家を売る理由って正直に伝えるべき?嘘を言っても大丈夫なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家やマンションを売る理由について気になっていませんか?

家を売る理由が気になる人の疑問

    • 家族が転勤するから売ろうか検討しているけど、そんな理由で売るのは自分だけ?
    • 子供が出来て家族が増えたけど、ほかの人はどうしているのだろうか・・・
    • 買い替え・住み替えで家を売る人っているの?

自分と同じ動機で家を売却する人がいるのか、知りたいですよね。

そして家の購入を検討する人たちも、売却理由をとても気にしています。

というのも購入者にとっては、家の売却理由がネガティブだったら・・・購入して失敗を避けたい・・・

更には、その売却理由によっては査定額や売却期間も変わってきます。

今回は、家やマンションを売る理由でどのようなものがあるか、またそれらが査定額・売却期間にどのような影響があるのかについて、お話していきたいと思います。

不動産を高く売るなら複数社に査定相談を!
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる!

家やマンションの代表的な「売却理由」について

家やマンションを売るときの理由は、大きく「一般的な理由」と「ネガティブな理由」があり分けた方がいいです。

理由は「一般的な理由」は文字通りなんの影響もありませんが、「ネガティブな理由」は場合によって査定額や売却期間への影響を及ぼすことがあるからです。

「なぜ売却理由で査定額などが変わるのか?」という疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思います。

まずはそれぞれの理由で具体的にどのようなものがあるかを見ていきましょう。

家を売る理由でよくある5つの一般的な理由

家を売る一般的な理由の5つに下記があげられます。

よくある一般的な家を売る理由5選

  • 理由1.家族が増えて、今の家の間取りだと部屋が足りなくなる
  • 理由2.通勤・通学の便が悪くなった
  • 理由3.仕事の転勤
  • 理由4.マンションに引っ越したい
  • 理由5.資産整理(投資目的)

それぞれの理由をよく見ていきましょう。

理由1.家族が増えて、今の家の間取りだと部屋が足りなくなる

子どもがもともと1人だったのに、予期せぬ2人目を授かり・・・

部屋数が足りなくなるというパターンですね。

もしくは、お子さんが成長して、「そろそろ自分の部屋を持たせてあげようか」といった親心から、買い換えを検討される方もいらっしゃいます。

理由2.通勤・通学の便が悪くなった

環境が変わり、通勤や通学が不便になってしまったから・・・というパターンも多いです。

最寄りの駅から遠かったり、バスの本数が少なかったり、仕事や学校の帰りの時間がかなり遅くなってしまうといったときに買い替えを検討されるケースです。

理由3.仕事の転勤

「通勤・通学の便が悪くなったから」とも近い理由ですが、仕事の転勤で引っ越さざるを得ない状況になっていまったというケースです。

理由4.マンションに引っ越したい

hongkong_DSC02635_TP_V

一軒家に住んでいる方が、この理由で家を売ることは最近は増えてきました。

シチュエーションとしては、子供も大人になって家を出ていって使わない部屋も増えたから、というものであったり、老後夫婦2人になり家が広過ぎるから、等があります。

理由5.資産整理(投資目的)

家やマンションを投資目的で売買される場合はこのパターン。

そのほか、「親の家を相続することになった、実家の家族と同居することになった」といった場合もあります。

家を売る理由でよくあるネガティブな6つの理由

次はネガティブな理由を見ていきましょう。

下記6つがあげられます。

ネガティブな家を売る理由6選

  • 理由1.住宅ローンが払えなくなった
  • 理由2.お金が無くて困った(まとまったお金が必要)
  • 理由3.離婚した
  • 理由4.立地が悪かった
  • 理由5.ご近所トラブル
  • 理由6.家の欠陥・古くなった

それぞれの理由を見ていきましょう。

理由1.住宅ローンが払えなくなった

毎月の住宅ローンの支払いが厳しくなって…といった理由で家を売るというパターン。

様々な理由で収入が大きく減少したり、今後想定外の出費が嵩む事態になった、といった状況で発生することが多いようです。

理由2.お金が無くて困った(まとまったお金が必要なため)

どうしてもすぐにまとまったお金を作る必要があるといったパターン。

理由3.離婚した

「ネガティブな理由で家を売るケース」で多いのがこちらのケース。

日本でも離婚率は上昇傾向にありますので、このケースはこれからも増えてくることでしょう。

今は3組に一組が離婚すると言われており、厚生労働省が調査した「人口動態」を事実であることが分かります。

離婚で家などの不動産を売却する件については、下記記事により詳しく解説しています。

理由4.立地が悪かったから

「近隣の騒音であったり、周囲の治安が良くなかった」といった不便さを感じての売却がこちらのケース。

原因の元を自分たちで対処することが困難であることが多いのが、このケースの特徴でしょう。

理由5.ご近所トラブルの為

こちらも非常に多いパターン。

なにせ、持ち家を建てたときに一番の問題になりやすいのは、ご近所との人間関係と言われているくらいです。

適度な距離感でうまくお付き合いできていれば良いのですが、ふとした誤解や諍いなどで、一度こじれてしまった人間関係は、なかなか修復されないものです。

理由6.家の欠陥・古くなったから

こちらのケースは、リフォームなどの手段もありますので、必ずしも家を売る理由に繋がるわけではありません。

建物と同時に居住者も歳を取り、「より安全でバリアフリーの整備された環境に引っ越したい」といった理由でのものもあるでしょう。

ちなみに欠陥がある際に隠して売ると「瑕疵担保責任」が問われることになります。

不動産売買時に瑕疵担保責任については下記記事を参考にしてください。

【補足】現役不動産業者が聞いた!人が家を売る理由TOP10

ここまでは一般的な家を売る理由についてみてきましたが、ここからは現役不動産業者である筆者が実際の業務をする上で、お客さんから聞き出したリアルな家を売る理由を解説していきます。

それでは早速、人が家を売る理由について、紹介していきましょう。

先に結論を言っておきますと、以下の通りです。

人が家を売る理由TOP10

  1. 広さが合っていないから
  2. ローンが返済できないから
  3. 場所が気にくわない
  4. 離婚したから
  5. 転勤するから
  6. 近所でトラブルがあったから
  7. 相続したから
  8. 老人ホームに入るから
  9. 欠陥住宅だったから
  10. 土地値が上がっているから

先ほど紹介した「家を売る理由」とかぶっていることも多いですよね。

同じことを紹介しても面白くないので、今度は筆者も実際の業務上の経験をふまえながら、それぞれの理由について紹介していきますよ。

1位.広さが合っていないから

家族が増えた、子どもが自立したなど、自分の生活スタイルに家の広さが合っていないパターンです。

大抵の人が、この理由で家を売りたいと思っていましたね。

2位.ローンが返済できないから

これ以上、住宅ローンの返済が出来ないので、売りに出すパターンです。

世間が持っている以上にこの理由は多いです。

もし返済できずに我慢しているなら変な意地は張らないで、「自分と同じような人もいるから」と早い段階で動くことをオススメします。

3位.場所が気にくわない

駅から遠い、病院や買い物施設が遠い、実家から遠いなど、場所が気に食わなくて売りに出します。

長年は我慢したものの、やはり我慢しきれないという理由で売る人が多いですね。

4位.離婚したから

離婚したらもう一緒に住むことができませんので、必然的に家を売ることになります。

片方が残って家を売らないこともありますが、大抵の場合は、家を売って売却代金を半々で分割することが多いですね。

5位.転勤するから

一時的な転勤であれば話は別ですが、もう二度と帰ってこない場合は、転勤を理由に売る人も多いです。

海外転勤など、再度戻ってくる予定があれば、売らずに賃貸する人も多いですね。

6位.近所でトラブルがあったから

ご近所さんに問題があり、もう引越したいというパターンです。

ご近所さんには問題は無いですが、地域独特の雰囲気に馴染めないという理由で売ることも。

7位.相続したから

親が亡くなって、親が住んでいた立派な家を相続する場合、今自分が住んでいる家を売る人も多いです。

また逆に、すでに自分が立派な家を持っているので、親から相続した家を売る場合もありますよ。

8位.老人ホームに入るから

今までは持ち家に住んでいましたが、自分1人ではもう家の中で生活できないと、老人ホームに入ることに。

こうなれば誰も住む人はいないので、売却することになります。

9位.欠陥住宅だったから

購入した新居が建築メーカーの不備のせいで、満足いかない仕上がりだった場合は、売却することもあります。

こうなると裁判沙汰まで発展するので、関わると非常にめんどくさい売却案件となります。

10位.土地値が上がっているから

なかなか少ない事例ではありますが、ショッピングセンターができるなどの理由で、土地値があがった時、儲けたいと考える人が少なからず出てきます。

これからも賃貸でいいから、このチャンスに自分の家を売って儲けたいと、大胆に家を売る人も実際に存在します。

【番外編】HOMESが集計した家を売る理由ランキングTOP10

ここまでは現役・不動産業者である筆者の経験をもとに作成したランキングを見てきましたが、あくまでも筆者の経験です。

もっと客観的なデータが知りたいと思う人もいるでしょう。

そこでご紹介するのは不動産ポータルサイトでお馴染みの「HOMES」が集計した”家を売る理由ランキング”です。

早速ですが、結果を見てみましょう。

1位 より良い住まいに住み替えるため 42.3%
2位 資金が必要となったため 12.9%
3位 今が売り時だと考えたため 9.4%
4位 勤め先の転勤のため 7.9%
5位 住まいを相続した/することになったため 7.5%
6位 離婚したため 6.0%
7位 家族(親や子どもなど)と同居するため 5.0%
8位 ご自身や子どもの通勤/通学のため 3.3%
9位 家族やご自身の子育て/出産のため 2.9%
10位 家族やご自身の介護のため 2.3%

ランキングの順位そのものは違いますが、筆者が順位づけした「家を売る理由」とそこまで変わらない内容となっています。

ただ個人的に引っかかったのは「資金が必要になったため」という理由ですね。

これについては、なかなか出会ったことがありません。

そもそも「資金が必要になった」と言うことは売却した後、現金でお金が手に入ることを意味します

ただ、基本的には売却したお金はローンの返済に充てられるため、現金が手に入る人なんてそうそういません。

そんな珍しいケースが「家を売る理由」ランキングの3位にきているのは、ちょっと違和感がありましたね。

もしかしたら借金を返すために「資金が必要」だと回答した人もいるかもしれませんが。


さて、ここまで家やマンションを売る理由について、様々な観点から見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

「自分にも当てはまるな」という項目がいくつかあったという方もいらっしゃることでしょう。

注意しなくてはいけないのは「必ずしも理由は一つとは限らない」というところです。

複合的な理由をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

さて、これら理由が査定額や売却期間にどう影響してくるのか。

次の項目で詳しく見ていきたいと思います。

売却理由で査定額・売却期間が変わるって本当?

さて、続いては売却理由と査定額と売却期間の関係について見ていきましょう。

株式会社ネクストの運営する「HOME'S不動産売却」では、家を売却した理由によって、査定額と売却期間に変化があったかを調査したレポートを公開しています。

そのレポートによると、家を売却した人たち全体で「査定額より成約額が下がった」と答えた人は32.5 %。

不動産会社の査定価格に対して売却価格が上がったか、下がったか?

※画像出典:LIFULL HOME’S「家の売却時、査定価格よりも成約価格が「上がった人」と「下がった人」の差は?」より

中でも、「離婚による理由」などイメージ的にネガティブな理由のせいで、成約額が下がったというケースは44.8%と、かなり高い割合になっています。

売却理由と実際に売れた期間の関係性※画像出典:「LIFULL HOME’S「マンションや一戸建てを売却することになった理由ランキング」より」より

売却理由が離婚だと価格が下がる理由

前の住居者が離婚したかしないかは、新しい住居者には関係ないはずですが、なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

一番は「なるべく早く売って精算したい」という意識が強く働くためでしょう。

要は売り急いでしまうのです。

そして、そう言った意識は、買い手にも伝わります。

「住宅ローンが払えなくなったから」「お金がなくて困った為」でも同様の傾向がでることが予想されます。

また、「立地が悪かったから」「ご近所トラブル」「家の欠陥」が理由に挙げられる場合でも査定額にもマイナスの影響を及ぼします。

それらの理由は、前の居住者で完結されることなく次の新居住者にも引き継がれる要素ですので、当然と言えば当然ですよね。

一番顕著な例は、殺人や自殺など事件があった家です。

この場合は相場よりも査定額は大幅に下がります。

更に、安くなっても買い手が付きにくく、売却期間も長期化しやすいという傾向があります。

家を買うというのは、家を売るのと同じくらいの大きなライフイベントです。

買い手からしてみれば、高い買い物で、少しでも不安要素は払しょくしたいという意識は強く働くでしょう。

家を売却するときの理由を伝えるときは、そういった買い手の意識・感情をよく理解しておきましょう。

都合の悪いネガティブな家の売却理由は伝えなくても良い?ダメ?

0aece1a6a9a7ceb866b39eb9e88d8806_m

ここまでで、家やマンションを売るときの理由で、査定額や売却期間は変わってくるということをお伝えしました。

とすると次に気になるのは、家を売る理由で「ネガティブな都合の悪い」理由は伝えなくても良いのかというところでしょう。

結論から言うと「伝えなくてはいけない」が答えです。

前述したように売却する物件に欠陥がある場合(自殺などの事件があった場合も含む)は、必ず購入者へ伝えるということが義務付けられています

つまり、欠陥があるなどのネガティブな理由は必ず伝えなくてはいけないのです。

それ以外のネガティブな理由についても「購入希望者がこの事実を知っていれば、売買契約の締結に重大な影響を与えていた可能性が高い」ものについては、きちんと理由を伝えておかないと、あとあとトラブルのもとになります。

例えば、「立地が悪かった」「家の欠陥、古くなった」また「ご近所トラブル」の一部の理由がそれにあたります。

また、家やマンションなどの物件を売買するときは、売買契約と併せて売主から告知書を提示することが通常です(告知義務)。

その告知書には、現在の物件の状態(特に不具合や欠損がある場合)を記載する必要があります。

こちらをきちんと記載せずに、買い手から「こんなトラブルがあったけれど告知書には記載されていなかった」と言われてしまうと、売り手の方や仲介業者は、その責任を負わなくてはならない可能性があります。

これを瑕疵担保責任と言います。

不動産売買時に瑕疵担保責任については下記記事を参考にしてください。

つまり、家を売る理由がネガティブであまり他人には伝えたくない内容であったとしても、購入者に何らかの不利益が生じるような理由である場合は、基本正直に伝えなくてはならないということですね。

古い家はリフォームをしてから売った方がお得になる?

5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_m

古い家を売るときに多くの方が悩むのが、そのままの状態で売却するかそれともリフォームしてから売却するかです。

こちらは結論から言うと、リフォームではなく売却額の値引きの方が買い手からは喜ばれます。

なぜなら、リフォームには実施する人の趣向や好みを反映することが出来るため。

買い手側の方で自由にアレンジしたいとなることが多いからです。

また、値引きで済ませたほうが、その分売却期間も短縮できるでしょう。

欠陥や欠損については修繕は行うべき

ですが、欠陥や欠損についてはしっかり修繕対応してから売りに出した方が良いでしょう。

築年数など、経年劣化によるものはある意味致し方ないところがあるにせよ、インフラ設備やドアの開閉などの故障、欠損は、居住者の扱いによる影響によることも考えられます。

売り手がどれだけその物件を大切にしていたかというのも査定額には影響してきます。

そういった意味でハウスクリーニングを行うのも効果的です。

また、「立つ鳥跡を濁さず」の気持ちで、次の人が気持ちよく家を使ってもらえるように、という配慮も持っておきたいところですね。

売却理由で逆に高額査定になるケース

「査定額がアップするような売却理由はありますか?」という質問をよく受けるのですが、そんな視点で売却理由を決めてしまっては、本末転倒ですよね。

売却理由自体で査定額がアップするという考え方はあまり持たない方が良いでしょう。

それよりも、不動産の仲介業者の担当に、売却理由含めその他物件情報をしっかり真摯に伝えておくことです。

例えば、「管理会社がきちんと管理を行っている」であったり、「近隣トラブルが起きたことがない」など、物件に関してプラスになるような情報はもちろん、併せてマイナスになる情報もきちんと担当者に伝えるようにすることをオススメします。

そうすることによって、売り手と担当者との信頼関係は高まるでしょう。

信頼関係が高まれば、その担当者がマイナス情報も悪い印象にならないように伝えてくれる可能性も高まります。

つまり、査定額をアップしようとするのなら、変に売却理由を隠したりごまかしたりせずに、正直にきちんと伝え、かつ物件のプラスな情報、ポジティブな情報も伝えておくということですね。

その方が、売り手も仲介の担当者も、そして購入者も気持ちよく、後々のトラブルも心配せずに進めていくことにもつながります。

中には力のない仲介担当者がいるのも事実

ただ、いくら売り手であるあなたが真摯に伝えても、仲介担当者の力がなければ売れるものも売れなくなります。

なので、不動産会社は1社だけに絞らず複数社に相談するのがよいでしょう。

今では不動産一括査定という便利なサービスがあります。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産のプロが厳選!不動産一括査定の選ぶ基準とオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記4つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は4つ

  • 基準1.参加不動産会社が魅力的である(大手~地域密着まで査定できる)
  • 基準2.実績が豊富(利用者数+運営歴)
  • 基準3.セキュリティ対策をしている(プライバシーポリシーの取得)
  • 基準4.不動産会社をしっかり審査している(悪徳不動産業者の排除)
これら4つの基準を満たす一括査定サイトは下記4つになります。

厳選したオススメの不動産一括査定サイト4選

  1. すまいValue
  2. HOME4U
  3. イエウール
  4. リガイド

それぞれの不動産一括査定の特徴を一覧表にしました。

比較項目すまいValueHOME4Uイエウールリガイド
運営会社小田急不動産(株)、住友不動産販売(株)
東急リバブル(株)、野村不動産アーバンネット(株)
三井不動産リアルティ(株)、三菱地所ハウスネット(株)
株式会社NTT
データスマートソーシング
株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
サービス開始年2016年2001年2014年2006年
査定数非公表累計30万件20万件非公表
サイト利用者数非公表年間700万人累計1,000万人非公表
提携している不動産会社の数大手6社約1,300社約1,700社約700社
特徴国内最大手に頼める。 都会に強く地方に弱い傾向がある。NTTデータグループなので安心感はトップ。 一括査定の歴史最長の老舗。参加企業数がNo.1で、企業一覧と特徴も見ることができる。厳選された不動産会社がウリ。 運営も長く、旧SBIグループの安心感がある。

※2019年12月時点の情報

不動産一括査定の上手な使い方は併用利用する

不動産一括査定の賢い使い方は「複数サイトの併用」

紹介した不動産一括査定は、どれも安心して利用できます。

ただし、それぞれの不動産一括査定には弱みがあります。その弱みを防ぐ方法があります。

弱みを防ぐには不動産一括査定を併用利用(組み合わせ利用)するのです。

都心部や県庁所在地などの人口が多い都市の方:すまいValue+HOME4U+SRE不動産(※旧ソニー不動産)
オススメの組み合わせ:「すまいValueHOME4USRE不動産(※旧ソニー不動産)

人口が多い都市の方にオススメの一括査定サイト

三井のリハウスや東急リバブルなどの国内最大手の不動産会社は、「すまいValue」にしか参加していません。

そして、大手・中堅・地域密着の不動産会社参加の「HOME4U」は、NTTグループ運営で最も安心して利用できるサイトの一つ。

つまり最大手の不動産会社に依頼「すまいValue」+大手・中堅・地域密着の不動産会社に依頼「HOME4U」を組みわせるのです。

ただ、大手は両手仲介の可能性が高いです。対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおくと安心です。

地方や郊外の方:HOME4U+イエウール
オススメの組み合わせ:「HOME4Uイエウール

人口が少ない都市の方にオススメの一括査定サイト

大手の不動産会社は都心に強いですが、地方や郊外では対応できない場合があります。

特に「すまいValue」を使って依頼できる最大手の不動産会社は地方や郊外は対応していない可能性があります。

地方や郊外の方は「HOME4Uイエウール」を併用するといいでしょう。

最大手の不動産会社に依頼できるのは「すまいValue」だけ

すまいValue

すまいValue

すまいValueは国内最大手6社(三井のリハウス、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、小田急不動産、野村の仲介plus)が共同で運営する一括査定サービス。

強力な販売ネットワークとノウハウを持っていますし、営業担当者の質も全体によいので、確実に依頼はしたいところ。

ただし、お伝えした通り大手は両手仲介の可能性が高いです。

対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおきましょう。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

NTTグループが運営の安心実績「HOME4U」

HOME4U

HOME4U

2001年から運営と最も長い、一括査定の老舗。

運営がNTTデータグループという安心感は抜群で、個人情報保護やセキュリティ対策などの技術力も信頼できます。

参加している不動産会社は、大手から中堅・地元密着まで約1,300社。

イエウールの1,900社と比べると1,300社で少なめに見えますが、厳しい審査を通過した不動産会社だけが参加しているというのが売りです。

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

参加不動産会数No.1の「イエウール」

イエウール

イエウール

参加している不動産会社は大手、中堅、地元密着型まで約1,900社と最多。

つまり一番不動産会社が見つかる可能性が高いということです。

サイト運営の歴史は比較的浅いですが、利用者も多く、安心して利用できます。

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

投資用物件に強い「リガイド」

リガイド

リガイド

旧「SBI不動産一括査定」というサイトで、「HOME4U」の次に運営が長い老舗サイト。

入力はYahoo!やFacebookから情報を引き継ぐこともでき、入力しやすいフォームです。

最大10社まで一括で査定依頼できるので、効率良く多数の会社に査定依頼したい人にも向いています。

HOME4Uなどと比べると600社で少なめに見えますが、独自審査を通過した優良不動産会社というのが売りです。

また、投資用物件にも強く、資産の組み換えも相談できます。

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

まとめ

家やマンションを売る理由と、その際の査定額、売却期間への影響についてお伝えしました。

「なぜその物件を売るのか」という理由は、売り手だけではなく、買い手にとってもとても大切な情報です。

家やマンションを売りに出す方は、そういった買い手の側にも立って、売却理由や告知情報を提示しておいた方が、成約にもつながるでしょうし、不当に成約額を下げられる、ということも無くなってくるでしょう。

不動産に限らず、売買というのは「信頼関係」があって初めて成り立ちます。

家やマンションの売買の際は、売り手と買い手が直接顔を合わせてコミュニケーションをとる、というケースはそうそうありませんが、それでも売り手の状況であったり、誠意というのは不動産仲介の担当を通して買い手に伝わるものです。

そして、今まで住んでいた家やマンションは、少なからずの愛着や気に入っているところもあることでしょう。

変な小細工に走ろうとせず、そんな売り手の想いをしっかり、仲介の担当を通して、買い手に伝えていく、そんなコミュニケーションが一番大切だと、私は思います。

家の売買は人生の中でも特に大きなライフイベントのひとつです。

あなたが家の売買を実施するとき、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています。

以上「家を売る理由って正直に伝えるべき?高額売却に繋がる売却理由ってある?」でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA