不動産一括査定の評判・口コミはどうなの?不動産屋の本音から見た注意点

不動産一括査定の評判・口コミはどうなの?不動産屋の本音から見た注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産一括査定の評判・口コミはどうなの?不動産屋の本音から見た注意点 不動産一括査定の評判・口コミはどうなの?不動産屋の本音から見た注意点

インターネットが普及してきたから急拡大しているサービスがあります。

それが「一括査定」と呼ばれるサービス。

業界は不動産に限らず、中古車や引越しなど様々な業界であります。

ただし、同じ「一括査定」でも業界により利用者の評判は異なります。

そこで今回は不動産一括査定に着目して、不動産屋から見た本音の口コミを見ていきたいと思います。

1.不動産一括査定サイトとは

まず最初に不動産一括査定サイトについては説明します。

既にご存知の方は読み飛ばしてください。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

運営会社と登録企業の2つがある

不動産一括査定サイトには、「運営会社」と「登録企業」の2つが存在。

  • 運営会社とは、不動産一括査定サイトを運営している会社
  • 登録企業とは、実際に査定を行う不動産会社であり、全国の不動産会社

一括査定サイトは、サイトが査定をするのではなく、そこに登録されている不動産会社が机上査定や訪問査定をしてくれるサービスです。

一括査定サイトはあくまでも取り次ぎ役

運営会社はあくまでも不動産会社への取り次ぎ役を果たしているだけであり、複数の不動産会社への査定依頼を効率化している役割を果たしています。

不動産一括査定の仕組み

不動産一括査定の仕組み

また、査定の依頼者は、一括査定サイトを利用しても必ず無料。

無料の理由は、運営会社は査定に参加する登録企業から査定の度に1万円程度の査定参加料を受領する仕組みだから。

不動産一括査定の情報やお金の流れ

  • 運営会社は、売主の情報を登録企業に売っている
  • 査定に参加する不動産会社は、売主情報を運営会社から買っている

不動産一括査定の情報やお金の流れ

不動産一括査定の情報やお金の流れ

不動産会社からすると、お金を払えば売主情報がもらえるため、営業の手間が省けます。

「お宅の不動産売りませんか?」と営業かけても、「ハイ、売ります」と答える人はまずいません。

よって、売主を見つける営業は、不動産会社にとっては非常に効率が悪い仕事。

一括査定サイトは、その効率の悪い営業を代行してくれる役割があることから、不動産会社はお金を払ってでも査定に参加するようになっています。

2.不動産一括査定の評判や口コミ

インターネット上の評判(Yahoo知恵袋)には、以下のような書き込みもあります。

不動産査定会社のイエウールとかイエイとかスマイスターで査定頼んだから、知らない不動産会社100社くらいに個人情報バラ撒かれて電話かかりまくってくるんですけど、これやばくないですか?

不動産会社の知り合いに聞いたら、イエイとかスマイスターって入力された個人情報を1万円で不動産会社に売り飛ばしてるみたいですけど、査定画面にそんなこと書かれてないですよね?

 無料査定とかで個人情報入力させて、その個人情報1万円で勝手に不動産会社に売り飛ばすとか、ありえないですよね?

 不動産査定会社のイエウールとかイエイとかスマイスターで査定頼んだ人、個人情報勝手に売り飛ばされてますよ。

 本当怖いですよね。個人情報バラ撒かれて不安です。大丈夫なんですかね?これ。

※出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12184631397

100社に売り飛ばすことはしておりませんが、個人情報を1万円程度で売っているのは確かです。

書き込みのあるサイトは不動産会社の間ではあまり評判は良くないサイトです。

不動産会社に勤務しています。

イエウールは信用できる括査定サイトです。ほぼほとんどの不動産会社がどこかの査定サイトに加盟しています。
以前は、実際に家に訪問して査定なので電話アポのためいろんな業者から電話がたくさんあったのですが、
現代ではネットが発達し、情報を瞬時に送れるようになりました。
それによりイエウールのように机上査定に必要な情報を60秒ほどで入力するだけで、その地域の対象となる不動産業者に一斉査定で一番高く買い取ってくれる不動産業者が分かるようになりました。

メールだけで複数の不動産業者から査定額を取り寄せることができますので、物件の相場観をつかめたり、どこの不動産屋さんに頼むか決める参考資料として活用したりできます。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13218650783

1、なんという名前のサービスを使いましたか?
→リビンマッチ、イエウール

2、どのような物件を査定しましたか?
→自己所有の戸建て、親族所有の戸建て

3、査定はどのように進みましたか?
(できるだけ具体的にお願いします)
→まず、登録受け付けたメールが来る。
→しばらくしたら、いくつかの業者からメールが。そこに物件の具体的な記入欄がある。
→その段階で簡易鑑定を出す業者もある。
→電話をしてきて、もっと詳しく聞いてくる業者もある。
→かなり詳細な立派な鑑定書を出す業者もある。

4、査定額に差が出るというのは本当でしたか?
→それほど大きな差はなかった

5、契約を結ぶ業者の決め手はなんでしたか?
→まだしてないが、選ぶなら詳細な鑑定をした業者を第一に考える。

6、使ってみてよかったと思っていますか?
→まだ、心積もりに参考にという時期だが、大体の把握が出来た。しつこい勧誘はなかった。恐れることはないから、利用すれば良いと思う。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13218632358

一括査定を申し込んだら電話がしつこいという評判をたまに見受けられます。

実際のところはそこまでしつこい電話はありません。

ただし、売買金額が高い不動産は、不動産屋にとってみると、おいしい案件になるため、しつこい営業を受けることがあります。

3.不動産屋から見た不動産一括査定の本音

不動産屋の本音から見た一括査定サイトについて解説します。

サクラの多い一括査定サイトには登録したくない

不動産屋のところには、様々な一括査定サイトから「登録企業になりませんか?」という営業電話がかかってきます。

一括査定サイトの運営会社からすると、直接お金を払ってくれるお客様は不動産会社なので、なんとかして登録してくれる不動産会社を増やしたいわけです。

運営会社の営業マンが、不動産会社の規模の大小問わず営業してきます。

もはや一括査定サイトの存在を知らない不動産会社はいないと思われます。

一括査定サイトに登録していない不動産会社も数多くある

一括査定サイトには登録していない不動産会社も多くいます。

理由としては、「そんなもんにお金を払うのは嫌だ」と思っている不動産会社が大半だから。

従来から、売買仲介の顧客を自力で開拓できるような不動産会社は登録していません。

また、一括査定サイトに嫌悪感を抱いている不動産会社も登録していないです。

一方で、一括査定サイトを使って上手く売上アップしている不動会社も出てきているため、柔軟な発想をする不動産会社は一括査定サイトに登録し始めています。

時代の流れもあり、実力のある不動産会社でも一括査定サイトに登録する企業が徐々に増えてきまいた。

不動産会社はどこの一括査定に登録するのかを選択している

次に不動産会社の間で話題になるのが、「どこの一括査定サイトに登録すべきか」という点です。

査定を依頼する利用者も一括査定サイトを選びますが、不動産会社も登録すべき一括査定サイトを選んでいます。

まともな不動産会社ほど、きちんとした一括査定サイトに登録しています。

利用者は不動産会社に選ばれる一括査定サイトを利用することが必要です。

不動産会社が登録したがらない括査定サイトは、「査定依頼のサクラが多いと噂されているサイト」

売るつもりもない人が査定依頼すると、不動産会社は査定参加料を丸損することになります。

「○○○○○はサクラが多い」といった話は不動産会社の間で既に広まっており、そのサイトは悪徳業者が紛れ込んでいますので、使わない方が良いです。

具体的なサイト名は伏せますが、やたらと登録企業が多いサイトは怪しいと思ってください。

登録企業数は必ずしも一括査定サイトを選ぶ物差しではないので、1,000社程度が登録されていればそれで十分といえます。

空振りより一般媒介の方がマシ

不動産会社からすると、一括査定の度に毎回1万円程度を支払うため、コストが掛かっています。

査定を提出して毎回空振りするよりは、一般媒介で依頼してくれた方がマシです。

不動産の媒介契約(仲介の契約のこと)には、「一般媒介契約」、「専任媒介契約」、「専属専任媒介契約」の3種類があります。

媒介契約の種類の主な特徴は以下の通りです。

媒介契約の種類の主な特徴をまとめると以下の通り。

特徴一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他業者への依頼重ねて依頼ができる重ねての依頼ができない重ねての依頼ができない
自己発見取引 (自分で買主を見つけること)認められる認められる認められない
制約に向けての不動産会社の義務努力義務積極的努力義務積極的努力義務
不動産会社の業務処理状況の報告義務特になし2週間に1回以上の報告1週間に1回以上の報告
レインズへの登録特になし契約締結日の翌日から7日以内に登録契約締結日の翌日から5日以内に登録
有効期間法的な規定なし3ヶ月3ヶ月

専任媒介または専属専任媒介(以下、「専任媒介等」と略)は、一社にしか不動産売却を依頼することができない契約。

専任媒介等であれば、不動産会社は案件を独占できるため、通常であれば一般媒介で依頼されるよりも専任媒介等で依頼される方が不動産会社は嬉しいです。

不動産会社の営業マンは、新人の頃から専任媒介等を取ることが偉いと叩き込まれていますので、条件反射的に専任媒介等を取りたがります。

もちろん、一括査定サイトでも専任媒介等をもらえればうれしいですが、何も契約を取れないよりは一般媒介で契約してくれた方が嬉しいのです。

専任媒介等は、不動産会社に報告義務等が発生し、業務が多少面倒臭くなります。

そのため、業務負担の軽い一般媒介で仕事をもらっても、担当者レベルだと全然嫌がっていません。

一括査定サイトは高い査定額になりがち

一括査定サイトで他社に勝って契約を取ろうとすると、「売れるはずのない嘘の査定価格」を出さざるを得ないため、まともな不動産会社はハッキリいって嫌なのです。

適正価格のゾーン

適正価格のゾーン

まともな不動産会社は、売主に過度の期待を持たせるような査定価格を出さないのが通常。

高過ぎる価格を出して売れなかった場合、お客様を大変がっかりさせてしまうからです。

そのため、査定価格を競争させられる一括査定サイトのことを良く思っていない不動産会社は多いです。

高過ぎる査定価格はお客様を裏切る行為であり、それを助長する仕組みが一括査定サイトにあるからです。

一括査定サイトを利用する人は、査定価格を競争させること自体、あまり意味のないことだと理解しておいた方が良いでしょう。

4.不動産一括査定サイトの選び方

利用者からすると、不動産一括査定サイトは、「良い不動産会社が登録されていること」と「サポート体制が充実していること」の2つの観点から選ぶべきです。

「良い不動産会社が登録されていること」というのは、なかなか分からないと思いますが、パッと見る限り「HOME4U」と「リガイド」そして「すまいValue」の3つは大丈夫だと思われます。

「すまいValue」は、三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブル、小田急不動産、野村の仲介+、三菱地所ハウスネットの6社が組んで運営している一括査定サイト。

「すまいValue」なら超大手6社の不動産会社だけですので良い不動産会社が登録されているという点に関しては問題ありません。

ただし、大手は両手仲介に持ち込もうとする不動産会社が多い傾向なので、割り切って使うことをオススメします。

両手仲介とは、1つの不動産会社が売主と買主の双方を結び付け、両者から仲介手数料を受領する仲介のこと

両手仲介については下記記事でさらに詳しく説明しています。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

「サポート体制が充実していること」に関しては、電話によるサポート体制が整っているサイトの方が良いです。

電話であれば、トラブルが発生したときにすぐに対応してもらえますし、要望もきちんと伝えることができます。

HOME4U」であれば、何かあった時のサポート問い合わせが設けられています。

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

5.不動産屋が良いと思う一括査定サイト3選

不動産屋が良いと思う一括査定サイトは、運営会社がしっかりしている会社です。

利用者にとっても運営会社がしっかりしていることは重要だと思います。

特に不動産会社に評価されているサイトは、以下の2つです。

不動産会社に評価されている一括査定サイト2選

  1. HOME4U
  2. リガイド
  3. すまいValue

HOME4U

HOME4U」は運営会社が株式会社NTTデータスマートソーシングなので、不動産会社も安心して登録することができます。

「HOME4U」には有名な大手不動産会社や信託銀行系の不動産会社も多く登録。

登録企業の質が他の一括査定サイトよりも群を抜いて高く、まともな不動産会社ばかりです。

運営会社がNTTグループなので、当たり前と言えばそれまでですが、不動産会社からの信頼は厚く、自然と良い会社が集まっています。

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

リガイド

2つ目の「リガイド」も不動産会社の中では信頼の厚いサイト。

リガイドは株式会社ウェイブダッシュという会社が運営していますが、元々不動産会社であったため、不動産のことを良く分かっており信頼されているサイトです。

一括査定サイトの運営歴は「HOME4U」が一番長い(2001年から運営)ですが、「リガイド」はその次に長く、実績のあるサイトとなっています。

運用歴が長い割に、登録企業数は700社と少なめです。

まともなサイトなので、不動産会社を厳選しており、悪徳業者はしっかりと排除しているのでこのような数値となっています。

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

すまいValue

前述した通り「すまいValue」は三井のリハウス、住友不動産、東急リバブルなどの超大手6社のみが参加している一括査定サイト。

すまいValueに参加している超大手不動産会社6社は、「HOME4U」「リガイド」には参加しておりません。

正確に言うと参加させてもらえません。

ただし、不動産を売る立場で考えてみると、確かに超大手6社は知名度もあり買主も多く抱えていることから売りやすいのは間違いありません。

都心部や人口の多い都市などでは、「すまいValue」は正直外せない一括査定です。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

6.まとめ

「不動産一括査定の評判」について解説してきました。

不動産一括査定サイトは、不動産会社の間でも評判の良否があります。

利用者も不動産会社に評判の良いサイトを使った方が安全ですので、安心できる一括査定サイトと利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA