不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

戸建てやマンションで家査定をする前に知っておきたい3つのポイントと注意点

公開日:
更新日:

家査定を受けるにあたっては、以下の3つが知っておくべきポイントとなります。

  • ポイント1.査定額は売却価格ではない
  • ポイント2.査定額は高くなる傾向がある
  • ポイント3.査定額は努力して上がるものではない

家の査定に興味がある人の中には、

  • 「家査定を受けるにあたってのポイントって何?」
  • 「どうやったら査定額は上がるの?」
  • 「査定を受けた後の注意点って何?」

等々のことを思っている人も多いと思います。

そこでこの記事では、「家査定のポイント」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、戸建てやマンションで家査定を受けるにあたってのポイントについて知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

家を高く売るなら複数社に査定相談を!
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる!

1.家査定が必要な2つの理由

家を売却するためには、必ず最初に査定が必要となります。

家査定は以下の2つのことを行うために必ず必要です。

  • 理由1.適切な売値を決定するため
  • 理由2.適切な資金計画を立てるため

家は値段が付いていませんので、まず査定を行って値付けすることが重要です。

売値は高過ぎると売れませんし、安過ぎると損をします。

損をせずきちんと売却するためには、適正な査定額により売値を設定することが必要となります。

また家の売却では、住宅ローンの返済や次の購入物件のための頭金の用意をすることがあり、資金計画を立てることが必要となります。

売却額の予測が甘いと、資金が足りなくなるなどの狂いが生じることがあります。

資金不足という不測の損害を生じさせないためにも、適正な査定が必要となります。

以上、ここまで家査定の必要性について見てきました。

では、実際に査定を受ける際のポイントとはどのようなものでしょうか。

そこで次に、家査定の3つのポイントについて解説いたします。

2.家査定の3つのポイント

家査定においては、

  • ポイント1.査定額は売却価格ではない
  • ポイント2.査定額は高くなる傾向がある
  • ポイント3.査定額は努力して上がるものではない

という3点がポイントとなります。

ポイント1.査定額は売却価格ではない

最初のポイントは、査定額は実際に売却できる価格ではないという点です。

世の中には、中古車や中古ピアノ等の買取査定、建物建築費やリフォーム費用、引越等の見積査定など、様々な査定が存在します。

これらのほとんどの査定は、その金額で業者が買い取る、または業者が受注を受けることを約束する金額です。

買取や受注を約束する見積査定では、見積業者が重い責任とリスクを伴って見積を提示しています。

例えば、不具合があるのに高い買取価格を提示してしまうことや、見積漏れをして安い価格を提示してしまうこともあるため、見積提示は非常に慎重になるのが通常です。

不動産の売却査定は売却予想価格に過ぎない

一方で、不動産の売却査定で出す価格は、最終消費者が購入すると思われる価格を提示しているだけであり、売却予想価格に過ぎません。

提示される価格は、売却予想価格であるため、もちろん外れます。

また、予想価格である以上、売却額を保証するものでもなく、査定する不動産会社にも責任とリスクがありません。

買取や受注を約束する見積査定と比べると、不動産の査定はかなり軽いノリで査定額が提示されます。

査定額はあくまでも予想であるため、不動産会社に対して査定額に対する責任を負わすことができないということになります。

例えば、不動産会社に対して「4,000万円で査定したのだから、4,000万円で売って来てよ」と言っても意味がないということです。

もちろん、査定を受けて人にとっては、「4,000万円で査定してきたのだから、この会社は4,000万円で売ってくれるのだろうな」と期待したいところですが、不動産査定とはそういう責任を伴う査定ではないということを理解しておく必要があります。

査定額は、予想価格に過ぎないため、不動産会社に対して責任を負わすことのできない価格ということです。

責任を負わすことのできないという点が、一般的な他の査定とは大きく異なる点になります。

不動産売却の査定額は、あくまでも予想価格であり、売却価格を保証するものではないということを理解しておきましょう。

以上、ここまで査定額は売却価格ではないについて見てきました。

2つ目のポイントは「査定額は高くなる傾向がある」という点です。

そこで次に査定額は高くなる傾向があるについてご紹介します。

ポイント2.査定額は高くなる傾向がある

査定額は実際に売却する価格よりも高くなる傾向があるという点がポイントです。

不動産の売却査定では、査定を提示する不動産会社に責任とリスクが伴いません。

あくまでも予想価格なのですから、外れたら「予想が外れました」と平謝りするだけの世界です。

一方で、売主からすると、高い査定額を提示してくる不動産会社の方が、高く売れるのではないかと期待してしまいます。

A社が3,500万円、B社が3,600万円と査定している中で、C社が4,500万円と査定してきたら、誰しもがC社に依頼してみたくなります。

実際に、高い査定額を提示する不動産会社に依頼する人は多いです。

高い査定額を提示してくれる会社には、「そんなに自信があるのなら、頼んでみよう」という気持ちになるためです。

すると、不動産会社は高い査定額を提示すればするほど、仲介を受注しやすくなります。

中古車や中古ピアノの買取では、高い価格を提示してしまうと、買取業者は損をすることになります。

高すぎる査定額には注意が必要

しかしながら、不動産の仲介査定では、高い価格を提示しても自分が買うわけではないため、痛くもかゆくもありません。

しかも、仕事が取りやすくなるというメリットまで生まれます。

そのため、不動産会社にとっては高い査定額で提示して仕事を受注した方が有利となるため、提示される査定額はどんどん高くなっていく傾向にあります。

このように、不動産仲介の査定では、査定額が必要以上に高くなるという厄介な現象が生じます。

実際、ほとんどのケースでは査定額よりも実際の売却額の方が低くなります。

それは、不動産会社が仲介の仕事を受注するために「価格を盛っている」ことが原因です。

査定を依頼する場合には、査定額は実際に売却される価格よりも高い価格となっているケースが多いということを理解しておきましょう。

以上、ここまで査定額は高くなる傾向があるについて見てきました。

3つ目のポイントは「査定額は努力して上がるものではない」という点です。

そこで次に査定額は努力して上がるものではないについてご紹介します。

ポイント3.査定額は努力して上がるものではない

査定額は売主が何かを努力して評価が上がるものではないという点がポイントです。

例えば、マンションであれば以下のような点が査定時のチェックポイントとなります。

マンション査定のチェックポイント

  • 1.立地条件
    • ①周辺環境
    • ②店舗への距離
    • ③公共施設利用の利便性
  • 2.住戸位置
    • ①所在階
    • ②開口部の方位
    • ③日照・通風の良否
  • 3.専有部分
    • ①室内の維持管理状況
    • ②柱・梁・天井の状況
    • ③住戸のゆとり
    • ④専用庭またはテラスの有無
    • ⑤外からの騒音・振動
    • ⑥眺望・景観
    • ⑦バリアフリー対応状況
  • 4.維持管理
    • ①適切な修繕計画の有無
    • ②修繕積立金額(月額)の負担額
    • ③管理費(月額)の負担額
    • ④保守・清掃の状況
    • ⑤管理員の勤務形態
  • 5.共用部分
    • ①建物の外観・エントランス
    • ②耐震性

査定項目をよく見ると、立地条件や住戸位置、維持管理、共用部分など今さら変えることのできない項目ばかりです。

唯一、売主の努力が繋がる部分は、「3.専有部分」の中の「①室内の維持管理状況」だけになります。

売主が丁寧にきちんと使っていれば、評価が下がらないという程度です。

不動産の査定額は、売主の自助努力では変えることのできない項目で金額が決まるため、努力で査定額を上げることは、「ほとんどできない」ということになります。

売主としては、高く売りたいため、できるだけ査定額を上げたいと思う人は多いです。

しかしながら、その心配はむしろ不要です。

不動産の査定では、そもそも不動産会社が仕事を取りたいがために実力以上に高い金額となっていることが多いです。

何もしなくても十分に高い金額が来ますので、査定の前に特に何か準備をする必要はないということが結論です。

ただし、売主としては無責任に高い査定額が来ても困ります。

売主としては、無責任な高い査定額を得るよりも、適正な査定額を知ることの方が重要になります。

適正な査定額をするには複数の不動産会社に査定を取る

適正な査定額を知るには、複数の不動産会社から査定を取り、査定額を横並びにしてみることがとても重要になります。

複数の不動産会社から査定を取り、A社が3,500万円、B社が3,600万円、C社が3,400万、D社が5,000万円と査定してきたら、素人でも適正な査定額は3,500万円前後であることが分かります。

適正な査定額を知るためにも、査定は1社だけから取るのではなく、必ず複数の不動産会社から取る必要があるのです。

複数の不動産会社から査定を取るには、インターネットの無料一括査定サービスを利用するのが便利です。

不動産一括査定とは、その名の通り「物件の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできる」WEBサイト(サービス)

不動産一括査定サイトのイメージ

査定額に惑わされないようにするためにも、売却時には必ず複数の不動産会社から査定を取るようにしましょう。

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4U

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、年間400万人に利用されています。

不動産一括査定で一番の老舗で17年の歴史を誇っています。

それだけ、長い運営が続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦17年。安心、信頼感がある。
  • 年間400万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

【朗報!】一都三県なら「ソニー不動産」も同時申し込みがオススメ

ソニー不動産

ソニー不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用しています。

エージェント制とは:「両手仲介せず、売主の仲介に専念したサービス」であること

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、ソニー不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

さらに、今なら不動産売却の成功の秘訣DVDが無料でもらえます!

一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※ソニー不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の一都三県のみの対応となっています。

ソニー不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 申込者全員に不動産売却成功の秘訣のDVDが無料でもらえる
  • 利用満足度91.1%!「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

ソニー不動産の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!ソニー不動産公式サイトをチェック

オススメ2.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウール

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,500社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「HOME4U」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,500社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValue

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に830店舗。年間の仲介成約数10万件(2015年度実績)!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%(2016年すまいValueアンケートより)。高い安心度でサービスを受けられる

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

オススメ4.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイド

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

Re Guideの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額が分かる!リガイドをチェック

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目 HOME4U イエウール すまいValue リガイド
運営会社 株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社Speee すまいValue運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
上場 未上場 未上場 未上場 未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
4年
(2014年)
2年
(2016年10月)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
1,000社以上 約1,500社 大手6社のみ 約550社
査定可能な不動産 ・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。
【2018年最新】不動産一括査定のデメリットと失敗しない選び方

以上、ここまで、家査定の3つのポイントについて見てきました。

査定結果をもらったら、注意すべき点があります。

そこで次に、査定結果を受領した後の注意点について解説いたします。

3.査定結果を受領した後の注意点

査定結果を受領した後は、査定額に対して一喜一憂してはいけません。

査定額は予想価格であり、言わば無責任な価格です。

親戚のおばさんが「4,000万円くらいで売れるんじゃない?」と言っているのと本質的には変わらないのです。

査定額は売却を保証する価格ではないため、「他社は4,000万円程度と言っているのに、A社だけは5,000万円で売れると言っているのだから、A社なら5,000万円で売ってくれるはずだ!」と曲解しないことが注意点になります。

不動産査定では、売主も高く売りたいという欲が働くため、高い査定額に引きずられてしまう人が非常に多いです。

査定額をもらったら、一番低い査定額にこそ注目してください。

実際に売れる価格は、低めの査定額のどれかの場合が多いです。

高い価格に惑わされてしまうと、なかなか売れず、売却が長引く可能性があります。

低めの査定額こそ重視し、ある程度の価格を提示してくる買主が現れたら、パッと売却を決断できるようにしておきましょう。

まとめ

以上、ここまで、戸建やマンションで家査定をする前に知っておきたい3つのポイントについて見てきました。

家査定では、「査定額は売却価格ではない」、「査定額は高くなる傾向がある」、「査定額は努力して上がるものではない」の3つがポイントです。

査定額には一喜一憂せずに、低めの価格を重視し、現実的な売却計画を立てるようにしてください。