不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

建売住宅と注文住宅どっちが高く売れる?形態ごとの売りやすさ売り方の違い

公開日:
更新日:

 

一戸建てを買うときに、「建売住宅にするか注文住宅にするか」で悩まれた方は多くいらっしゃることでしょう。

建売住宅の一番のメリットは「リーズナブルな価格帯」。そして、注文住宅の一番のメリットは「自分だけの自由でオリジナルな住まいにしていけること」。

どちらも捨てがたいメリットですが、では、そんな想いで購入された一戸建てを手放すことになったとき、建売住宅と注文住宅、どちらがより売れやすいのでしょうか。

今回はそんな、建売住宅と注文住宅の「売りやすさ」について、それぞれの形態から見た売りやすさや売り方の違い、高く売れる物件の特徴について、お話していきたいと思います。

どんな住宅でも高く売るには複数社に見積もり依頼!
HOME4Uの一括査定なら一気に査定相談できる!

建売住宅と注文住宅の違い

はじめに、建売住宅と注文住宅の違いについておさらいしておきましょう。

どちらが売れやすいかを確認するには、まずお互いの特徴と違いを把握しておいたほうが良いからです。

建売住宅と注文住宅のメリット、デメリット比較(中古物件の購入者視点)