不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018年最新】渋谷区のマンション売却の最新相場や上手に売る方法を解説

公開日:
更新日:
渋谷区のマンションをうまく売却したいのだけど、どれくらいで売れるもんなの?区内であればどこも同じ?

 

テレビや雑誌、ネットの記事を見てみると、「渋谷区」とひとくくりにされているので、マンション売却の相場も区内は全て一緒だと勘違いしがち。

しかし実は渋谷区の中でもマンションの売却相場は全然違うことをご存知でしょうか?具体的には以下の通りです。

平均価格 4,427万円
㎡単価 100.3 万円
坪単価 331.7万円
平均築年数 22.0年
平均駅距離 6.3 分
平均専有面積 42.4㎡(12.8 坪)

もしこの事実について知らなければ、「渋谷区の相場は全て変わらないんだ」と勝手な勘違いをしていたかもしれませんよ。

そして実際に自分がマンション売却する時、間違った相場感覚のままでいるので、本当は安く売れているのに「高く売れた!」と勘違いすることに。そんな「末路」が待っているのです。

しかし。ご安心を。今回の記事では渋谷区のマンションの最新の売却相場はもちろんのこと、渋谷区のマンション売却に強い会社はどこなのか、最適な会社の見つけ方まで深掘りしていきます。

渋谷区のマンション売却に関心がある人には必見の内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

渋谷区のマンションを高く売るなら
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる

【2018年】売却前に知っておきたい渋谷区のマンション最新相場

まずは渋谷区の中古マンションの全体相場をみていましょう。 具体的には以下の通りです。

平均価格 4,427万円
㎡単価 100.3 万円
坪単価 331.7万円
平均築年数 22.0年
平均駅距離 6.3 分
平均専有面積 42.4㎡(12.8 坪)

東京オリンピックの影響や渋谷駅が新しく進化することから、ここ数年上昇し続けています。

マンション売却におけるオリンピックの影響力について知りたい人は、こちらの記事もチェック!>>
オリンピック効果はもう終わる!今すぐマンション売却すべき4つの理由

渋谷区内でも変わるマンション売却相場

冒頭でもお伝えした通り、同じ渋谷区内でも場所によって大きく相場に開きがあります。具体的には以下の通りです。

価格相場 一覧

エリア 平均価格 平均坪単価
道玄坂 1,812万円 250万円/坪
幡ケ谷 3,173万円 248万円/坪
猿楽町 4,046万円 241万円/坪
桜丘町 3,198万円 241万円/坪
笹塚 1,991万円 271万円/坪
本町 2,246万円 280万円/坪
代々木 3,357万円 276万円/坪
宇田川町 3,436万円 282万円/坪
西原 4,631万円 298万円/坪
初台 4,260万円 300万円/坪
鶯谷町 3,366万円 300万円/坪
千駄ケ谷 3,922万円 301万円/坪
元代々木町 3,815万円 309万円/坪
大山町 4,649万円 330万円/坪
神泉町 3,473万円 333万円/坪
南平台町 7,658万円 334万円/坪
恵比寿西 4,617万円 339万円/坪
富ケ谷 3,216万円 342万円/坪
3,369万円 344万円/坪
代官山町 6,534万円 347万円/坪
神南 2,967万円 347万円/坪
上原 10,026万円 362万円/坪
円山町 2,813万円 368万円/坪
恵比寿 4,833万円 369万円/坪
鉢山町 10,725万円 382万円/坪
神宮前 7,076万円 394万円/坪
広尾 7,806万円 394万円/坪
渋谷 6,252万円 395万円/坪
神山町 8,590万円 396万円/坪
恵比寿南 5,548万円 408万円/坪
松濤 8,430万円 490万円/坪

渋谷区の最安値は「道玄坂」であり、最高値は「鉢山町」です。車には5倍近くの差があることがわかりますね。

このように「渋谷区のマンション売却相場」と言っても、エリアによって全然違うことをお分かりいただけたと思います。

【補足知識】渋谷区のマンションの売却事例の調べ方

実際に渋谷にマンションをお持ちなら、「具体的にどんなマンションがどれくらいの金額で売却されているのか確認したい」と思いますよね。

そこで、ここでは遅く知識として不動産業者でなく、渋谷区のどのマンションがどれくらいの金額で売れているのか確認する方法解説していきます。

具体的には「REINS Market Information(レインズ・マーケットインフォメーション)」を使えば簡単にわかりますよ。

image1

「REINS Market Information」のサービスでは、過去1年間の国内地域別の売買取引実績を検索・確認できます。

例えば、以下の図は㎡単価 と築年を縦軸・横軸として、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の売却マンションが青の■で、渋谷区での売却マンションが緑の●で表されています。

image2

また、実際の取引情報についても、以下の表形式で詳しく見ることができます。

image3

渋谷区のどんなマンションが、いくらで売れているのか、さらに具体的な情報知りたいと思っている人は、ぜひ使ってみてください。

「REINS Market Information」はこちら

渋谷のマンションを最高値で売却するための3つのポイント

ここまでは渋谷区のマンション売却相場について紹介してきました。では実際に売却する場合、どうすればうまく売ることができるのでしょうか。

せっかく渋谷区のマンションを売却するなら、できる限り最高値で売りたいですよね?以下のポイントを意識しておけば、あなたが満足いく金額で売ることができるでしょう。

  • 渋谷区内でも需要が異なることを理解する
  • 渋谷区なら狭いマンションでも売れる
  • 渋谷区のマンション売却に強い業者に依頼する

ポイント1.渋谷区内でも需要が異なることを理解する

渋谷区は全国の中でもトップを争うほどの人気の街ですが、どの地域もすぐにマンションが売れるとは限りません。

老若男女が集う渋谷や原宿などは、事業用物件(店舗や事務所等)の割合が多く、生活には少し不向きな部分があり、そこまでマンション購入の需要はありません。

一方で松濤や広尾は全国的に見ても超人気高級住宅街エリアなので、金額が少々高くてもすぐにマンションが売却されます。

このように、同じ渋谷区であったとしても需要が異なるため、どの地域でもすぐに売れるわけではありません

あなたのお持ちのマンションが住宅地として人気なのかどうか、改めて振り返ってみると良いでしょう。

ポイント2.渋谷区なら狭いマンションでも売れる

全国的に見るとマンションの購入層は「ファミリー」です。つまり3LDKから4LDKの広さを持つマンションがよく売れます。

3LDKから4LDKになると、専有面積が70〜100m2ほどになるのですが、冒頭でもお伝えした通り、渋谷区のマンションは専有面積42m2がよく売れています。

42m2と言えばワンルームマンション、1Kと言った狭いマンションで、世間的には売れないと言われがち。しかし、渋谷区であれば話は別です。

確かに渋谷区でもファミリー向けの需要があるでしょうが、そもそもそういったマンションが少ないため「渋谷区ならば仕方ない」という考えが購入層にも浸透しています。

一般的な不動産書籍やネット記事には「狭いマンションは売れない」と書かれていることが多いですが、渋谷区であれば全然チャンスがあるので、心配しなくて大丈夫ですよ。

ポイント3.渋谷区のマンション売却に強い業者に依頼する

一概に「渋谷区」といえども、その地域によって、購入希望者のニーズは異なってきます。顕著な例としては、マンションの「購入予算」が挙げられるでしょう。

先述したように、同じ渋谷区でもマンションの相場はかなり変わってきます。

購入希望者はネットのおかげで、相場をかなり熟知しています。「この地域であれば、これくらいが妥当だろう」という知識を持っているのです。

だからこそ、購入希望者が期待している価格査定を読み間違えてしまうと、いかに良いマンションであったとしても、売却することができません

渋谷区の不動産事情に詳しく、対象者となるお客さんのニーズをうまく読み、広大な顧客ネットワークを持つ不動産会社が、あなたのマンション売却をより促進してくれるでしょう。

では一体、どんな不動産会社が、渋谷区のマンション売却の違いかと言うと、具体的には以下の通りなります。

  • ソニー不動産
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 三井のリハウス

それぞれの会社の特徴について、シンプルに解説しておきましょう。

渋谷に強い不動産会社1.ソニー不動産

ソニー不動産は売却エージェントという不動産営業マンが、あなたに専属についてくれます。

購入希望者側にはつかず、売却する側だけを担当する営業マンなので、いかにあなたのマンションが高く売れるのか、ということだけに注力してくれます。

首都圏だけにしか対応していない会社ではありますが、それが故に、渋谷区のマンション事情に詳しいので、信頼して依頼できますよ。

ソニー不動産についてもっと知りたい人は、こちらの記事もチェック!>>
離婚した後の家は売る?住み続ける?住宅ローンの残債次第で選択肢は変わるかも

渋谷に強い不動産会社2.東急リバブル

都内のマンション売却にめっぽう強いのが、超大手企業である「東急リバブル」です。

渋谷区のマンションも例外ではなく、他の不動産会社では実現できない絶妙な値段設定で、高額かつハイスピードで売却を実現できます

渋谷に強い不動産会社3.小田急不動産

渋谷新宿近辺のマンション売却に力を発揮してくれるのが「小田急不動産」です。

基本的には都内のマンション売却であれば全般的に強いですが、特に渋谷・新宿近辺は力を発揮してくれます

大手不動産業者なので、信頼性も抜群。腕の良い営業マンが揃っているので、きっと満足いく売却ができますよ。

渋谷に強い不動産会社4.住友不動産販売

不動産業界の中でも営業マンの実力が高いのが、「住友不動産販売」です。

かなり不動産業者営業マンの教育には力を入れており、いかに高く・早く売るか、というところに対して日々努力を続けています。

熱意があり売却力も持ち合わせている営業マンと出会いたいのであれば、この会社を使うと良いでしょう。

渋谷に強い不動産会社5.三井のリハウス

不動産業界で最も売上高を上げているのが「三井のリハウス」です。業界ナンバーワンの企業なので、営業マンのノウハウも豊富。

渋谷区のマンションをうまくさばくための知識や技術が充実しています。様々な観点で「どうやれば高く早く売れるのか」を案内してくれることでしょう。

【補足】大手以外の不動産会社と出会いたいときは?

なんだかテレビなどでよく聞く大手の不動産業者しかないような気がするけど…もっと渋谷区に根付いた不動産会社にオススメはないの?

確かに上記に挙げたのは、”無難”な大手の不動産会社です。頼んでおけば絶対に失敗する事は無いので、満足いく売却を実現することでしょう。

ただしせっかく大事なマンション売却するのですから、地域に根付いた規模の小さい不動産会社も気になりますね。どのような提案をしてくるのか聞きたいもの。

そんな不動産会社にお願いしたいのであれば、一社ずつ会社を回って査定依頼をしていかなければいけませんが、相当に時間かかるし面倒です。

半年や1年以上かかっても、なかなか売却する企業を決めることができないでしょう。では一体どうすれば良いのでしょうか。

そんなときにおすすめなのが、不動産一括査定サイトを使うことです。

「不動産一括査定サイト」とは、その名の通り「物件の査定を複数の不動産会社に一括でお願いできる」サービスのこと

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトを使えば、渋谷区のマンションに強い不動産会社に一括で査定依頼ができるので、大手だけではなく規模の小さい会社にも効率的に査定依頼ができます。

大手だけではなく、規模の小さい会社の査定も欲しい、という人は不動産一括査定サイトを使うと良いでしょう。

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4U

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、年間400万人に利用されています。

不動産一括査定で一番の老舗で17年の歴史を誇っています。

それだけ、長い運営が続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦17年。安心、信頼感がある。
  • 年間400万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

【朗報!】一都三県なら「ソニー不動産」も同時申し込みがオススメ

ソニー不動産

ソニー不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用しています。

エージェント制とは:「両手仲介せず、売主の仲介に専念したサービス」であること

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、ソニー不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

さらに、今なら不動産売却の成功の秘訣DVDが無料でもらえます!

一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※ソニー不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の一都三県のみの対応となっています。

ソニー不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 申込者全員に不動産売却成功の秘訣のDVDが無料でもらえる
  • 利用満足度91.1%!「おすすめしたい」「スピード売却」「売却価格に納得した」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

ソニー不動産の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!ソニー不動産公式サイトをチェック

オススメ2.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウール

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,500社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「HOME4U」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,500社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValue

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に830店舗。年間の仲介成約数10万件(2015年度実績)!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%(2016年すまいValueアンケートより)。高い安心度でサービスを受けられる

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

オススメ4.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイド

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

Re Guideの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額が分かる!リガイドをチェック

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目 HOME4U イエウール すまいValue リガイド
運営会社 株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社Speee すまいValue運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
上場 未上場 未上場 未上場 未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
4年
(2014年)
2年
(2016年10月)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
1,000社以上 約1,500社 大手6社のみ 約550社
査定可能な不動産 ・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。
【2018年最新】不動産一括査定のデメリットと失敗しない選び方

まとめ

今回は渋谷区のマンション売却をする上で、知っておきたい必須事項について紹介してきました。

エリアが変われば相場が全然違うことや、どんな業者にお願いすれば良いのかなどの情報がわかったと思います。

もし渋谷区のマンション売却について検討してるのであれば、今回の記事を参考にしてみてください。

以上「【2018年最新】渋谷区のマンション売却の最新相場や上手に売る方法を解説」でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。