家売るならまずは荷物整理から!荷物一時預かりサービスについても解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住んでいる家や、相続した実家を売る場合、障害となるのが荷物です。

家が荷物置場として利用されている場合、まずは荷物を片付けることから始めるのが売却の第一歩となります。

家を売るのに荷物がいっぱいで困っている人の中には

家を売る際の荷物についての疑問

  • 「この荷物、一体どうしよう」
  • 「家を売るのに荷物はどうやって片づけたら良いのだろう」
  • 「荷物が多過ぎて、どこかに預けられるサービスはないのだろうか」

等々のことを思っている人も多いと思います。

そこでこの記事では、「家売る際の荷物」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、荷物整理の仕方や、荷物の一時預かりサービスについて知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

不動産を高く売るなら複数社に査定相談
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる

家を売るときは荷物は残さないのが基本

家の売却では、荷物は残さないのが基本。荷物は動産ですので、不動産には含まれません。

エアコンやウォシュレットのような取り外しが可能な資産も動産になります。

不動産は荷物やエアコンなど、動産を全て取り除いた状態で売却するのが原則です。

家は住みながらでも売れますので、荷物が残ったままでの販売活動はできます。

ただし、最終的な引渡の段階では、「がらんどう」にした状態で引き渡すことになります。引渡の際、荷物を残すのはNGです。

残った荷物はゴミ同然ですが、ゴミを残して家を売ると、買主の怒りを買うためトラブルの原因となります。

最終的には荷物は完全に取り除いた状態で売却するようにしましょう。

家を住みながら売却する方法については下記記事で詳しく解説しています。

以上、ここまで荷物は残さないのが基本ということについて見てきました。

ではどのようにして家の荷物を片付ければ良いのでしょうか。

そこで次に、荷物を片付ける方法について解説いたします。

家を売る際の荷物を効率よく片づける4ステップ

家を売る際、荷物を片付ける方法には、主に以下の4つの手順があります。

荷物を片付けるための4ステップ

  1. ゴミ捨てスケジュールを立てる
  2. 大物から片付ける
  3. トランクルームや実家に一時的に預ける
  4. 不動産会社に手伝ってもらう

ステップ1.ゴミ捨てスケジュールを立てる

最初にゴミ捨てスケジュールを立てます。荷物を片付ける際、まずは捨てるものをピックアップすることから始めます。

現代社会はゴミ捨てが非常に面倒臭いので、捨てるものを決めたらゴミ捨て計画を立てることが必要。

自治体によって、大きなゴミは月に1回しか捨てられないこともありますので、処分できる日を調べて計画的に廃棄を行います

また、近年は粗大ゴミを捨てるのにはお金がかかるケースが多いです。ゴミを捨てるのにもお金がかかる時代ですので、時間とお金をかけながら荷物を捨てていくようにしてください。

荷物の片づけは誰がやっても非常に時間がかかります。

売却することを決めた時点から計画を立て、コツコツ片付け始めていくようにしましょう。

ステップ2.大物から片付ける

荷物を片付けるポイントとして、大物から片付けることが重要。ソファやテーブル、ベッドなど、家具が不要な場合には、大きな家具から廃棄していきます。

荷物にあふれかえっている家は、正直、何から手を付けて良いか分からない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合、細かいものから片付けるのではなく、大物から進めていくと、作業がグングン進むため、心理的にも楽になっていきます。

例えば書棚のような大きな荷物を片付けると、それに伴い本も一緒に片付けや廃棄をすることができます。洋服タンスも片付ければ、それに伴い洋服の片付けも可能。

大物の片づけは、細かいものも連動して片付いていきますので、大物から片付けていくと、作業の進み具合が早くなります

また、大物を片付けると、そこに新たな作業スペースができるため、片付け作業がはかどります。

掃除は後回しで構わないので、とにかく大物から手を付けることがポイント。部屋を見渡し、パッと見て大きな家具があれば、その家具から片付けることを考えるようにしましょう。

ステップ3.トランクルームや実家に一時的に預ける

荷物を捨てたくない場合は、トランクルームや実家に一時的に預けるという方法があります。

荷物の中には、引越先で使う必要な荷物も存在します。このような荷物は、一時的に別の場所に避難させておくのが無難。

近くにトランクルームのサービスがある場合には、トランクルームを利用するという手段があります。

トランクルームは1.5畳の広さだと、相場としては月額1.5万円~.2.3万円程度。仮に家売る期間が3ヶ月だとすると、4.5万円~6.9万円程度かかることになります。

トランクルームは広さも色々選べるため、収納量はありますが、売却期間が長引くと、その分、保管費用も膨らむというデメリットがあります。

一方で、近くに自宅があり、荷物を預けられる状況であれば、自宅を活用した方が良いです。

自宅であれば保管費用は発生しませんので、荷物が預けられるようであれば、上手く活用するのが良いでしょう。

ステップ4.不動産会社に手伝ってもらう

荷物の片づけは不動産会社に手伝ってもらうという方法もあります。実は、不動産会社が荷物の片づけを手伝うケースというのが昔からよくあります。

不動産会社は空き家を見つけると、所有者に対して「この家売りませんか?」と営業をかけることがあります。

すると、所有者が「荷物が片付けられないから売れない」とか、「倉庫として使っているから売れない」等の話をして営業を断ることが多いです。

そこで、不動産会社の中には、「では、一緒に荷物の片づけをしましょう」と提案し、片付けを手伝ってくれる会社もあります。

不動産会社によっては、荷物の片付けも、仲介の仕事を取るための営業の一つだと考えているところも多いです。

このような不動産会社に当たれば、片付けを無料で手伝ってもらえます。

片づけは、1人でやろうとするとあまりにも作業量が多いため、気が進まない人が多いです。誰かに無料で手伝ってもらえるのであれば、なんとか片付けようという気持ちになれます。

不動産会社を探すなら一括査定が便利

荷物の片付けを行ってくれる不動産会社を探すには、一括査定サイトを使うと便利です。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

一括査定サイトは、本来、無料で査定を取ることのできるサービスですが、不動産会社探索のために使うのが、利用者に最もメリットがあります。

一括査定サイトを利用すると、最大6社に無料で査定依頼することが可能。

査定を依頼する際、「一緒に荷物の片づけを手伝ってくれるところに仲介を依頼します。」と条件を付ければ、手伝ってくれる会社を見つけることができます。

不動産会社によっては、「そんなことはウチではできません。」と言ってくる会社もあると思います。

そのような会社に売却を依頼する必要はありませんので、できない会社は候補から外して構いません。

気にせずに「片づけ」の条件を出して、一緒に荷物の片づけを手伝ってくれる不動産会社を探すのが良いでしょう。

一括査定については下記記事で詳しく解説しています。

以上、ここまで空き家売却なら荷物はゼロの状態にするということについて見てきました。

住みながら売却する場合であっても、荷物は少ないに越したことはありません。

そこで次に、住みながら売却でも荷物を最小限にしてからスタートすることについて解説いたします。

住みながら売却でも荷物を最小限にしてからスタートする

住みながら売却でも荷物を最小限にしてからスタートすることをオススメします。

荷物を最小限に留めるべき理由は以下の2つです。

荷物を最小限に留めるべき理由2つ

  1. 写真写りが良くなる
  2. 内覧の印象が良くなる

理由1.写真写りが良くなる

家の売却では、不動産会社がSUUMOアットホームの不動産ポータルサイトに物件広告を掲示します。

これらの物件広告の中には、部屋の写真をたくさん掲載します。荷物が少なくなると、写真写りが良くなります。

ポータルサイトに掲載する写真は非常に重要。インスタが流行る以前から「写真映え」は重視されてきました。

荷物が少ない部屋は、スッキリと写真映えしますので、写真撮影用にしっかりと荷物を片付けておきましょう。

理由2.内覧の印象が良くなる

荷物が少ないと内覧の印象も良くなります。

内覧とは、購入希望者に家の中を見せる販売活動の一つ

住みながら家を売る場合、家の中の荷物が置かれた状態で部屋の中を見せることになります。

この際、荷物が溢れかえっていると、そこに目がいってしまい、家が汚く見えてしまいます。

床を一生懸命掃除するより、荷物を片付けた方が、印象を良くする効果は高いです。

内覧の際は、なるべく荷物を片付け、家をスッキリ見せるように心がけましょう。

内覧については下記記事で詳しく解説しています。

以上、ここまで住みながら売却でも荷物を最小限にしてからスタートすることについて見てきました。

不動産会社の中には荷物の一時預かりサービスを実施している会社もあります。

そこで次に、野村の仲介+なら荷物一時預かりサービスがあるということについて解説いたします。

野村の仲介+なら荷物一時預かりサービスがある

不動産会社の中でも、「野村の仲介+」はユニークなサービスを行っています。

「野村の仲介+」とは、野村不動産の仲介サービスの名称

「野村の仲介+」では、売却サポートサービスの一つとして、荷物の一時預かりサービスを行っています。

サービスの内容は、以下の通りです。

「野村の仲介+」のサービス内容

  • 室内の荷物を最大10点一時預かり
  • 運搬・保管費用は野村不動産が負担

野村不動産に預けた荷物は、空調完備の提携倉庫にしっかりと保管されます

荷物の一時預かりサービスを受けるには、以下の条件が必要。

荷物の一時預かりサービスを受けるための条件4つ

  1. 「野村の仲介+(PLUS)店舗」と専属専任・専任媒介を締結した個人・法人(宅建業者を除く)であること(媒介期間:3ヶ月)
  2. 野村不動産の媒介価格(売出価格)が野村不動産査定価格の125%以内であること
  3. 野村不動産の規定の仲介手数料を支払うこと
  4. 居住用物件であること(賃貸中は除く)

大手の不動産会社の中でも、このような荷物の一時預かりサービスを行ってくれるのは野村不動産だけです。

非常に評価の高いサービスですので、荷物の扱いに困っている人は、「野村の仲介+」で売却を依頼するのが良いでしょう。

また、すまいValueを使うと、野村の仲介+も含めて、大手不動産会社複数社に依頼が行えます。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

まとめ

以上、ここまで、家を売るならまずは荷物整理から行うことと、荷物の一時預かりサービスについて見てきました。

家の売却を決めたら、計画的に荷物の片付けを進めていくことがコツです。

一括査定サイトで荷物の片付けを手伝ってくれる会社を探したり、「野村の仲介+」で荷物の一時預かりサービスを利用してみたり、売却は工夫しながら進めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA