不動産売却すると住民税が増えるの?どういうときに増えるか解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一見すると無関係なように思えますが、家を売却すると翌年の住民税が増える場合があります。

増える場合もありますが、増えない場合もあります。

不動産売却の住民税について知りたい人の悩み

  • 「不動産売却と住民税は関係あるの?」
  • 「なぜ不動産売却をすると住民税が増えるの?」
  • 「うちの家は売却したら住民税は増えるの?」

そこでこの記事では、「不動産売却時にかかる住民税」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、不動産売却時に住民税が増える場合について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

1.住民税とは

住民税とは、都道府県および市町村に収める県民税と市町村民税を合算した税金のこと

サラリーマンであれば、毎月給与の中から天引きされている税金です。

税率は標準税率が10%となっています。

所得税は当該年の所得に対して計算されますが、住民税は前年の所得に対して税率がかかるという特徴があります。

会社を辞めて収入がなくなると、所得税は軽くなりますが、住民税は前年の所得に対してかかるので、住民税だけ重いという現象が発生します。

住民税の金額は、前年の所得に応じで決まるとういことを知っておきましょう。

以上、ここまで住民税について見てきました。

では、不動産売却によって発生する税金にはどのようなものがあるのでしょうか。

そこで次に、不動産売却で発生する税金について解説いたします。

2.不動産売却で発生する税金は2つ

不動産は、買ったとき、持っているとき、売ったときに税金が発生すると言われています。

不動産を買ったときに発生するのは、不動産取得税と登録免許税です。

不動産を持っているときに発生するのは、固定資産税および都市計画税になります。

では、不動産を売却したときは、「不動産売却税」というネーミングの税金があるかというと、そのような税金はありません。

不動産を売却したときに発生する税金は、「所得税(復興特別所得税も含む)」と「住民税」の2つになります。

所得税や住民税は、所得のある人なら普段から払っている税金です。

不動産の売却時は、特別な税金が発生するわけではなく、所得税や住民税が1年だけ増えるということになります。

所得税や住民税は所得に応じてその金額が決まります。

ここで個人の所得には、給与所得、不動産所得、譲渡所得、事業所得、山林所得、退職所得、利子所得、配当所得、一時所得、雑所得の10種類の所得があります。

サラリーマンであれば、会社からもらっている給料は給与所得に該当します。

不動産を売却した時に発生する所得は「譲渡所得」

不動産を売却したときに発生する所得は、譲渡所得になります。

不動産を売却したときは、給与所得の他に譲渡所得が発生するため、給与所得と譲渡所得を1年間に得た所得として確定する必要があります。

この全ての所得を申告する手続きを確定申告と呼びます。

サラリーマンは、会社が給与所得を申告し、所得税及び住民税が天引きされているため、普段は確定申告を行っていません。

しかしながら、不動産を売却した年は、会社が把握していない譲渡所得が発生した場合は、確定申告をする必要が出てきます。

確定申告をすることによって、給与所得と譲渡所得を合わせたトータルの所得が税務署に把握され、所得税および住民税が課税されることになります。

以上、ここまで不動産売却で発生する税金について見てきました。

では、売却時に発生する「譲渡所得」とは何なのでしょうか。

そこで次に、譲渡所得について解説いたします。

3.譲渡所得の計算方法と特別控除

譲渡所得の計算式とポイント

譲渡所得とは、以下の式で計算される所得となります。

譲渡所得 = 譲渡価額 - 取得費 - 譲渡費用

※譲渡価額とは売却額です。
※取得費とは土地は購入価額、建物は購入価額から減価償却費を控除した額となります。
※譲渡費用は仲介手数料等の売却に要した費用です。

譲渡所得のポイントは、以下の2点です。

  1. 譲渡所得イコール売却額ではないこと
  2. 譲渡所得はマイナスとなる場合もあること

まず、譲渡所得は単純に売却額ではないということがポイントです。

譲渡価額から、取得費と譲渡費用を引かなければなりません。

取得費に関しても、建物がある場合、減価償却という面倒な計算が発生します。

購入額も、土地価格と建物価格に分け、建物価格だけ減価償却を行い合算する必要があります。

残念ながら、譲渡所得はパッと計算できるものではありません。

譲渡所得はマイナスになる場合もある

次に、譲渡所得はマイナスとなる場合があることもポイントです。

バブル時代に購入したような高い土地は、譲渡価額よりも取得費の方が高くなることが多いため、計算すると譲渡所得がマイナスとなります。

譲渡所得がマイナスとなった場合には、譲渡所得はゼロと計算されます。

譲渡所得がゼロとなれば、所得税および住民税は増えないということになります。

また、譲渡所得がゼロの場合、そもそも給与所得に加算する所得がないため、確定申告も不要です。

つまり、譲渡所得がゼロ(マイナスの場合もゼロ)の場合には、特段所得が増えないため、住民税は増えないということになります。

取得費が不明の場合

ここで、相続で引き継いだ古い土地などは、取得費が分からないようなケースも存在します。

取得費が分からない場合には、概算取得費というものを用います。

概算取得費は譲渡価額の5%となります。

概算取得費を用いると、計算される譲渡所得が大きくなります。

そのため、課税される住民税や所得税も増額されることになります。

不動産売却で住民税を増やさないようにするには、取得費が分かることが何よりも重要なポイントとなってきます。

特に、相続で引き継いだ家や土地を売るようなケースでは、親が購入したときの売買契約書が残っていないかどうかを探すことが、とても重要な作業です。

不動産を売却する場合には、購入時の売買契約書が残っていないかどうかを必ず確認するようにしましょう。

マイホーム売却なら使える3,000万円特別控除

居住用財産と呼ばれるマイホームを売却する場合、3,000万円特別控除と呼ばれる特例を適用できます。

居住用財産とは、以下のいずれかの要件にあてはまるマイホームのことを指します。

居住用財産の要件

  • 1.現に居住している家屋やその家屋と共に譲渡する敷地の譲渡の場合
  • 2.転居してから3年後の12月31日までに、居住していた家屋やその家屋と共に譲渡するする敷地の譲渡の場合(この間に貸付や事業用に供していても適用となる)
  • 3.災害などにより居住していた家屋が滅失した時は、災害のあった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、その敷地だけ譲渡する場合
  • 4.転居後に家屋を取り壊した場合には、転居してから3年後の12月31日までか、取壊し後1年以内か、いずれか早い日までに譲渡する場合(取壊し後にその敷地を貸し付けたり、事業の用に供したりすると適用外となる)

※出典:国税庁「No.3302?マイホームを売ったときの特例」より

3,000万円特別控除の特例を適用すると、譲渡所得は以下ように3,000万円が減額されます。

譲渡所得 = 譲渡価額 - 取得費 - 譲渡費用 - 3,000万円

3,000万円特別控除を利用した結果、譲渡所得がマイナスになるようであれば譲渡所得がゼロとなるため、住民税および所得税は発生しません。

ただし、3,000万円特別控除の特例を使うために、確定申告は必要となります。

尚、買い替え・住み替えを行う際、購入物件で住宅ローン控除を利用する場合は、3,000万円特別控除は利用できません。

「3,000万円特別控除」と「住宅ローン控除」はいずれか一方の選択適用となります。

基本的には、「住宅ローン控除」の方が節税額は大きくなることが多いため、「3,000万円特別控除」は捨てて、「住宅ローン控除」を利用します。

住宅ローン控除については下記記事で詳しく解説しています。

3,000万円特別控除を使えずに、譲渡所得が発生してしまった場合には、翌年の1年間は住民税が高くなることは我慢する必要があります。

3,000万円特別控除については下記記事でさらに詳しく解説しています。

以上、ここまで譲渡所得について見てきました。

では、住民税の税率はどれくらいになるのでしょうか。

そこで次に、税率と分離課税について解説いたします。

4.譲渡所得税と住民税の税率と分離課税

住民税および所得税は、譲渡所得に税率を乗じて計算されます。

住民税および所得税 = 譲渡所得 × 税率

譲渡所得にかかる住民税の税率は、所有期間によって決まります。

所有期間は5年以下であれば短期譲渡所得、5年超であれば長期譲渡所得と呼ばれています。

それぞれの税率は以下の通りです。

所有期間 所得税 住民税 合計税率
短期譲渡所得 30% 9% 39%
長期譲渡所得 15% 5% 20%

長期譲渡所得であれば、住民税は譲渡所得に対して5%を乗じたものになります。

通常、所得税は所得が上がるほど税率が上がる累進課税制度を採用していますが、譲渡所得に関しては累進課税の対象に含みません。

譲渡所得は金額が大きくなる可能性があり、累進課税を適用してしまうと、1年だけ所得税と住民税が急激に増えてしまうことがあるためです。

そこで、譲渡所得にかかる住民税と所得税は、給与所得とは合算せず、譲渡所得だけに税率を乗じて計算することになります。

このような計算方法を分離課税と呼びます。

確定申告では、給与所得と譲渡所得を併せて申告しますが、これらは合算されて税金が計算されるわけではありません。

給与所得に対しては今まで通り所得税及び住民税が計算され、別途、譲渡所得に対して所得税及び住民税が計算されることになります。

所有期間が10年を超えた家は軽減税率の特例も受けられる

尚、所有期間が10年を超えた居住用財産は、3,000万円特別控除に加えて「所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例」も適用することができます。

所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の所得税及び住民税の税率は以下のようになります。

課税譲渡所得金額 所得税 住民税 合計税率
3,000万円特別控除後の譲渡所得のうち6,000万円以下の部分 10% 4% 14%
3,000万円特別控除後の譲渡所得のうち6,000万円超の部分 15% 5% 20%

住民税の税率は、最小で4%ということになります。

尚、「所有期間10年超の居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例」も「住宅ローン控除」とは併用できません。

購入物件で「住宅ローン控除」を使う場合には、所有期間が10年超でも税率は長期譲渡所得(住民税率は5%)のものとなります。

以上、ここまで税率と分離課税について見てきました。

では、住民税はいつ課税されるのでしょうか。

そこで次に、住民税の課税のタイミングについて解説いたします。

5.住民税の課税のタイミング

まず、確定申告は売却した翌年の2月16日から3月15日までの間に行います。

そのため、住民税の課税のタイミングは、売却した年の翌年になります。

サラリーマンの場合、毎月の給与から住民税が天引きされます。

このように住民税が天引きされる形の徴収を「特別徴収」と呼びます。

特別徴収の場合、住民税は会社が計算してくれます。

一方で、給与天引きされず、納付書にて支払う方式を「普通徴収」と呼びます。

普通徴収の場合には、売却した翌年の5月以降に市役所等から納税通知書が送付されます。

納付は、6月・8月・10月および翌年の1月の4回、または、1回納付となります。

6.まとめ

以上、不動産売却すると住民税がどういうときに増えるか解説してきました。

不動産を売却すると、住民税は譲渡所得が発生した場合は、増えることになります。

居住用財産の売却の場合には、特例を利用できるケースもありますので、要件を十分に確認するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
Notify of