イエウール

【2019年版】イエウールの評判と口コミを分析!本当にしつこいのか専門家が徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イエウール イエウール

「イエウール」についてもっと理解したいと思っていませんか?

イエウールとは「不動産一括査定サイト」ですね。

まあ、早い話がサクッと査定を依頼できるサービスがイエウールなのです。

ただ、イエウールって評判が少ないですよね。

もっといえば、「謎な部分」が多くないですか?以下のような疑問をもつ人も多いはず。

イエウールについて気になること

  • イエウールが気になっているんだけど、あと一歩踏み出せない
  • イエウールの評判っていいの?
  • そもそもイエウールって、どんなサイトなの?
  • 役に立つうえで問題がないなら使ってみたいけど・・

家売る=イエウールというのはわかりますが、それ以外ははっきりいって謎だらけ

車一括査定サイトは個人情報を通知しないと使えない仕組みです。もちろん、イエウールも。

そのため、イエウールがちゃんと信頼できるサイトなのか、きちんと知らないといけません。

今回の記事では現役不動産営業マンである筆者が、イエウールが何者なのか、本当に使ってもいいのかを解説していきます。

結論からいいますと、無理して使うほどすごいサイトではないです、はい。

【先に結論】3行でまとめると?

  • イエウールの運営会社などに問題はなし。使ううえでのリスクはない
  • ほかの一括査定サイトにくらべて特にめだった強みがない
  • 提携している不動産会社数が多いのが唯一の特徴

「イエウール」とは?運営元は?

「イエウール」とは?運営元は?

イエウールは「最大6社に不動産査定が無料で依頼できるサイト(サービス)」です。

つまり、イエウールを利用することで、あなたの不動産をうまく売却できる不動産会社を複数見つけることができるわけです。

あなたと不動産会社をつなげてくれる「窓口」と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

不動産一括査定サイトについては下記記事でさらに詳しく解説しています。

イエウールは仲介人

イエウールを経由して査定依頼できる会社は、全国1,900以上の不動産会社です。

全国対応しているので、地方や田舎に住んでいる人でも、安心して利用できますよ。

なお、イエウールはあくまでも「窓口」なので、不動産会社ではなく、不動産を売却してくれるわけでもないので、ご注意を。

あくまでも橋渡し役なので、不動産売却そのものはしません。よって、イエウールは不動産会社でもないのが特徴。

ではどんな会社なのか見ていきましょう。

イエウールの運営元は「Speee」

イエウールは、申し込みの時にあなたの個人情報を運営元に通知する必要があります(詳しくは後述)。

大事な個人情報を晒すわけですから、イエウールの運営元が気になりませんか?

どんな会社なのか、信頼できるのかどうかを知っておきたいですよね。

そこでここでは、イエウールを運営する会社の基礎情報を以下にまとめてみました。ザッと目を通してみてください。

イエウールを運営する会社情報

  • 運営する会社名・・・株式会社Speee
  • 設立年月日 ・・・2007年11月
  • 資本金・・・1,300万円
  • 所在地・・・東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階
  • 従業員数・・・約400名
  • 上場状況・・・非上場

株式会社Speeeは、2007年11月に設立されたIT企業です。

初期はスマートフォンゲームに力を入れていましたが、2014年以降はイエウールなどを始めとしたウェブサービスに力を入れています

近年は医療サービスにも参入し、自社で診療所を経営するほど。とにかく幅広い分野に手をつける企業です。

いわゆるベンチャー企業なので、世間的評価や知名度はそこまで高くないと言えますが、主要取引先がソフトバンクであったりと、ビジネス業界では信頼性の高い企業となっています。

イエウールのポジティブな口コミ・評判

イエウールのポジティブな口コミ・評判

イエウールについて調べている人の大半がイエウールの口コミ・評判が気になっているはず。

この章ではポジティブな意見をピックアップしてみます。

・・・といいたかったのですが、いまのところ、イエウールに関するポジティブな意見はみつかりませんでした。

捏造のにおいがプンプンするサイトにはポジティブな意見が多かったのですが、客観的な意見が集まっているTwitterではまったく見つからなかったですね・・・。

筆者のリサーチ不足かもしれないので引き続き、調査してみます。

見つけ次第、アップしていきますね。

イエウールのネガティブな口コミ・評判

イエウールのネガティブな口コミ・評判

ポジティブな意見だけがあるものなんて存在しません。イエウールももちろんそうです。

ではどんなネガティブな評判・口コミがあるのでしょうか。見てみましょう。

 

大抵は捏造系の記事に関するネガティブな意見が多いですね。

そりゃそうですよ、イエウールからお金もらっているサイトがこき下ろすわけないですから。

不動産会社から見た「イエウール」の実態

不動産会社から見た「イエウール」の実態

補足知識になってしまいますが、不動産会社に勤める筆者から見たイエウールについて紹介しておきましょう。

もちろん個人的な意見にはなりますが、不動産業界全体の意見とそこまで違いは無いので、不動産業界側の人間はどのようにイエウールを捉えているのかという観点で読んでいただければ。

もちろん「不動産会社から見たイエウールなんて別に見たくないよ」という人は飛ばしてもらっても構いません。

業界内ではあまり知られていない

不動産会社からすると新しいお客さんを取り込める一括査定サイトの存在は助かります。

ただSUUMOやアットホーム、ホームズなどの不動産ポータルサイトに比べると、利用者数が少ないという印象があるので、正直言ってそこまで重きを置いていないというのが実情です。

そんな一括査定サイトの中でもイエウールの存在はさらに小さいと言っても過言ではありません。

イエウールの営業マンが「提携しませんか」と言ってきたとしても、「ぜひお願いします」とすぐに返事をする会社は少ないでしょう。

何故かというと、一括査定サイトそのものの知名度も業界内ではそこまで高くない上に、イエウールの存在もかなり知名度が低いからです。

知名度でいうとSUUMOやアットホーム、ホームズの足元には及びません。

これら3社の場合は不動産会社側から「ぜひうちの会社を載せてください」「提携させてください」といったお願いすることも多いのです。

一方で、イエウールの場合は邪険に扱う会社の方が多いのではないでしょうか。

「なにそれ。聞いたことないんだけど」と高圧的な態度で追い払う不動産会社も少なくありません(そもそも不動産会社の営業マンはそんな人ばかりですしね)。

期待値が低いサービスだった

イエウールを知る不動産営業マンや経営者だったとしても、イエウールに対する期待値はそこまで高くありません。

何故かというと、「提携数」が非常に多いから。

詳しくは後で解説しますが、イエウールは提携している(査定を担当する)不動産会社が他の一括査定サイトよりも多いという特徴があります。

これは利用者からしてみると非常に強い利点なのですが、不動産会社からすると邪魔で仕方ない利点です。

何故かというと、競合する会社が多くなってしまい、折角のチャンスを棒に振ってしまう可能性が高いから。

不動産の価値は計算などによって決まるため、どの会社が査定を行っても同じ金額になりがち。

ただでさえ差別化が難しく、自分の会社が選ばれる可能性が少ないのにもかかわらず、数多くの会社が「査定しますよ」と手を挙げる状態はキツすぎです。

必然的に「イエウールなんて別に使わなくてもいいや」と思ってしまうというわけ。

もしイエウールがこれから一括査定サイトとして大きくなっていくのであれば、不動産会社を味方につけるのは必要不可欠です。

この点についてうまく不動産会社の不満を払拭しなければ、イエウールがこれから進化していくことはないでしょう。

うまい着地点を見つけて欲しいところですね。

イエウールを他サイトと比較

イエウールを他サイトと比較

ここまで不動産一括査定サイト「イエウール」の基礎知識を解説してきましたが、不動産一括査定はイエウールだけではありません。他にも様々なサイトがあります。

他のサイトがあるなら、イエウールだけの長所・短所について気になるところですよね。

確かに他との違いを知って、イエウールが勝つとこはどこなのかを知りたいわけです。

そこでこの章では、イエウールのメリット・デメリットをまとめてみました。

2014年から運営開始

イエウールは2014年から運営開始したため、まだ5年も経過していません。

  • イエウール・・・2014年~
  • イエイ・・・2007年~
  • スマイスター・・・2006年~
  • HOME4U・・・2001年~
  • リガイド・・・2006年~
  • オウチーノ・・・2008年~

上記のように最古の不動産一括査定「HOME4U」は2001年スタートですから、イエウールの歴史がいかに浅いかが分かります。

「HOME4U」についてもっと知りたい方は下記記事を参照ください。

査定依頼時間が結構かかって面倒くさい

イエウールは60秒以内で査定依頼が完了できると書いていますが、 はっきりいって嘘です。

つ実際に使ってみましたが60秒で終わることなんてありませんでした。

普通に2~3分かかりましたね・・・。こうゆう情報はちゃんと真実を書いてほしいものです。

差別化されたサービスが特にない

イエウールには、他サイトにはない独自サービスがありません

それどころか「これだけはあって欲しい」といえる、必須のサービスすらもナシです。

具体的には、利用者向けのサポートサービスが皆無なのです。

なんと、お客様コールセンターなし!したがって、電話サポートがまったくありません

差別化されるサービスがないだけ済めば、まだ良かったのですが、他のサイトにもある各種サポートサービスがないのは、かなり残念なポイントですね…。

1,900社と提携している

イエウールを経由して査定依頼できる不動産会社(提携企業)の数は、なんと1,900社です。

他の査定サイトと比べると、圧倒的な数字を誇っています。

他のサイトは500~1,400です。ちなみに1,400社はスマイスターというサイトですね。

提携数が一番多い不動産一括サイトですから、この点についてはイエウールは非常にレアな存在だといえます。

では1,900社あるイエウールの提携会社のなかで、特に注目しておきたい不動産会社をいくつかピックアップしておきましょう。

査定対象の種別は12種類

イエウールが査定対象としている不動産の種別は、以下の通りです。

  • 分譲マンション
  • 中古一戸建て
  • 土地
  • マンション(一棟売り)
  • アパート(一棟売り)
  • ビル(一棟売り)
  • ビルの一室
  • 店舗
  • 工場
  • 倉庫
  • 農地
  • その他の不動産

はっきり申し上げますと、他の不動産一括査定サイトと似たりよったりです。少なくもなく、多くもなく、といったところでしょうか。

「イエウール」を使うべき人とは?

「イエウール」を使うべき人とは?

ここまでイエウールについて、様々な知識を紹介してきましたが、ここからは現役不動産業者である筆者が、イエウールに対する評価を「総評」としてまとめておきます。

イエウールは差別化ができておらず、サポート体制のレベルの低いです。

ただ、「提携数が他の不動産一括査定サイトよりも圧倒的に多い」という点は評価できますね。

どんなメリットがある?

提携している不動産会社が多いということは、他のサイトよりも、査定可能な不動産会社がたくさん見つかる可能性が高いということ。

たくさんの会社に査定してもらうと、「比較」ができるので、どの不動産業者の査定が魅力的なのか、査定された金額の平均はいくらなのか、という様々な”気づき”を与えてくれます

不動産査定に関しては、複数の会社から査定をもらうことに悪い点は1つもなく、いいことだらけなのですが、それ故になかなか査定数を確保できないという難点があります。

そんな中、イエウールは圧倒的な提携数を持つため、元々の不動産会社の数が少ない地方や田舎であったとしても、たくさんの査定数を確保できますよ。

正直、イエウールにはまだまだ足りない部分がたくさんありますが、「圧倒的な提携数」という大きな強みだけで、お釣りが返ってきますね。

イエウールを活かせる人

以上の点から考えて、イエウールを使うべき人は「たくさんの査定数を確保したい人」です。

具体的には「多くの査定を見比べて、自分に不動産がどれくらいの評価をされているのか、その平均値を取りたい」という人に最適です。

「今は売る気がないけど、売るかどうかの参考材料にするためにも、いろんな会社に査定してもらいたい」という人にも、適しているでしょう。

もしくは「他の不動産一括査定サイトを使ってみたけど、査定の対象となる不動産会社がいなかった」という人も使ってみるべきです。

このように、たくさんの査定数が必要な人は目的も様々ですが、イエウールであれば、そのようなニーズを必ず満たしてくれます。

「なんとしてでも、たくさんの査定数を確保したい」と思う人は、イエウールを使ってみると良いでしょう。

「イエウール」を使う手順

では実際にイエウールではどのような手順を経て、申し込み完了できるのか見てみましょう。

イエウールにアクセスする

イエウールにアクセスする

上記画面の住所(都道府県、市区町村、町名)または郵便番号を入力し、併せて「物件種別」選択します。

入力後、「査定スタート」をクリックしましょう。

「物件の所在地」「専有面積」を入力

「物件の所在地」「専有面積」を入力

査定物件の所在地、専有面積、間取り、築年数、物件との関係を入力し、「お客様情報の入力へ(1/3)」と書かれたボタンをクリックします。

「あなたの情報」と「査定方法」を入力する

「あなたの情報」と「査定方法」を入力する

お名前、年齢、電話番号、メールアドレス、電話番号、ご依頼の理由、査定方法を入力後、「最後の項目へ(2/3)」と書かれたボタンをクリックします。

「ご依頼の理由」では、以下のリスト項目から選択しましょう

  • 売却するため
  • 価格によって売却を検討したいから
  • 住み替えのため
  • 相続のため
  • 転勤のため
  • 資産整理のため
  • 金銭的な理由のため
  • 住宅ローン返済で困っている
  • その他

また、査定方法については、とにかく金額だけ知りたい人は「机上査定」を選択しましょう。

「すぐにでも売却活動を進めていきたい」「精度の高い売却価格を確認していきたい」という方は「訪問査定」を選ぶのをオススメします。

机上査定と訪問査定とについては、下記記事で詳しく解説しています。

複数の不動産会社から依頼先を選択する

複数の不動産会社から依頼先を選択する

この中から「チェック」欄を使って、実際に査定したい不動産会社を選択していきます。

ここではできるだけ複数の会社に依頼しておくことをオススメします。

併せて、不動産会社への希望・要望を入力する欄で、詳細な希望を伝えることが可能です。

「希望連絡日時」を設定できるので、地味にありがたい仕様となっていますよ。

複数の不動産会社から依頼先を選択する(2)

以上で、申し込みは完了。

複数の不動産会社から依頼先を選択する(3)

はやくて即日、遅くて3営業日以内で、連絡がきますのでスマホを要チェックです。

「イエウール」は無理して使う必要はない

今回はイエウールが気になっている人に向けて、いろいろな知識を紹介しました。

「イエウールを使うべきか?」という問いへの答えが出たはず。

以上「【2019年版】イエウールの評判と口コミを分析!本当にしつこいのか専門家が徹底検証」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

kaizo

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA