不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

家売却でハウスクリーニングを効果的に使う方法と業者の選び方

公開日:
更新日:

これから家を売却する人の中には、「ハウスクリーニングをやった方が良いのだろうか」と疑問に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からすると、ハウスクリーニングをしたからと言って、物件価格が高くなるわけではありません。

しかしながら、購入希望者への心象が良くなるため、値引も少なく、結果的に早く高く売れる可能性は出てきます。

ハウスクリーニングに興味のある人の中には、

  • ハウスクリーニングとはどういうものか知りたい
  • ハウスクリーニングを行う箇所やタイミングを知りたい
  • 家を高く売るための効果的なハウスクリーニングの利用方法を知りたい

等々のことを思っている方も多いと思います。

そこで今回の記事では、「ハウスクリーニング」にフォーカスしてお伝えいたします。

この記事を読むことであなたはハウスクリーニングについて理解し、家を売却する上での効果的な利用方法について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

ハウスクリーニングすべきかどうかはプロに相談!
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて相談できる!

1.ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、プロの総事業者による家の掃除。日常の掃除では落としきれない汚れやカビ、臭いの原因となる部分など、徹底的に掃除をして綺麗にしてくれます。

換気扇やエアコンなどは、汚れをしっかり落とすことで機能回復も得られることもあります。

適材適所に応じた洗剤や掃除道具を用いるため、手が届かず掃除できなかった箇所や、落とせなかった汚れなどを落とすこともできます。

このようなハウスクリーニングは、家の売却で高く売るためのテクニックとして取り入れている人も多いです。

ハウスクリーニングを上手く活用して、家の売却を成功させましょう。

以上、ここまでハウスクリーニングとは何かについて見てきました。

ではハウスクリーニングはどのタイミングで行えば良いのでしょうか。

そこで次にハウスクリーニングを行うタイミングについて解説します。

2.ハウスクリーニングを行うベストタイミングは「内覧前」

不動産の売却は、ざっくり言うと

  • 売却準備
  • 価格査定
  • 媒介契約
  • 内覧
  • 売買契約
  • 引渡
  • 確定申告

といった流れで進んでいきます。

この流れの中で、ハウスクリーニングを実施するタイミングはズバリ、内覧の前のタイミングとなります。

内覧とは、住みながら家を売る際、購入希望者に実際に中を見てもらう行為のこと

実際に購入する人が、その物件を買うかどうかを見極める重要な局面になります。

たまに、価格査定の前にハウスクリーニングをしようとする人がいますが、価格査定の前のハウスクリーニングは不要です。

そもそも家の価格は、駅からの距離や築年数、間取り、周辺環境等の条件によって決まるモノであり、家が綺麗に掃除してあるかどうかは、価格には影響を与えません。

価格査定の前にハウスクリーニングを行ったとしても、それが理由で価格が上がることはないということになります。

購入希望者は見た目で心象が左右される

一方で、購入希望者は「見た目」でかなり心象が左右されます。

汚らしい家を見れば、買う気が失せるというのが消費者の素直な心理です。

そのため、ハウスクリーニングは、一般消費者にお披露目する前の内覧の前に行うのがタイミングとしてはベストです。

また、最後、不動産を引渡する前だけにハウスクリーニングをする人もいます。

これは、心がけとしては良いことですが、売却する上ではほとんど効果がありません。

せっかくお金をかけてはハウスクリーニングをするのであれば、内覧前に実施して、心象を良くすることをオススメします。

但し、お作法として、引渡前にハウスクリーニングをするのはアリだとは思います。

今までお世話になった家を次の人に綺麗にした状態で引き渡すのは、日本人の伝統的な美しい心の現れと言えます。

引渡前にハウスクリーニングするかどうかは、売主の信条にお任せします。

以上、ここまでハウスクリーニングを行うタイミングについて見てきました。

ハウスクリーニングはまんべんなく行ってもあまり意味がありません。

そこで次にハウスクリーニングを行うべき箇所について紹介します。

3.ハウスクリーニングを行うべき箇所は「水回り」

ハウスクリーニングを実施すべき箇所は、キッチンを始めとし、トイレ、バス、洗面所といった水回りが中心となります。

その他、フローリング等は気になる汚れがある部分は、適宜、実施するようにします。

キッチンやバス、洗面所はミズアカやカビが多く、汚れが目立ちます。

毎日見ていると気にならなくても、他人が見ると目につくことも多いです。

ミズアカやカビについては、しっかりと落とすようにして下さい。

また、コンロについては油汚れや換気扇のホコリも溜まっています。

コンロ周りは、他人が見るとかなり汚く見えますので、綺麗にしておきましょう。

さらに、トイレは汚れが臭いの原因にもなっています。

臭いの元となっている部分の汚れを取ることで、物件に対する印象を改善することができます。

水回りについては、購入希望者も特に重点的に見るポイントとなります。

せっかくお金をかけてハウスクリーニングをするので、特に水回りは重点的に綺麗にしてもらいましょう。

以上、ここまでハウスクリーニングを行うべき箇所について見てきました。

せっかくのハウスクリーニングも使い方を間違えると効果がありません。

そこで次にハウスクリーニングを効果的に見せるコツをご紹介します。

4.ハウスクリーニングを効果的に見せるコツ

ハウスクリーニングを行う最大の目的は、内覧時で購入希望者の心象を良くすることです。

ところが、物件の心象は、掃除だけでは決まりません。

物件の心象を一番悪くする原因は、「溢れかえるモノ」にあります。

せっかくハウスクリーニング業者に依頼したとしても、モノが溢れかえっていると、家がとても汚く感じます。

例えば、タオルや洋服、カバン、雑誌、不要な段ボール等が散乱しているような状態だと、家が汚く見えます。

極端な話、完全に家ががらんどうの状態になっていることが、一番家を綺麗に見せることができます。

既に引き払っている家であれば、その方が売却しやすいです。

不要なものをドンドン捨てていく

そこで、家を売却すると決めたら、不要なものをドンドン捨てていくことをオススメします。

モノを捨てることがハウスクリーニングを効果的に見せるコツです。

いずれにしろ、売却が決まれば引越しまでに大量のモノを捨てることになります。

新居に持っていく必要のないものに関しては、ハウスクリーニングを行う前に積極的に捨てるようにして下さい。

ゴミに関しては、粗大ゴミなど捨てることのできる日が決まっています。

月に1回しか捨てられないものもあるため、ゴミ捨ては早い段階から計画的に行っていく必要があります。

ゴミ捨ては計画的に行い、内覧時には家が醸し出す生活感を最小限に抑えるようにすることがポイントとなります。

尚、内覧期間は2~3ヶ月に及びます。

せっかくハウスクリーニングを実施したとしても、すぐに汚れてしまうようだと意味がありません。

ハウスクリーニングを実施する際は、ハウスクリーニング業者に掃除のポイントを聞いておくことをオススメします。

内覧期間中もハウスクリーニングの効果を長引かせることを意識しましょう。

内覧については、以下の記事に詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

こちらの記事もチェック!>>
ここまでやれば安心!家を売る前に知っておきたい内覧の全知識

以上、ここまでハウスクリーニングを効果的に見せるコツについて解説してきました。

ではハウスクリーニングは一体いくらくらいするのでしょうか。

そこで次にハウスクリーニングの料金相場をご紹介します。

5.ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングはクリーニングを行う箇所によって料金が異なります。

部分別の料金相場は以下の通りです。

清掃箇所 金額 清掃箇所 金額
キッチン 13,000円程度 バスルーム 10,000円程度
キッチン+汚れ防止コーティング 16,000円程度 バスルーム+汚れ防止コーティング 13,000円程度
レンジフード 9,000円程度 鏡の水垢除去 3,500円程度
ガスコンロ 7,000円程度 エプロン内清掃 3,500円程度
魚焼きグリル 4,000円程度 洗面所 4,000円程度
オーブンレンジ 6,000円程度 トイレ 4,000円程度
窓ガラス(大1枚) 3,000円程度 部屋の掃除1h 6,500円程度
窓ガラス(小1枚) 2,000円程度 バルコニー 8,000円程度

水回りだけを選択したとしても、25,000円~35,000円程度の費用となります。

実際にハウスクリーニングを依頼する人も、2~3万円程度のお金を支払う人が多いです。

お金をかけることになりますので、ベストなタイミングで適切な箇所を実施し、ハウスクリーニングで得られる効果を最大化させましょう。

以上、ハウスクリーニングの料金相場について見てきました。

ではハウスクリーニング業者はどのように選べば良いのでしょうか。

最後にハウスクリーニング業者を選ぶコツについてご紹介します。

6.ハウスクリーニング業者を選ぶコツ

不動産の売却のためにハウスクリーニング業者を選ぶのであれば、ズバリ「女性スタッフも清掃する業者」を選ぶのがポイントです。

家の売却では、購入者で実質的な決定権を持っているのは、ほとんどの場合、購入者の奥様

ご主人は、通勤の利便性や住宅ローンが支払えるか等々のことが気になっているため、物件の細かい部分については、正直あまり興味がありません。

一方で、奥様の方が、長い時間家で過ごすことも多く、自分が利用するキッチンのことを特に重視して見ています。

奥様がキッチンを気に入らないと、ご主人もその意見に従い、購入を取りやめるケースがほとんどです。

男性はキッチンを「ふ~ん」という感じでしか見ませんが、女性はキッチン下の収納扉を開け、包丁差しまでしっかりチェックしていきます。

このように、男性と女性では気にする部分が異なりますので、女性の目線で家を綺麗に変えてもらうことが必要となります。

ハウスクリーニング業者を選ぶには、女性スタッフも存在し、女性が気にする部分をしっかりとクリーニングできる業者を選ぶのが一番重要なポイントになります。

以上がハウスクリーニングについての説明です。

ハウスクリーニングも結局は、高くスムーズに売れることが目的。

高くスムーズに売却するためには、信頼できる不動産会社を探せられるかというのも非常に重要なポイントです。

その時に便利になるのが「不動産一括査定」と呼ばれるサイトです。

不動産一括査定を使って信頼できる不動産会社を探す

不動産一括査定とは、その名の通り「物件の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできる」WEBサイト(サービス)

不動産一括査定サイトのイメージ

PC、スマホのWEB画面から簡単な情報を入力するだけで、その日のうちに複数の不動産会社から物件の簡易査定額と併せて、メール等でのコミュニケーションをとることが可能です。

その際に、併せて営業担当の対応や人間性を確認しながら不動産会社を選定していくのです。

不動産一括査定の利用は無料です

ただし、不動産一括査定は1つだけではなく、国内に複数存在しています。

ここからはオススメの不動産一括査定を紹介します。

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4U

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、年間400万人に利用されています。

不動産一括査定で一番の老舗で17年の歴史を誇っています。

それだけ、長い運営が続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦17年。安心、信頼感がある。
  • 年間400万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

【朗報!】一都三県なら「ソニー不動産」も同時申し込みがオススメ

ソニー不動産

ソニー不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用しています。

エージェント制とは:「両手仲介せず、売主の仲介に専念したサービス」であること

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、ソニー不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

さらに、今なら不動産売却の成功の秘訣DVDが無料でもらえます!

一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※ソニー不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の一都三県のみの対応となっています。

ソニー不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 申込者全員に不動産売却成功の秘訣のDVDが無料でもらえる
  • 利用満足度91.1%!「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

ソニー不動産の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!ソニー不動産公式サイトをチェック

オススメ2.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウール

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,500社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「HOME4U」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,500社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValue

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に830店舗。年間の仲介成約数10万件(2015年度実績)!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%(2016年すまいValueアンケートより)。高い安心度でサービスを受けられる

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

オススメ4.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイド

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

Re Guideの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額が分かる!リガイドをチェック

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目 HOME4U イエウール すまいValue リガイド
運営会社 株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社Speee すまいValue運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
上場 未上場 未上場 未上場 未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
4年
(2014年)
2年
(2016年10月)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
1,000社以上 約1,500社 大手6社のみ 約550社
査定可能な不動産 ・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

こちらの記事もチェック!>>
【2018年最新版】不動産一括査定のオススメ4サイトと3メリット・2デメリット

7.まとめ

家売却でハウスクリーニングを効果的に使う方法と業者の選び方を解説してきました。

ハウスクリーニングは内覧前に行うのが効果的です。

モノを早めに処分し、水回りを中心にハウスクリーニングを実施するのが良いでしょう。