいくらなのか、という様々な”気づき”を与えてくれます

不動産査定に関しては、複数の会社から査定をもらうことに悪い点は1つもなく、いいことだらけなのですが、それ故になかなか査定数を確保できないという難点があります。

そんな中、イエウールは圧倒的な提携数を持つため、元々の不動産会社の数が少ない地方や田舎であったとしても、たくさんの査定数を確保できますよ。

正直、イエウールにはまだまだ足りない部分がたくさんありますが、「圧倒的な提携数」という大きな強みだけで、お釣りが返ってきますね。

強みからわかる「イエウールを使うべき人」

以上の点から考えて、イエウールを使うべき人は「たくさんの査定数を確保したい人」です。

具体的には「多くの査定を見比べて、自分に不動産がどれくらいの評価をされているのか、その平均値を取りたい」という人に最適です。

「今は売る気がないけど、売るかどうかの参考材料にするためにも、いろんな会社に査定してもらいたい」という人にも、適しているでしょう。

もしくは「他の不動産一括査定サイトを使ってみたけど、査定の対象となる不動産会社がいなかった」という人も使ってみるべきです。

このように、たくさんの査定数が必要な人は目的も様々ですが、イエウールであれば、そのようなニーズを必ず満たしてくれます。

「なんとしてでも、たくさんの査定数を確保したい」と思う人は、イエウールを使ってみると良いでしょう。

【全4ステップ】イエウールを実際に利用する流れ

では実際にどのような手順を経て、60秒で申し込み完了できるのか見てみましょう。

ステップ1.イエウールの不動産一括査定サイトにアクセス

image12

上記画面の住所(都道府県、市区町村、町名)または郵便番号を入力し、併せて「物件種別」選択します。

入力後、「査定スタート」をクリックしましょう。

ステップ2.「物件の所在地」「専有面積」「間取り」「築年数」を入力

image13

査定物件の所在地、専有面積、間取り、築年数、物件との関係を入力し、「お客様情報の入力へ(1/3)」と書かれたボタンをクリックします。

ステップ3.お客様情報(あなたの情報)と査定方法を入力

image14

お名前、年齢、電話番号、メールアドレス、電話番号、ご依頼の理由、査定方法を入力後、「最後の項目へ(2/3)」と書かれたボタンをクリックします。

「ご依頼の理由」では、以下のリスト項目から選択しましょう

  • 売却するため
  • 価格によって売却を検討したいから
  • 住み替えのため
  • 相続のため
  • 転勤のため
  • 資産整理のため
  • 金銭的な理由のため
  • 住宅ローン返済で困っている
  • その他

また、査定方法については、とにかく金額だけ知りたい人は「机上査定」を選択しましょう。

「すぐにでも売却活動を進めていきたい」「精度の高い売却価格を確認していきたい」という方は「訪問査定」を選ぶのをオススメします。

訪問査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

ステップ4.リスト表示された複数の不動産会社から依頼先を選択

image15

この中から「チェック」欄を使って、実際に査定したい不動産会社を選択していきます。

ここではできるだけ複数の会社に依頼しておくことをオススメします。

併せて、不動産会社への希望・要望を入力する欄で、詳細な希望を伝えることが可能です。

「希望連絡日時」を設定できるので、地味にありがたい仕様となっていますよ。

image16

以上で、申し込みは完了。

image17

はやくて即日、遅くて3営業日以内で、連絡がきますのでスマホを要チェックです。

まとめ

今回はイエウールが気になっている人に向けて、いろいろな知識を紹介しました。

「イエウールを使うべきか?」という問いへの答えが出たはず。

以上「不動産一括査定サイト「イエウール」を使うべきでない理由を現役不動産売却担当が大暴露」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kaizo

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
Notify of