50坪でも諦めない!可能性はたくさんある50坪土地活用を成功させる秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的な戸建て住宅の坪数は、50坪前後のものがよく見られます。

持っている戸建て住宅の敷地で、なにか土地活用はできるのでしょうか。

50坪の土地活用を考えている人の悩み

  • 「50坪の土地には、どのような活用方法があるの?」
  • 「50坪だと、大した土地活用はできないのでは?」
  • 「50坪の土地活用はどのようにして決まるの?」

そこでこの記事では、「50坪の土地活用」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、50坪土地活用の可能性について知ることができます。

土地活用をするなら複数社からのプラン提案を見て学習
HOME4U土地活用なら無料で一気に複数社のプランを受けられる

1.「50坪」で考えられる土地活用

「50坪」というと、確かに微妙な土地の広さです。

狭小地ではないですし、大規模地でもありません。

アパートを建てるには少し小さいですし、ワンルームマンションを建てるにはかなり小さいです。

ただ、駐車場や野立て看板用地といった暫定利用をするには、少しもったいない規模の広さでもあります。

そのため、50坪で土地活用をするなら、しっかりと建物を建てて賃料を稼ぐような土地活用が効果的な選択肢となってきます。

50坪でできそうな土地活用というと、「住居系」の賃貸や、自分で運営もしていく「運営系」の活用、またはテナントに貸し出す「事業系」の活用が考えられます。

住居系、運営系、事業系の土地活用としては、50坪の規模だと以下のようなものがあります。

50坪で考えられる土地活用方法一覧

  • 【住居系】
    • 戸建賃貸
    • 狭小アパート
  • 【運営系】
    • シェアハウス
    • 民泊
    • コワーキングスペース
  • 【事業・店舗系】
    • デイサービス
    • 飲食店または喫茶店
    • 美容院またはネイルサロン
    • クリーニング取次店またはパン屋

住居系

住居系としては、「戸建賃貸」または「狭小アパート」になります。

戸建賃貸

50坪は戸建住宅用地としては最適な広さなので、戸建賃貸が最も自然な土地活用といえます。

戸建賃貸は賃貸ニーズが高いわりに供給が少ないため、結構、おススメです。

戸建賃貸の土地活用については下記記事で詳しく解説しています。

狭小アパート

50坪あれば、狭小アパートなら建築することもできます。

1Kタイプだと4戸くらいのアパートが建築できますので、小さいアパートも選択肢の一つです。

運営系

自分で運営も行う運営系の土地活用としては、「シェアハウス」、「民泊」、「コワーキングスペース」といったものがあります。

シャアハウス

50坪なら庭付きの戸建タイプのシェアハウスも建築することが可能です。

庭付きならガーデニングもできるため、他のシェアハウスとは差別化できます。

女性専用やシングルマザー専門、カフェ付き、留学生専門等のコンセプトを明確にしたシェアハウスを運営するのも一つです。

民泊

2018年6月より民泊が届出によって誰でも経営できるようになりました。

年間180日しか運営できませんが、田舎でアパートの賃貸需要がなく、かつ、周辺に観光資源があるようなエリアであれば効果的な活用です。

民泊には、家主居住型と家主不在型の2種類があります。

家主不在型とは、アパートなどのような賃貸物件でもできる形式の民泊です。

家主不在型なら遠隔地の土地でも民泊を行うことができます。

民泊については下記記事で詳しく解説しています。

コワーキングスペース

コワーキングスペースとは、事務所スペースや会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを提供する場

フリーランスの人たちを対象に、会費制でスペースを提供します。

フリーランスは日本では働く人の1割程度と言われています。

それに対してアメリカは3割程度がフリーランスです。

アメリカで起こっていることは、20年後には日本の常識となるため、今後日本もフリーランスが増えていくものと思われます。

今はインターネットの発達によって地方でもフリーランスが増えていますので、土地活用の選択肢としては、今後伸びる可能性はあります。

事業系

テナントに貸し出す事業系としては、「デイサービス」、「飲食店または喫茶店」、「美容院またはネイルサロン」、「クリーニング取次店・パン屋」などがあります。

デイサービス

デイサービスは通いを前提とした介護施設です。

建物としてはちょうど一戸建てのようなものなので、50坪程度の敷地があれば十分可能です。

老人ホームとなると、かなり大きな敷地が必要となりますが、デイサービスなら戸建の立つ広さがあれば建てることはできます。

立地も住宅地内にあれば良いので、駅から離れた住宅街でも可能性はあります。

飲食店または喫茶店

第2章で説明しますが、用途地域の中で第一種低層住居専用地域以外のエリアであれば、150㎡以内の店舗を建築することが可能です。

150㎡というと、坪数に換算すると45.375㎡となります。

飲食店や喫茶店は、店舗面積として20~30坪あれば十分ですので、50坪の敷地があると、結構立派な店舗を作ることができます。

立地によっては、飲食店や喫茶店は出店してくる可能性はありますので、選択肢にはなり得ます。

美容院またはネイルサロン

美容院またはネイルサロンも20~30坪の店舗面積があれ十分です。

美容院やネイルサロンは、商店街ではなく、住宅街でも出店している店舗もあります。

第一種低層住居専用地域以外の戸建住宅街であれば、建築可能な土地活用です。

クリーニング取次店またはパン屋

クリーニング取次店またはパン屋も小さな面積でも店舗を出すことが可能です。

ただし、美容院やネイルサロンよりは商店街のような繁華性のある立地を好みます。

土地が、店舗が数軒並んでいるような通りに面していれば、可能性としては十分あり得る選択肢です。

以上、ここまで「50坪」で考えられる土地活用について見てきました。

では、50坪ではどのような建物が建てられるのでしょうか。

そこで次に、坪数では決まらない建物用途について解説いたします。

2.坪数では決まらない建物用途

土地活用は土地の坪数だけで用途が決まるわけではありません。

土地活用は用途地域と賃貸需要の強さによって決まります。

用途は用途地域で制限される

土地は、好きな建物を自由に建てられるわけではありません。

土地には用途地域と呼ばれる建築可能な建物の規制があります。

用途地域には、以下の13種類があります。

13種類の用途地域一覧

  1. 第一種低層住居専用地域
  2. 第二種低層住居専用地域
  3. 田園住居地域
  4. 第一種中高層住居専用地域
  5. 第二種中高層住居専用地域
  6. 第一種住居地域
  7. 第二種住居地域
  8. 準住居地域
  9. 近隣商業地域
  10. 商業地域
  11. 準工業地域
  12. 工業地域
  13. 工業専用地域

用途規制が厳しい地域の中に、第一種低層住居専用地域があります。

第一種低層住居専用地域は、店舗を建築することができないため、前章で紹介した事業系の土地活用(デイサービスを除く)を行うことができません。

土地活用を行うにあたっては、自分の土地の用途地域を把握することが重要です。

用途は賃貸需要の強さで決まる

土地活用の用途は最終的に賃貸需要の強さで決まります。

用途地域は建築可能な用途を制限していますが、その用途の中の建物を建てたとしても、実際に借りてくれるかどうかは分かりません。

例えば、第二種低層住居専用地域では150㎡までの店舗を建築することができます。

用途地域としてはクリーニング店や美容院、飲食店等の土地活用が可能ですが、これらの建物を建てたところで借りてくれる人がいなければ意味がありません。

用途地域で建築可能な用途に加え、されに借主がいるという賃貸需要があってこそ、最終的に土地活用ができるかどうかが決まるのです。

賃貸需要の強さの確認は最終判断としてとても需要ですので、土地活用の決定に当たり意識しておきましょう。

以上、ここまで坪数では決まらない建物用途について見てきました。

では、50坪の土地活用の方法はどのように決めれば良いのでしょうか。

そこで次に、土地活用はプロに相談することについて解説いたします。

3.土地活用はプロに相談

土地活用はプロに相談するのが一番です。

土地活用では、建築の専門知識や賃貸需要の強さなど素人では判断のつかないことが多いです。

都市計画法や建築基準法の規制などは、不動産会社では分かりません。

その土地にどのような建物を建築できるかは、建築士でないと分からないことです。

一方で、賃貸需要の強さは建築士でも分かりません。

賃貸需要の強さは、普段、賃貸仲介をしている不動産会社でないと分からないことです。

では、土地活用は誰に聞けばわかるのかというと、それはハウスメーカーになります。

ハウスメーカーは、会社内に建築士が従業員としているので建築のことは分かります。

また、関連会社に不動産会社を持っていますので、賃貸需要についても熟知しています。

そのため、建築のことと賃貸需要のことが同時に分かるのは、ハウスメーカーだけということです。

もし、土地活用のことをハウスメーカー以外の人に聞こうとすると、建築士と不動産会社にそれぞれ聞くことになります。

不動産会社は無料で答えてくれるかもしれませんが、建築士に図面作成を依頼したら、間違いなく有料です。

ハウスメーカー以外で土地活用の可能性を探ろうとすると、手間もコストもかかります。

ところが、ハウスメーカーに土地活用相談をする場合、無料で対応してくれます。

図面はハウスメーカーの従業員に描かせていますので、タダですがきちんとしたものを描いてくれます。

しかも、今ではインターネットで土地活用のプランを複数のハウスメーカーから取得できる無料相談サービスがあります。

一括無料相談サービスを使えば、色々なハウスメーカーからプランを取り寄せることができますので、自分では想像もつかなかったベストなプランを手にすることができます。

自分であれこれ悩むよりは、複数のプランを無料で取り寄せた方が、早くて正確です。

土地活用のプランなら、ぜひ一括務相談サービスを使った、良い土地活用を見つけてみましょう。

中でもオススメなのは「HOME4U土地活用」です。

HOME4UはNTTグループが運営しており、ハウスメーカーも厳格に審査しています。

初心者の方でも安心して利用することができます。

3分で一気に提案が受けられる!HOME4U土地活用をチェック

※NTTグループが紹介会社を厳格に審査しており、安心して利用できます。

まとめ

以上、ここまで、50坪土地活用の可能性について見てきました。

一口に50坪といっても土地活用には色々な選択肢があります。

土地活用は用途地域や賃貸需要の強さなど、素人では分からないことが多いです。

何が建つかについては、一括無料相談サービスを使い、幅広くアイディアを集めた上で決めるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA