段階にあわせて考えるちょっと田舎からクソ田舎までの土地活用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとくちに「田舎」といっても、その状態は様々です。

田舎での土地活用は、「田舎」のレベルに合わせて考えなければなりません。

田舎の土地活用を考えている人の悩み

  • 「ウチは周りに農地しかないようなクソ田舎だけど、土地活用方法はある?」
  • 「車で10分走れば便利な場所に行ける田舎では、どんな土地活用が向いているの?」
  • 「クソ田舎じゃないけど、ちょっとした田舎の場合はどんな土地活用があるの?」

そこでこの記事では、「田舎での土地活用」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、田舎の段階に合わせて考える土地活用の方法について知ることができます。

土地活用をするなら複数社からのプラン提案を見て学習
HOME4U土地活用なら無料で一気に複数社のプランを受けられる

1.エリアで異なる土地活用のレベル

田舎という言葉は、極めて主観的であいまいな定義の言葉です。

北海道のクソ田舎なら誰しも田舎と感じるかもしれませんが、東京の練馬区の人に「ウチは田舎だから」と言われてもと疑問に感じる人は多いはずです。

確かに練馬区には大根を作っているようなところも残っていますので、港区や千代田区に比べれば田舎です。

しかしながら、北海道のクソ田舎から比べたら、大都会のはずです。

田舎というのは、本人の感じ方や、比較対象によっても変わるあいまいで相対的な概念といえます。

「田舎で土地活用できますか?」と聞かれても、「田舎の度合いによる」というのが答えです。

田舎は主観的な表現なので、土地活用をできる田舎もあれば、土地活用をできない田舎もあります。

土地活用は需要を把握することが必要条件

田舎の土地活用は、まずは自分の土地の田舎度合いから把握しなければなりません。

まず、土地活用というのは、基本的には建物を建て人に貸して賃料収入を得ることが基本です。

そのため、土地活用をするには借りたいという「賃貸需要」が存在することが必要条件となります。

賃貸需要は人口密度が高い都心部ほど高くなります。

人口密度が高い都心部は、土地や建物の価格が高いため、簡単に購入することができません。

それでも「住みたい」または「営業したい」等のニーズがあります。

購入できない人が「住みたい」または「営業したい」という希望を叶えるには、「借りる」ということになります。

賃貸需要は、基本的には不動産価格が高く、なおかつ、「住みたい」または「営業したい」というニーズがある都心部においてのみ発生

練馬区なんかは全国的に見れば十分都会ですので、田舎と感じていても土地活用は十分にできます。

一方で、田舎であっても「住みたい」または「営業したい」等のニーズは存在します。

ただし、田舎の場合は不動産価格が安いため、借りるより買った方が安いという判断が出てきます。

すると、賃貸需要よりも購入需要の方が高くなります。

購入需要は都心部でももちろん存在しますが、田舎でも存在します。

賃貸需要は狭い範囲でしか存在しませんが、購入需要は広い範囲で存在するため、田舎であっても売却ならできることは多いです。

貸せないけど売れる土地では、売却も一つの土地活用と捉えることも必要です。

さらに、もっとクソ田舎にもなると、「住みたい」または「営業したい」のニーズすらなくなります。

このような土地になると、貸すことも売ることも望むことができません。

貸すことも売ることもできない土地であれば、自分で利用することが土地活用となります。

自分で利用するということは、ある意味、本当の土地の活用といえます。

最終的には頭を使って、自分で土地を活用する覚悟も必要となってきます。

以上、ここまでエリアで異なる土地活用のレベルについて見てきました。

では、建物を建てたら何とか人に貸せる田舎ではどのような土地活用があるのでしょうか。

そこで次に、建物を建てて何とか人に貸せる田舎について解説いたします。

2.建物を建てて何とか人に貸せる田舎

田舎でも、建物を建てるとギリギリ人に貸せるエリアがあります。

このような田舎では、基本的にはアパートや戸建賃貸といった住居系の土地活用が中心となります。

田舎の場合、店舗の賃貸ニーズがほとんどありませんので、土地活用の中心となるのは住居系です。

ただし、田舎の土地でもロードサイド型の店舗が建つような広い土地であれば、コンビニの可能性もゼロではありません。

立地条件によっては、田舎でもコンビニなら出店します。

コンビニ適地であれば、コンビニの土地活用を行うのも一つです。

コンビニの土地活用については下記記事で詳しく記載しています。

また、田舎でも老人ホームなら貸せる場所もあります。

アパートは駅に近い土地が望ましいですが、老人ホームは必ずしも駅近である必要はありません。

老人ホームが出店するエリアは、バス停から徒歩5分圏内というのが一般的です。

立地としては、家族がたまに訪れて行ければ良いので、バス停から歩ける場所であれば、駅から離れていても借りてくれることはあります。

以上、ここまで建物を建てて何とか人に貸せる田舎について見てきました。

では、土地なら貸せる程度の田舎はどうすれば良いのでしょうか。

そこで次に、土地なら貸せる田舎について解説いたします。

3.土地なら貸せる田舎

建物を貸すことは難しくても、土地なら貸せる田舎はあります。

土地を貸すと言っても、駐車場や野立て看板用地といった一時使用貸借を前提とした土地の賃貸になります。

逆に、建物の所有を目的とした借地は、超都心部の一等地でしかできません。

借地事業は、土地の借主が自分のお金で建物を建てます。

借地人(土地を借りる人)は、建物を建てるという投資リスクを伴いますので、よほど良い立地でない限り、借地してまで建物を建てようとはしません。

ちなみに、東京の銀座などは借地が結構多いです。

底地(借地権の設定されえている土地)と建物所有者が異なっているケースが多く、地主は地代だけをもらっています。

借地事業は、土地所有者が建物投資を行わなくてもお金が入ってくるため、最も楽な土地活用です。

しかしながら、建物所有目的の借地による土地活用は、超都会でしかできないことになります。

一方で、田舎で出来る土地の賃貸は、駐車場や看板などの構築物のように建物の所有を目的としない借地です。

駐車場や野立て看板用地は、建物所有目的の借地と比べると、収益性がとても低いです。

一般的に、建物所有目的の借地は、地代が固定資産税の3倍程度となります。

それに対して、駐車場や野立て看板用地といった土地活用は、賃料が固定資産税を下回るケースもあります。

ただ、一応、収入は入ってくるため、やらないよりはやった方がマシ程度の土地活用になります。

賃貸需要のないエリアでは、建物を建ててしまうと全く貸せない可能性があり、建物投資に大きなリスクを伴います。

そのようなリスクを負うのであれば、収益性は低くても駐車場程度の土地活用に留めておいた方が賢明です。

建物投資のリスクが高いエリアでは、駐車場や野立て看板用地といった建物所有目的ではない土地の賃貸を考えてみましょう。

以上、ここまで土地なら貸せる田舎について見てきました。

では、売却ならできる田舎の土地活用はどうすれば良いのでしょうか。

そこで次に、売却ならできる田舎について解説いたします。

4.売却できるなら売却することが最大の土地活用

売却ならできる田舎の土地は、売却することをオススメします。

売却してしまったら終わりではないかとも考えがちですが、売却したお金でもっと良い場所の物件を購入すれば、活用は可能です。

例えば、田舎の土地でも売却して、都内のワンルームマンションに買い替えることはできます。

ワンルームマンションの1室なら都内の物件でも2,000万円前後で購入できる物件もあります。

田舎の土地を売却し、自己資金も追加すれば、十分に購入できる金額です。

立地の良い場所に買い替えることができれば、売却も一つの立派な土地活用です。

都心の物件に買い替えたら、周辺の賃貸需要も高いため、空室リスクも下げることができます。

田舎では無理に土地活用はせず、土地活用に適した場所で不動産投資をすることを是非オススメします。

売れるかどうか判断するために不動産会社に相談する

そもそも売れるかどうか判断するために不動産会社に相談しないことには始まりません。

ただし、田舎の土地に強い不動産会社は少ないです。

理由は儲からないから力を入れていないため。

つまり、不動産会社を何社か回って相談する必要があります。

ただ、メンドクサイ・・・

そんな時に便利なサービスが不動産一括査定です。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定を使うと、売却できるか気になる土地の情報を入れると不動産会社が自動的に出てきます。

ネットで3分ほどで申し込めるのでぜひ利用してみましょう。

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は3つ

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、18年の歴史を誇っています。

歴史がある分、利用者も多く累計35万人が利用。

それだけ、長く続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

※都心部の方は次に紹介する「すまいValue」も合わせて申し込みがオススメ。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦18年。安心、信頼感がある。
  • 累計30万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

【朗報】一都三県・大阪・兵庫なら「SREソニー不動産(※旧ソニー不動産)」も同時申し込みがオススメ

SRE不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「T_ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用。

エージェント制とは:両手仲介せず、売主の仲介に専念した制度のこと

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、SRE不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「成約価格の納得度」「顧客志向」「サービスの先進性」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

SRE不動産は、主要な一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※SRE不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県のみの対応となっています。

SRE不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 「成約価格の納得度」「顧客志向」「サービスの先進性」でNo.1
  • 安心のソニーグループが運営

SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイトをチェック

※安心のソニーグループ運営、両手仲介なしの売主特化

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に870店舗。年間の仲介成約数11万件以上!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%と安心感抜群

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

オススメ4.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,700社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「すまいValue」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,700社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

オススメ5.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

リガイドの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目HOME4UすまいValueイエウールリガイド
運営会社株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
すまいValue運営会社株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
上場未上場未上場未上場未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
2年
(2016年10月)
4年
(2014年)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
約1,300社大手6社のみ約1,700社約550社
査定可能な不動産・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

【まとめ】不動産一括査定サイトのオススメ

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

なかなか売れない土地を何とかして売る方法は下記記事でもさらに詳しく解説しています。

以上、ここまで売却ならできる田舎について見てきました。

では、貸せないし売れない田舎の場合、何か手はあるのでしょうか。

そこで次に、貸せない売れない田舎について解説いたします。

5.貸せない売れない田舎

貸せないし、売れない田舎の土地は、自分で活用するしかありません。

自分で活用する土地活用で、思い浮かびそうなのは太陽光発電ですが、太陽光発電は電気の買取価格が毎年下がっており、今では完全にオススメできない土地活用となっています。

一方で、田舎の土地でも観光地の場合は、民泊も可能性としてあります。

民泊は、半分、ホテル経営のようなものなので自分で行う活用の一つといえます。

民泊は、2018年6月より年間180日以内なら届出だけでできるとうになりました。

アパートのような家主不在型もありますので、自宅から離れた場所の土地であっても行うことはできます。

尚、家主不在型の民泊を行う場合、住宅宿泊管理業者に委託することが義務付けられています。

住宅宿泊管理業者は、不動産会社がなっていることが多いです。

国土交通省に登録されていますので、民泊を行う際は、住宅宿泊管理業者を探して管理を委託することになります。

ただし、民泊は年間の宿泊数が180日であるため、これから民泊を新築して行うには建物投資が重すぎてリスクが高いのは事実です。

もし、既にアパートや自宅を持っている場合には、まずはそれを民泊に変更することから始めることをオススメします。

既存建物で民泊をやってみて、やれそうな感覚を掴めれば、新築で民泊を建てても良いかもしれません。

民泊は、宿泊日数が180日であることから、収益性には限度があります。

近隣の民泊物件の稼働状況などを良く調査した上で行うことをオススメします。

民泊については下記記事で詳しく解説しています。

土地活用はプロにまず相談してみるのが手

土地活用はプロに相談するのが一番です。

土地活用では、建築の専門知識や賃貸需要の強さなど素人では判断のつかないことが多いです。

都市計画法や建築基準法の規制などは、不動産会社では分かりません。

その土地にどのような建物を建築できるかは、建築士でないと分からないことです。

一方で、賃貸需要の強さは建築士でも分かりません。

賃貸需要の強さは、普段、賃貸仲介をしている不動産会社でないと分からないことです。

では、土地活用は誰に聞けばわかるのかというと、それはハウスメーカーになります。

ハウスメーカーは、会社内に建築士が従業員としているので建築のことは分かります。

また、関連会社に不動産会社を持っていますので、賃貸需要についても熟知しています。

そのため、建築のことと賃貸需要のことが同時に分かるのは、ハウスメーカーだけということです。

もし、土地活用のことをハウスメーカー以外の人に聞こうとすると、建築士と不動産会社にそれぞれ聞くことになります。

不動産会社は無料で答えてくれるかもしれませんが、建築士に図面作成を依頼したら、間違いなく有料です。

ハウスメーカー以外で土地活用の可能性を探ろうとすると、手間もコストもかかります。

ところが、ハウスメーカーに土地活用相談をする場合、無料で対応してくれます。

図面はハウスメーカーの従業員に描かせていますので、タダですがきちんとしたものを描いてくれます。

しかも、今ではインターネットで土地活用のプランを複数のハウスメーカーから取得できる無料相談サービスがあります。

一括無料相談サービスを使えば、色々なハウスメーカーからプランを取り寄せることができますので、自分では想像もつかなかったベストなプランを手にすることができます。

自分であれこれ悩むよりは、複数のプランを無料で取り寄せた方が、早くて正確です。

土地活用のプランなら、ぜひ一括務相談サービスを使った、良い土地活用を見つけてみましょう。

中でもオススメなのは「HOME4U土地活用」です。

HOME4UはNTTグループが運営しており、ハウスメーカーも厳格に審査しています。

初心者の方でも安心して利用することができます。

3分で一気に提案が受けられる!HOME4U土地活用をチェック

※NTTグループが紹介会社を厳格に審査しており、安心して利用できます。

6.まとめ

以上、ここまで、田舎の段階に合わせて考える土地活用の方法について見てきました。

「田舎」はひとくくりにしてしまいがちですが、細かく見るとレベルは異なります。

田舎ということでひとまとめにしてしまうのではなく、実態に合わせて最適な土地活用を考えるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA