犬・猫ペットを飼ってるマンションを売却する時に絶対知っておきたい注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションの売却を検討されていて、かつそのマンションで「犬・猫といったペットを現在飼っている」という方も少なくないことでしょう。

近年ペットマンションの需要はどんどん増えてきてはいますが、売主側となったときに「ペットを飼っていた物件は、相場通りに売れるのか」「売れにくくなるということはないか」については、気になるところですよね。

そこで今回は、「犬・猫ペットを飼っている中古マンションを売却する時」にフォーカスを当てて、ポイントや注意点についてまとめてみました。

現在マンション住居で犬・猫のペットを飼っているという方は、是非ご覧ください。

ペットを飼ってい家を高く売るなら複数社に相談
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談

ペットを飼っていただけで「マンション価格が下がる」は間違い

吹き出しの画像
マンションを売却する時に、『ペットを飼っている』ことがわかってしまうと、売却価格が数百万円安くなると聞いたんだけれど…

たまに、このような心配をされる方がいらっしゃいますが、はじめに申し上げますと、ペットを飼っていただけで「マンション価格が下がる」というのは間違いです。

少なくとも不動産の仲介会社として働いている筆者は「ペットを飼っていたマンションだから評価が下げた」ということは一度もありません。

もちろん、ペットを飼っていた影響で部屋が汚れていた場合は、そのままになっていれば当然修繕費がかかりますので、その分は査定費や売却価格から差し引かれることになります。

とはいっても、床や壁の傷あとの修繕は、一か所につきおおよそ数千〜数万円ほどです。

相当たくさんの箇所に傷が残っている場合はそれなりの金額にもなりますが、それでも30万〜50万円でおさまることが殆どでしょう。

つまりは、犬や猫のペットを飼っていたからといって、査定額や売却価格が数百万円も下がってしまうことはまずないのです。

ペットを飼っている物件は売却額が下がるという仲介会社は信用できない

逆に、(明確な費用内訳も提示せずに)「ペットを飼っている物件は売却金額がかなり下がってしまいます」と言ってくるような不動産会社があったら、仲介パートナーとしては適切ではない可能性が高いです。

その場合は、複数の不動産会社にも相談をし、セカンド・オピニオンの確認を取ると同時に「この不動産会社だったら信頼できる」と安心感を持って頼める仲介先を探していくと良いでしょう。

後ほど紹介する不動産一括査定を使って複数社に相談するべきです。

ペットがつけた傷は、売却する前に補修やリフォームをした方が良い?

「どうせ売却価格から引かれるのなら、ペットがつけた傷はそのままでも良いんじゃない?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、これは必ずしもそうとは言い切れません。

例えば、壁一面が猫の爪とぎでボロボロになっていたとしたら、購入を検討しに内覧に来る買主の印象も少なからず悪くなってしまいますよね。

ペットが付けた傷が「はっきりわかる」「あからさまにわかってしまう」といったレベルの場合は、きちんと補修・修繕してから売却活動をする方が望ましいでしょう。

一方で、それほど気にならないレベルの傷でしたら、もしかしたら次に購入される買主の人もペットを飼う予定かもしれませんし、「わざわざ細かい傷まで修繕してもらうよりも、その修繕にかかる費用分を値引きしてもらった方がありがたい」と思う買主もいるでしょう。

このあたりは、買主(購入希望者)の意向も確認しながら、臨機応変に進めた方が確実でしょう。

筆者の考えは基本的にリフォームすることはオススメしていません。

リフォーム費用以上に売却額を上乗せできないことがほとんどだからです。

リフォームについての考えについては下記記事で詳しく解説しています。

ここまでは、犬・猫ペットの付けた「傷」についてお話ししましたが、「汚れ」については極力私たち売主側できれいにしておいた方が良いです。

ペットがつけた汚れのみならず、売却物件の「部屋の綺麗さ」は買主もとても良く見てきます。

「あまりきれいに部屋を扱ってなかったんだな」と思われてしまったら、必然的に購入意欲も衰退し、売却も決まりにくくなってしまうでしょう。

「ペット不可のマンションでペットを飼っていた」という場合

少し困ったケースとしては、「犬・猫のペット不可のマンションで、こっそり犬(または猫)を飼っていた・・・」というケース。

この場合、まずペットの付けた傷・汚れは完全にきれいにしておいた方が良いでしょう。

なぜなら買主(購入希望者)の方は、その物件でペットを飼うことは想定していない為、物件にある傷が「犬・猫によるもの」と分かった時の心象は著しく悪化するからです。

購入希望者の方が内覧に来た際に「この部屋はペットを飼っていた」ということが分かった時点で「この物件は無し」と烙印を押されてしまうこともあるでしょう。

そのようになる可能性を少しでも軽減する為に、犬・猫の付けた傷、汚れはしっかり落とす(修繕する)ようにしておいた方が良いでしょう。

だからといって、「ペットを飼っていたことを内緒にしましょう」と言っているわけではありません。

逆に、後々そのことが発覚した場合に損害賠償問題へと発展するリスクもありますので、「隠す」行為はしないほうが良いでしょう。

不動産会社の仲介担当にも買主にも、「犬・猫ペットを飼っていたこと」はオープンにしておいた方が無難ですし、最終的には安心・信頼感を与えることもあります。

大切なことは、「誠実に接していく」ということですね。

また、ペットを現在進行で飼っている方は、内覧時にも注意が必要です。

後ほど詳しく説明します。

特に注意すべき点は犬・猫の「匂い」

犬・猫のペットを飼っていたマンションを売却する時に、一番注意しておきたいのは「匂いです。

実際、私もペットを飼っている知人のマンションに伺うと、まず気になるのはペットの匂いです。

室内の換気があまりされておらず、やや空気がこもっているときは顕著にそれが感じられます。

怖いのは、そこに住んでいる人はその匂い自体に気づいていないことが殆どなのです。

実際、内覧に来られた購入希望者の方で、部屋の造りや間取りが気に入ったとしても、「匂いが気になった」という理由で購入を見送るケースは少なくありません。

また、マンションの売却は最終的に買主との価格交渉も入りますので、そういった意味では犬・猫を飼っていたマンションにおいて「匂い」が原因で売却価格が引き下げられる場合もあるでしょう。

比較的築年数の新しいマンションでは、部屋のクロス等で「消臭効果」のあるものを使用しているケースが多いのですが、築年数の経っているやや古めのマンションでは匂いも残りやすくなっていることが多いので注意が必要です。

不動産会社の訪問査定や内覧の前に、消臭対策はしっかり取っておくようにしましょう。

匂いの消えないマンションにとって「消臭リフォーム」は救世主になる?

あなたは、「消臭リフォーム」というものはご存知でしょうか。

これは、部屋にこびりついたペットの匂い他、たばこやカビの匂いを取り除く専用のリフォームを指します。

「消臭リフォーム」専用の業者さんもいて、現在では少なからずの需要があるようです。

実際消臭リフォームでどのようなことが行われているのかというと、以下の通りです。

消臭リフォームで行われること

  1. 匂いの染みついている、壁のクロスを張り替える
  2. クロスをはがした時に出る、コンクリート部分に付着している匂いも除去する

注意すべき点は、「1.クロス張り替え」だけでは、大体30%〜50%ほどしか匂いが除去できないということです。

「相当匂いがきつい」物件の場合は、「2.コンクリート部分に付着している臭いも除去する」の処理も行ったほうが安全でしょう。

気になる料金ですが、大体1㎡につき1,000〜3,000円程が相場となっています。

60㎡の物件でしたら、6万〜18万円になります。

一方で、前述のとおり部屋の匂いというものは「そこにすでに住んでいる住人」はなかかなか気づかないものです。

このあたりは、仲介に立つ不動産会社さんとも相談しつつ、実施の判断をされていくと良いでしょう。

ペットを飼っている人がマンションを売る際に注意したいポイント4点

続いては、ペットを飼っていたマンションを実際に売る際に、注意・準備したいポイントについてまとめていきます。

現在ペットを飼っている人がマンションを売る際に注意したいポイントは、以下の4点です。

ペットを飼っている人がマンションを売る際に注意したいポイント4点

  1. 犬・猫ペットの匂い対策
  2. 爪によるひっかき傷の修繕
  3. アレルギー・ノミ・ダニ対策
  4. 内覧時の対応対策

それぞれ見ていきましょう。

注意点1.犬・猫ペットの匂い対策

前述のとおり、犬・猫のペットを飼っていたマンションでまず気にしておきたいのが、「匂い」対策です。

「自分のマンションがどれだけペットの匂いがするかわからない」という方は、一度知人や友人をマンションに呼んで、匂いの感想(客観的意見)を確認すると良いでしょう。

「あまり解らない程度」という場合は、消臭スプレーや室内の換気で充分かもしれません。

「結構匂いがする」という場合は、一度匂いの元となっている部分をしっかり清掃してみて、それでも匂いが残るようでしたら消臭リフォームも検討されると良いでしょう。

併せて、仲介に立つ不動産会社の担当さんにも意見を訊く様にしておきましょう。

爪によるひっかき傷の修繕

犬や猫が柱やフローリングなどに付けたひっかき傷は、軽微なものでしたら買主の意向に合わせての対応で問題ないでしょう。

ですが、「壁一面が猫の爪とぎ後で傷だらけになっている…」であったり、「床の一部だけ犬のひっかき傷で色が完全に変わってしまっている」など、傷があまりにも目立つ場合は、予め補修しておくことをお薦めします。

仲介する不動産会社のほうで、リフォームサポートを行っているところも数多くあります。

修繕・補修の判断に迷われる場合、費用感を確認したい場合は仲介先の不動産会社に併せて相談してみると良いでしょう。

アレルギー・ノミ・ダニ対策

犬・猫ペットを飼っているマンションを売る際に、忘れずに注意しておきたいのが「アレルギー・ノミ・ダニ対策」です。

犬・猫アレルギーの人からすると、ペットを飼っていた室内に入ったとたんに「鼻がむずむずする」「くしゃみが止まらない」などの症状が出始めることが少なくありません。

「なんだ、鼻やくしゃみぐらい」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、深刻なアレルギーは下手をしたら生死に関わる可能性もあります。

アレルギーの原因を決して他人事とは受け止めずに、しっかり誠実に対応されることをお薦めします。

ちなみに、アレルギーの原因となるのは、犬・猫の抜け毛やノミ・ダニの糞・死骸です。

これら原因については、きちんと清掃して、換気を良くしておけば充分に対処できるはずです。

つまり、訪問査定や内覧といった、他の人がマンションに訪れる前には、「十二分にしっかりと清掃しておく」ということですね。

特に内覧の際には、いつも以上に掃除、清潔を心がけ、犬・猫の毛が落ちていないか等もきちんと見ておくと良いでしょう。

内覧時の対応対策

「内覧前は、丁寧に清掃しておくこと」とお伝えしましたが、内覧時にも意識しておきたいことがひとつあります。

それは、「内覧中は犬・猫のペットを外出させておくこと」ということです。

これにはいくつか理由があります。

まず、「内覧に来る購入希望者がペットアレルギーの可能性がある」、「ペットが興奮して吠えたり威嚇したりする可能性がある」、更には「内覧者がペットに気を取られてきちんと物件の観察・チェックが出来ない場合がある」といったところが大きな理由です。

内覧の時は、犬・猫ペットは「一時的に実家や知人宅に預けさせてもらう」「ご主人に散歩に連れ出してもらう」などの対応を取るようにしましょう。

買主も「ペット派だった!」という場合は、ペットの飼いやすい環境であることもアピール

もし、内覧に来た購入希望の方が同様にペットを飼っている、もしくはこれからペットを飼う予定ということが確認できた場合は、上記対策と併せて、「(このマンションが)ペットを飼いやすい環境だ」ということをアピールできると良いでしょう。

気持ち良い散歩コースがある、ペット美容院や動物病院が近くにある等、「ペットのいる新生活」に良いイメージを与えられるような情報を紹介できると、きっと喜ばれるはずです。

その他内覧の対応については下記記事で詳しく解説しています。

ペットを飼っていることがマイナスにならないよう「良い不動産会社」を見つけよう

ここからは、犬・猫を飼っていたマンションに関わらず、不動産売却時に一番重要な「不動産会社選び」についてお話ししていきます。

前述のとおり、ペットを飼っていたマンションを売却する際にはいくつかの注意点があり、その中には仲介する不動産会社の協力を仰いだ方が良いシーンもあります。

ですが、不動産会社がどれだけフォローしてくれるかは、その不動産会社(またはその担当)の丁寧さや真摯な対応度合によっても変わってきます。

できたら、「この不動産会社なら信頼できる」という仲介先をしっかり選定しておきたいところですよね。

そんな不動産会社選びの際に、ぜひとも活用したいのが「不動産一括査定サイト」です。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトは国内でも数多くありますが、なかでもおすすめの不動産一括査定サイトは、とりわけ提携する不動産会社の品質が高く、かつ全国地域対応の「HOME4U」です。

不動産のプロが厳選!不動産一括査定の選ぶ基準とオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記4つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は4つ

  • 基準1.参加不動産会社が魅力的である(大手~地域密着まで査定できる)
  • 基準2.実績が豊富(利用者数+運営歴)
  • 基準3.セキュリティ対策をしている(プライバシーポリシーの取得)
  • 基準4.不動産会社をしっかり審査している(悪徳不動産業者の排除)
これら4つの基準を満たす一括査定サイトは下記4つになります。

厳選したオススメの不動産一括査定サイト4選

  1. すまいValue
  2. HOME4U
  3. イエウール
  4. リガイド

それぞれの不動産一括査定の特徴を一覧表にしました。

比較項目すまいValueHOME4Uイエウールリガイド
運営会社小田急不動産(株)、住友不動産販売(株)
東急リバブル(株)、野村不動産アーバンネット(株)
三井不動産リアルティ(株)、三菱地所ハウスネット(株)
株式会社NTT
データスマートソーシング
株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
サービス開始年2016年2001年2014年2006年
査定数非公表累計30万件20万件非公表
サイト利用者数非公表年間700万人累計1,000万人非公表
提携している不動産会社の数大手6社約1,300社約1,700社約700社
特徴国内最大手に頼める。 都会に強く地方に弱い傾向がある。NTTデータグループなので安心感はトップ。 一括査定の歴史最長の老舗。参加企業数がNo.1で、企業一覧と特徴も見ることができる。厳選された不動産会社がウリ。 運営も長く、旧SBIグループの安心感がある。

※2019年12月時点の情報

不動産一括査定の上手な使い方は併用利用する

不動産一括査定の賢い使い方は「複数サイトの併用」

紹介した不動産一括査定は、どれも安心して利用できます。

ただし、それぞれの不動産一括査定には弱みがあります。その弱みを防ぐ方法があります。

弱みを防ぐには不動産一括査定を併用利用(組み合わせ利用)するのです。

都心部や県庁所在地などの人口が多い都市の方:すまいValue+HOME4U+SRE不動産(※旧ソニー不動産)
オススメの組み合わせ:「すまいValueHOME4USRE不動産(※旧ソニー不動産)

人口が多い都市の方にオススメの一括査定サイト

三井のリハウスや東急リバブルなどの国内最大手の不動産会社は、「すまいValue」にしか参加していません。

そして、大手・中堅・地域密着の不動産会社参加の「HOME4U」は、NTTグループ運営で最も安心して利用できるサイトの一つ。

つまり最大手の不動産会社に依頼「すまいValue」+大手・中堅・地域密着の不動産会社に依頼「HOME4U」を組みわせるのです。

ただ、大手は両手仲介の可能性が高いです。対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおくと安心です。

地方や郊外の方:HOME4U+イエウール
オススメの組み合わせ:「HOME4Uイエウール

人口が少ない都市の方にオススメの一括査定サイト

大手の不動産会社は都心に強いですが、地方や郊外では対応できない場合があります。

特に「すまいValue」を使って依頼できる最大手の不動産会社は地方や郊外は対応していない可能性があります。

地方や郊外の方は「HOME4Uイエウール」を併用するといいでしょう。

最大手の不動産会社に依頼できるのは「すまいValue」だけ

すまいValue

すまいValue

すまいValueは国内最大手6社(三井のリハウス、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、小田急不動産、野村の仲介plus)が共同で運営する一括査定サービス。

強力な販売ネットワークとノウハウを持っていますし、営業担当者の質も全体によいので、確実に依頼はしたいところ。

ただし、お伝えした通り大手は両手仲介の可能性が高いです。

対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおきましょう。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

NTTグループが運営の安心実績「HOME4U」

HOME4U

HOME4U

2001年から運営と最も長い、一括査定の老舗。

運営がNTTデータグループという安心感は抜群で、個人情報保護やセキュリティ対策などの技術力も信頼できます。

参加している不動産会社は、大手から中堅・地元密着まで約1,300社。

イエウールの1,900社と比べると1,300社で少なめに見えますが、厳しい審査を通過した不動産会社だけが参加しているというのが売りです。

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

参加不動産会数No.1の「イエウール」

イエウール

イエウール

参加している不動産会社は大手、中堅、地元密着型まで約1,900社と最多。

つまり一番不動産会社が見つかる可能性が高いということです。

サイト運営の歴史は比較的浅いですが、利用者も多く、安心して利用できます。

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

投資用物件に強い「リガイド」

リガイド

リガイド

旧「SBI不動産一括査定」というサイトで、「HOME4U」の次に運営が長い老舗サイト。

入力はYahoo!やFacebookから情報を引き継ぐこともでき、入力しやすいフォームです。

最大10社まで一括で査定依頼できるので、効率良く多数の会社に査定依頼したい人にも向いています。

HOME4Uなどと比べると600社で少なめに見えますが、独自審査を通過した優良不動産会社というのが売りです。

また、投資用物件にも強く、資産の組み換えも相談できます。

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

まとめ

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

犬・猫のペットを飼っていたからといって、特にマンション自体が売れにくくなることに直結しないということは、ご理解いただけたことでしょう。

ですが一方で、何の対策も取らずにいてしまうとペットの「匂い」や抜け毛等の「アレルギー要因」によって、せっかくの買主候補から敬遠されてしまうこともあり得ます。

ペットを飼っていたマンションを売却する際は、以下の点についてしっかり準備し、対策を取っておくようにしましょう。

マンション売却の際に、希望・期待通りの売却が出来て、愛するペットと共にあなたがつつがなく新生活へと移っていけるように、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA