不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

路線価とは?相続税・固定資産税路線価の見方から計算方法まで詳しく解説!

公開日:
更新日:

 

「今年の『路線価』日本一は銀座の●●となり、1平方メートル当たりの価格は●●●●万円で──」

毎年7月から8月にかけて、よく上記のようなニュースが流れるのを目にしますよね。

さて、ここで言われている「路線価」がどういうものかというと、相続や贈与などで土地の価格を設定する際に目安として使われるものです。そして更には、土地売買の相場を調べる際にも活用されます。

今回は、この「路線価」について、詳しくお話していきたいと思います。

これから一戸建てや土地を売却または購入されようとしている方や、相続や贈与を控えていて、「路線価っていったいどういうもの?」「よく聞くけど、今一つ分かっていなかった」という方は、是非ご覧ください。

適正な土地価格も不動産階にお任せ!
HOME4Uの一括査定なら一気に査定相談できる!

路線価とは

路線価の概要

路線価とは、「道路に面した標準的な宅地1平方メートルあたりの土地の評価額」を指します。

路線価はいわば道路に付けられた価格です。ですが、あなたの土地や家は道路の上にある訳ではないので、「道路に面した」という表記のある通り、「その土地がどの道路に面しているか」を見て、それを元に土地の相場を見出していきます。

なぜ路線価が使われるのか?

土地の取引の際には、当然ながらその土地の「価格」が設定されます。

ではその価格は何を基準に設定されるかというと、多くの方は「相場」と答えられるでしょう。

ですが、その「相場」自体はどうやって決まるかというと、意外に売主や買主の意図──つまり、やや「主観的」な価格感に大きく作用されてしまうことも少なくないのです。

その際に、実際の価格が客観的なものというよりも主観的なもので決まってしまわない(どちらか一方が不利な価格設定にならない)ように、目安として扱われるのが「路線価」なのです。

路線価と地価公示額について

上記のような「客観的な価格の目安」として扱われるもので、「路線価」の他に「地価公示額」というものもあります。こちらは、国土交通省が毎年3月に公示する土地の価格のことで、土地の価格相場を知るうえでは今現在「最も精度が高い価格」と言われています。

ですが、地価公示価格の難点として、「日本全国すべての土地に対して公示されていない」ということが挙げられます。つまり、「自分の土地は公示地域の対象外だった」という場合は、地価公示価格からは客観的な価格の目安をつけられないということですね。

その点「路線価」は日本ほぼすべての道路(公道)に価格が設定されていますので、「自分の土地は路線価の対象外だった」ということはまずありません。そこが、「路線価」を見ていく上でのメリットのひとつとも言えるでしょう。

路線価には、「相続税路線価」と「固定資産税路線価」の二種類がある?

路線価についてもう少し詳しく見ていきましょう。

路線価には、「相続税路線価」「固定資産税路線価」の二種類があります。

相続税路線価とは

「相続税路線価」とは、相続税や贈与税を算出する際に、基準とされる土地評価額です。毎年7月に、国税庁(税務署)によってその年の1月1日時点の価格が公表されます。

ちなみに、一般的に「路線価」と省略されて使われる場合は、この相続税路線価を指すことが多いです。

「土地の相続や贈与の際に価格を設定する必要がある」という場合は、こちらの「相続税路線価」を参照にする、ということですね。

また、「相続税路線価」の価格は、前述の「地価公示額」の価格の8割(80%)程度をめどに設定されます。

固定資産税路線価とは

「固定資産税路線価」とは、固定資産税を算出する際に、基準とされる土地評価額です。

こちらは市区町村(東京都区部では東京都知事)によって定められていきます。かつ、価格は毎年更新ではなく、原則として3年に1回のペースで見直されています。

「新しく一戸建てや土地を購入する前に、その土地の固定資産税がどれくらいになるか確認したい」という場合は、こちらの「固定資産税路線価」を参照にします。

「固定資産税路線価」の価格は、前述の「地価公示額」の価格の7割(70%)程度をめどに設定されます。

相続税路線価と固定資産税路線価の比較