不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロが解説!マンションを3カ月で売却させるたった1つの方法

公開日:
更新日:

あなたの大切なマンションが、3ヶ月以内に売れるかどうか気になっていませんか?

せっかく売却するのであれば、そこまで期間をかけずに売りたいものですよね。

そもそもマンションはどれくらいの期間で売れるのが平均的なのでしょうか。

不動産業界の超・大手である三井住友トラスト不動産が統計を取ってくれています。具体的には以下の通り。

  • 首都圏の平均売却期間→2.5か月
  • 近畿圏の平均売却期間→3.3か月
  • 中部圏の平均売却期間→4.1か月

※出典:三井住友トラスト不動産「中古マンション売却期間の推移」より

地域によって違いはありますが、基本的には平均3.3ヶ月以内にマンションは売却可能だとわかります。

つまりは約3ヶ月以内にマンションが売却されなければ「売れ残り」と言えるわけです。

じゃあ、どうやったらマンションを3ヶ月以内に得ることができるの?私のマンションでも売れる?

はい、ご安心ください。きちんと押さえておくべきテクニックを駆使することをすれば、どんなマンションでも3ヶ月以内に売却することが可能です。

具体的には「広告(露出量)」に徹底的にこだわればいいのです。

広告は担当する不動産業者によってはないがしろにしている場合も非常に多いですから、あなたの助言が重要ですよ。

あなたがこの記事で紹介していることを担当業者に教えるだけで、3ヶ月以内に売れる可能性がぐっと高まることでしょう。

また今回の記事では既にマンション売却を行って、なかなか結果が出ない人のためのテコ入れ方法も解説しています。

現役不動産業者である筆者が、マンション売却を早期に終わらせるために必要な知識を一気に詰め込んでいますので、マンション売却に挑戦する人はぜひ参考にしてみてください。

マンションを高くスムーズに売るなら信頼できる不動産会社へ相談
NTTグループ運営のHOME4U一括査定ならすぐ見つかる

3ヶ月以内でマンション売却するためのたった1つの方法

結論から言いましょう。マンションを3ヶ月で売却する最も簡単な方法は、相場金額よりも20%以下の金額で販売することです。

これさえすれば、どんなマンションであったとしても100%と言っていいほど3ヶ月以内に売却することが可能になります。

場合によっては、1週間ほどで売ることもできるでしょう。

ただし相場よりも20%以下にするなんて方法は、現実的ではありません

あなたが手に入るお金が少なくなってしまうわけですから、このような端的な方法は使えないですよね。

つまりは値下げ以外の方法で、何とか3ヶ月以内に売却するしかないのです。

では一体どうすれば良いのかというと、筆者が日ごろの業務で使っている実践テクニックとしては「広告」にこだわる事が重要になります。

広告によって様々な人に認知してもらい「このマンションを買いたい」と思ってもらえる人に出てきてもらうわけです。

マンション売却は「確率論」だと理解すると3ヶ月で売却できる

マンション売却は、はっきりいって「確率論」です。

つまり、あなたのマンションを買いたいと思っている人を見つけ出すためには、様々な人にマンションの存在を知ってもらうことが重要というわけ。

どんなに良い商品でもCMをしなければ誰も買ってくれないように、とにかく人の目につくところに出して、買いたいと思ってくれる人が出てくる可能性を高める必要があるのです。

ではどうやって広告すれば、多くの人に目をつけてもらえるのでしょうか。

不動産業者に頼んで、以下の媒体には絶対に掲載してもらうようにしてください。

これだけの媒体に掲載しておけば、100%と言っていいほど内覧希望者が現れます

つまりはあなたのマンションの部屋の中を見てみたい、という人が出てくるわけですね。

特にYouTubeはあまりやっている業者いませんが、擬似的な内覧は味わえるということで相当な効果のある告知方法です。

マンション売却の場合はマンション名で検索して情報収集する人も多いので、YouTube動画を作っておけば、マンション名検索で高確率でトップページに表示されます。

検索トップページに表示されるという観点では、マンション名を全面的に押し出した特設のインターネットページも非常に重要ですよ。

今は「ペライチ」と言うサイトを使えば.簡単に特設インターネットページが作れますので、不動産業者に頼んでぜひ作ってもらってください。

簡単に特設ページが作成できるサービス「ペライチ」はこちら

広告はマンション売却の中でも超重要要素

このように広告による露出量を増やしていけば、必ず3ヶ月以内に売却することができるでしょう。

何度も言いますが、とにかくたくさんの媒体を使って広告をしら多くの人に目をつけてもらうことがまず第一です。

場合によっては「アットホームだけに掲載しておけば良いだろう」とタカをくくっている不動産業者がいます

もしそんな業者が担当になってしまったのであれば、上記の媒体には必ず載せるようにお願いしてみてください。

3か月でマンションが売れないときのテコ入れ方法

ここまではマンションを3か月で売るための方法について解説してきました。では、すでに3か月経っても売れない場合はどうすればいいのでしょうか?

まずは「内覧」の段階までたどり着いているか辿りついていないかをチェックしてみてください。それで自ずと答えが見えてきます。

もし内覧の数自体が少ない(月1件程度)という場合、間違いなく露出量が少なすぎます

先程紹介した広告手法を行っていないなら、すぐに始めるようにしてください。それだけで内覧者数は爆増しますよ。

「マンション物件の売却価格と実際の相場観にギャップがある」などの問題があったとしても、広告による露出量でカバーできます。

売却額と相場観にギャップがある場合でも、あなたのマンションしか欲しくないという人は少なからずいます

そんな人の下に広告が届いていないというだけですから、価格などのマンションの売却条件そのものをテコ入れしなくても、露出量さえ増やせば内覧数も増やすことができます

どんな時でも、むやみやたらに値下げだけはしてはいけませんよ。この大切なマンションですから、最後の最後まで「高く売ろう」という意識を忘れてはいけません

最も問題なのは内覧があっても成約できていないこと

1番厄介なのは、内覧者が来ているのに成約できてないマンションです。

普通のレベルの営業マンだったとしても、内覧数が月2〜3件あれば、軽く成約まで持ち込めます

中古マンションは見栄えもそこまで良くないというイメージが先行しているので、新築のマンションではよくある「暇つぶしに見に来た」という冷やかし層が少ないですからね。

だからこそ、月に2〜3軒の内覧が来てくれれば、不動産業者からすると多い部類に入り、成約させて当然のボーダーになります。

もし月2〜3件の内覧数が来ているにもかかわらず決まっていないのであれば、以下のような問題が考えられるでしょう

  • 物件内にモノが多かったり掃除していない
  • 購入希望者に対して、物件の良さ・メリットを内覧時に伝えられていない
  • 内覧時に購入希望者の疑問・質問に応えきれていない

上記の問題は平均値以上の能力がある営業マンであれば、絶対にしないような「凡ミス」です。

上記のような問題を発生させている営業マンであれば、すぐに変えてもらったほうがいいですよ。

今の不動産会社で大丈夫?会社見直しも視野にいれよう

もし次に内覧者数が2〜3件来ているにもかかわらず、なかなか成約できていないのであれば、視野に入れておきたいのが、「担当する不動産会社の見直し」です。

内覧をしてもらった後に接客をするのは、不動産会社の営業マンです。あなたではありません。

その担当者が決めることができなければ、いくら内覧者が来たとしても、なかなかマンション売却を成功にもっていくのは難しいでしょう。

営業マンが悪いのであれば、わざわざ会社を変えなくても、他の担当者に変えてもらえば良いのでは?

確かにそう思いますよね。ただ、能力のない営業マンかどうかは、会社側が1番わかっています。これが問題なのです。

会社も認めている「デキない営業」をあなたの担当者に付けている時点で、不動産会社に対する不信感を覚えなければなりません。

早い話、あなたをナメているということです。

そもそも、デキない営業マンがいる会社はその他の営業マンも無能の可能性が非常に高いです。内覧者数が2〜3件では決めきれないでしょう。

信頼できる不動産会社ほど、全員が一定以上の水準を持っており、「内覧者数が2〜3件あれば決めて当然」「決めれないのはおかしい」と思えるような社風があります

3ヶ月以内に確実に売りたいのであれば、そのような社風を持つ会社にお願いすべきですよ。

良い不動産会社を見つけるには「不動産一括査定サイト」から

もしかすると「そんなに不動産会社に知り合いがいない」「そもそも、どうやって不動産会社に依頼すれば良いか解らない」かもしれませんね。

そんな不動産会社選びの際に、ぜひとも活用したいのが「不動産一括査定サイト」です。

不動産一括査定サイトとは、その名の通り「物件の査定を複数の不動産会社に一括でお願いできる」サービスのこと

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトは国内でも数多くありますが、なかでもおすすめの不動産一括査定サイトは、提携する不動産会社の品質が高く、かつ全国地域対応の「HOME4U」です。

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4U

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、年間400万人に利用されています。

不動産一括査定で一番の老舗で17年の歴史を誇っています。

それだけ、長い運営が続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦17年。安心、信頼感がある。
  • 年間400万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

【朗報!】一都三県なら「ソニー不動産」も同時申し込みがオススメ

ソニー不動産

ソニー不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用しています。

エージェント制とは:「両手仲介せず、売主の仲介に専念したサービス」であること

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、ソニー不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

さらに、今なら不動産売却の成功の秘訣DVDが無料でもらえます!

一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※ソニー不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の一都三県のみの対応となっています。

ソニー不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 申込者全員に不動産売却成功の秘訣のDVDが無料でもらえる
  • 利用満足度91.1%!「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

ソニー不動産の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!ソニー不動産公式サイトをチェック

オススメ2.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウール

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,500社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「HOME4U」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,500社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValue

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に830店舗。年間の仲介成約数10万件(2015年度実績)!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%(2016年すまいValueアンケートより)。高い安心度でサービスを受けられる

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

オススメ4.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイド

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

Re Guideの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額が分かる!リガイドをチェック

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目 HOME4U イエウール すまいValue リガイド
運営会社 株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社Speee すまいValue運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
上場 未上場 未上場 未上場 未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
4年
(2014年)
2年
(2016年10月)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
1,000社以上 約1,500社 大手6社のみ 約550社
査定可能な不動産 ・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

こちらの記事もチェック!>>
【2018年最新版】不動産一括査定のオススメ4サイトと3メリット・2デメリット

まとめ

マンションが売れる期間は平均で3.3ヶ月です。この期間内に売れなければ、あなたのマンションは「売れ残り」ということになります。

もし売れ残りになりたくないのであれば、たくさんの人に見てもらえるように広告をしていくべきです。

安易な方法にはなりますが、値下げ家をするだけで3ヶ月以内で売却することが可能でしょう。

しかし値下げして売却するなんて、あなたが損したことになりますから、やはり嫌ですよね。

どうしても値下げせずに売却したいと思っているのであれば、今回解説した内容をぜひ参考にしてみてください。きっと3ヶ月以内にマンションに売ることができることでしょう。

以上「プロが解説!マンションを3カ月で売却させるたった1つの方法」でした。最後までお読みいただきありがとうございます。