不動産業者に嫌われる「SRE不動産(旧ソニー不動産)」の常識破りなサービス内容を完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吹き出しの画像
「SRE不動産(旧ソニー不動産)」って、どのようなサービスなの?わたしの不動産を売却するときに、役に立ってくれるのか気になる… 

SRE不動産(※旧ソニー不動産)」とは、ゲームや家電でお馴染みの「ソニー」が作った不動産会社です。

あなたの大切な不動産を売却するサポートをしてくれます。

もし不動産会社とあまりが関わったことがないならば、SRE不動産についても知らないことばかりでしょう。

利用したい気持ちよりも不安の方が大きく、不安を解消するには何を知るべきか、どこまで知ればいいのか、わからないはず

しかし実は、SRE不動産に対する不安を解消するためにあなたが知っておくべき知識は、そこまで多くありません。

  • SRE不動産の基礎知識や運営会社の情報
  • SRE不動産の特徴
  • 実際にSRE不動産を使った人の口コミ
  • SRE不動産を使うべき人はどんな人なのか

逆に上記の知識を知らないままだと、SRE不動産の魅力的な特徴をうまく使いこなせないでしょう。

今回の記事ではあなたがSRE不動産を利用する前に、知っておくべき必要知識すべてを、現役不動産業者である筆者がわかりやすく解説。

「SRE不動産を使うべきか迷っている」「利用するかどうか決めるためにも、もっと情報が欲しい」という人には、必見の内容になっています。

すぐわかる!本記事の結論まとめ

  • SRE不動産は売主専門としており100%片手仲介、対象エリア(一都三県、大阪、兵庫)の方は査定相談する1社に必ず入れておくべき
  • SRE不動産は、不動産一括査定と合わせて使うことで効果を発揮する

※詳細は「【総評】不動産業者からみたSRE不動産(旧ソニー不動産)は誰が使うべき?」にまとめています。

【基礎知識】SRE不動産(旧ソニー不動産)とは?どんな会社?

SRE不動産

SRE不動産

SRE不動産(旧ソニー不動産)は家電やゲーム機でおなじみの「ソニー」が作った不動産会社。

2014年を営業を開始しています。会社概要は以下の通りになりますよ。

  • 会社名・・・SREホールディングス株式会社
  • 設立日・・・2014年4月14日
  • 事業内容・・・不動産に関する売買仲介・賃貸
  • 所在地・・・東京都中央区銀座7丁目2番22号4階
  • 電話・・・ 0120-213-919
  • 資本金・・・18億2,245万円
  • 宅建番号・・・国土交通大臣(1)第9297号

詳しくは後述しますが、日本では一般的に行われている「両手仲介」を行わないのが最大の特徴

代わりに「エージェント制度」を導入している日本では数少ない不動産会社です。

ソニー不動産のエージェント制度

※画像出典:SRE不動産(※旧ソニー不動産)公式サイトより

SRE不動産では使用した人の満足度を公式サイトを定期的に発表。

いつも利用者満足度90%を超え、非常に高い水準を維持し続けています

SRE不動産の対応地域

高い満足度を誇るわけですから、家を売りたい人にとって、SRE不動産は魅力的な会社であることは間違いありません。

ただ、ここまでスキがないのに、SRE不動産の知名度は全国的にも低いです。なぜなのでしょうか。

答えはカンタン。SRE不動産は、実はまだ東京・神奈川・千葉・埼玉、大阪、兵庫しか対象範囲ではないから

つまり、営業範囲の狭さが最大の欠点というわけです。

SRE不動産(旧ソニー不動産)における最大の特徴「エージェント制」

ここまではSRE不動産の基礎知識を紹介してきましたが、もう1歩踏み込んで深掘りしてみましょう。

具体的にはSRE不動産の最大の特徴でもある「エージェント制」について深堀していきます。

「エージェント制」とは、ざっくり言うと「両手仲介」をしないことです

両手仲介とは?

不動産業者は不動産仲介をして成立すると、「仲介手数料」を報酬として得ることができます。

仲介手数料は法律で物件の販売価格の3%を上限と決まっており、不動産業者が多くの報酬を得るためには、契約件数を増やすしか方法がありません。

何とか契約件数を増やそうと画策した不動産業者が生み出した方法が「両手仲介」。仕組みとしては以下の通り。


※出典:ソニー不動産「ソニー不動産の売却サービスはここが違う」より 

つまり不動産会社が売主と買主を両方とも見つけてきて、それらをマッチングさせる手法。

売主と買主の両方から仲介手数料をもらえるので、「両手仲介」と言われています。

一方で、両手仲介の対となる方法が「片手仲介」

売主と買主、それぞれに不動産会社がついで取引を行うので、不動産会社としては1人分の仲介手数料しかもらえない仕組みになっています。


※出典:ソニー不動産「ソニー不動産の売却サービスはここが違う」より

不動産会社からすると儲けが少ない「片手仲介」ですが、SRE不動産はそれを強みとして立ち上がりました。

そして「エージェント制度」と題し、日本で初めて両手仲介を行わない不動産業者として頭角を現していくことになります。

両手仲介と片手仲介をもっと知りたい人は下記記事を参照ください。

両手仲介だと損をするのは売主側

「両手仲介」をすると、売主が損をする可能性があります。

なぜ損をするのか、SRE不動産は「裁判」に例えて解説してくれてますよ。

これは裁判になぞらえて考えるとわかりやすいと思います。

刑をできるだけ軽くしたい被告側の弁護士と、罪に見合った刑罰を課そうという原告側の検察。両者の立場は、利益が相反している関係なので、一人の人物が弁護・検察を兼ねることはあり得ません。

※出典:ソニー不動産「ソニー不動産の売却サービスはここが違う」より

早い話が、売主と買主両方とも担当すると、必ず不公平が発生するのです。

具体的には

  • 売主は「高く売りたい」
  • 買主は「安く買いたい」

と思っているわけです。

両手仲介で売主と買主を両方の相手をしている不動産業者は、早く契約を締結させて仲介手数料を手に入れたいと思うわけです。

不動産の売却においては、買主から値引きを要求するのが頻繁にありますが、早く契約を締結させたいがために売主側に値引きを容認するように伝えてしまうのです。

つまり両手仲介は売主側にとって不利になるのです。

SRE不動産が「エージェント制度」でしていること

SRE不動産は売主側だけに味方して”片手仲介”を行うことを「エージェント制度」として、サービスを提供しています。

具体的にエージェント制度では、何をしているのかというと、以下の通りになりますよ。

  • 売主だけに味方する「片手仲介」しかしない
  • 物件情報を同業他社に提供する

ソニー不動産のエージェント制度

※画像出典:SRE不動産(※旧ソニー不動産)公式サイトより

この中でも注目すべきなのは「物件情報を同業他社に提供していること」

日本の不動産業界は「囲い込み」と呼ばれる悪習があり、他者に物件情報を提供せずに自社だけで情報を隠し持ちます。

囲い込みをしてしまうと、情報の拡散力が低下してしまうため、なかなか購入希望者が現れず、売主にとっては不利益になってしまいます

しかしSRE不動産は売主だけに味方する企業。物件情報を積極的に同業他社に提供しています。

囲い込みが行われる事は一切なく、売主にとって利益のあることしかしていません

【補足知識】SRE不動産の「エージェント制度」はアメリカ発祥

SRE不動産が実施している「エージェント制度」は、実はアメリカで日常的に行われている不動産売買の仕組みをマネしたもの

アメリカでは全ての不動産取引で、両手仲介が完全に禁止されており、売主と買主につく業者は別々となっています。

それぞれをサポートする不動産業者は、顧客の利益追求を第一に考え、相手方の不動産業者と交渉という名の「せめぎ合い」をしています。

このような顧客を有利にさせてくれる「エージェント制度」に目をつけ、日本に輸入してきたのがSRE不動産というわけです。

60秒で無料相談!SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイトをチェック

※安心のソニーグループ運営、両手仲介なしの売主特化

実際にSRE不動産(旧ソニー不動産)を使った人の口コミ

ここまではSRE不動産の唯一無二の特徴である「エージェント制度」について見てきました。

SRE不動産をもっと深く知るには「実際に使ったことのある人の声」を知るのも必要。

そこでここからは、SRE不動産が自らアンケートとして収集している「実際に使った人の口コミ」を紹介していこうと思います。

2,000件以上ある口コミから、良い口コミだけではなく、悪い口コミをピックアップ。

SRE不動産を使おうと思っている人は、ぜひ全てに目を通してみて下さい。

SRE不動産に対する良い口コミ

吹き出しの画像
契約、決済ともに私の希望する場所、時間に合わせてくれた事が好感もてる。(多くの大手業者は自社の事務所で行ないたがる)○○さんは全てにおいてそつがない。これといった欠点等は何も感じられず、私として十分満足いたしました。今後ともよろしくお願いします。
吹き出しの画像
このような売却は初めてでしたので、とても不安がありましたが、担当エージェントの○○さんのサポートのおかげで、スムーズに売却出来ることが出来て感謝しております。判らないことだらけで、つまらない質問に対しても丁寧に説明やアドバイスをして頂きました。ありがとうございました。またお世話になることもあるかと思いますので、宜しくお願い致します。
吹き出しの画像
一時期、他社と合わせて一般仲介でお世話になった際の、他社の対応と比べてもソニー不動産さん(○○さん)の対応が一番よく、売却活動再開の際に改めてお願いしたところ、すぐに成約となりました。広告の方針、価格の交渉等、非常にうまくいったと思っています。ありがとうございました。また、△△まで足を運んでいただきありがとうございました。
吹き出しの画像
業界の常識に斬り込む経営方針に共感しました。
当初は不安な部分もありましたが(本当にこの方法で売れるのか)、想定よりも早期に、更に希望の売却価格で売却でき、大変満足しています。(○○の査定より400万円高く売却できました)
担当エージェントの△△様には大変御世話になりました。
有難うございました。

SRE不動産に対する悪い口コミ

吹き出しの画像
SONYなので「売り主のエージェントに徹する」というビジネスモデルを頭から信じました。しかし、普通の不動産屋さんでした。
SONYファンとして大変残念です。
吹き出しの画像
売却が決まり、契約日が決まっても、当日の段取りや必要書類についての連絡は全くありませんでした。心配になったため、ネット等で調べて必要書類は用意しておきましたが、結局前日になってもソニーの営業マンからの連絡はなく、私から問い合わせて、ようやく連絡が来たような状況でした。その時に私から送ったメールを添付しておきます。ソニーのホームページには、「ご契約日時が確定した段階で、ご契約のご案内をお送りいたします」とありますが、契約の案内書面が届いたのは、契約前日の夜9時過ぎです。
・契約時にはどういうことが行われるのか、という説明も一切受けていませんでした。私は、ネットで契約時の話の流れ等について調べていたので、契約時に突然話を振られても対応できましたが、不動産屋任せで何も準備していない人だったら、戸惑うんじゃないかな、と思えるような場面もありました。
吹き出しの画像
マンションは高く早く売れました。仲介手数料も他社よりは安く済みました。しかし、ソニーと媒介契約を結んでからは、引渡が終わるまで、必要な資料は何か、必要な手続きは何か、何か忘れていることはないか、などずーっと心配のし通しでした。さらに引渡が終わって1ヶ月が経った今になっても、本当に全ての必要な手続きをしてくれたのだろうか、など心配は尽きません。
こんな思いをするぐらいだったら、多少売却価格が安くても、仲介手数料が高くても、全てを安心して任せられる不動産屋に頼めばよかったと思っています。知り合いにはソニー不動産は絶対に勧めません。
吹き出しの画像
売却交渉に入ってからの連絡をもう少しまめにしていただいたほうが良いと思う。連絡が無く、不安な状況、動いていただいているのか分からない状況があった、
3か月で売却できなければ別の会社にのりかえようと思っていた(大切な資産をお預けして良いのか不安になったため)

60秒で無料相談!SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイトをチェック

※安心のソニーグループ運営、両手仲介なしの売主特化

【総評】不動産業者からみたSRE不動産(旧ソニー不動産)は誰が使うべき?

ここからは現役不動産業者である筆者が、SRE不動産に対する評価を「総評」としてまとめておきます。

結論、SRE不動産は対象エリア(一都三県、大阪、兵庫)で売却検討中の方は利用するべき。

日本で、ここまで売主特化の会社は他にありません。

不動産業界自体が「お客様目線」で物事を考えることが、正直少ないですからね・・・。

一般の消費者からしてみると「普通なことなのでは?」と思うかもしれません。

ただ、業界の常識を知っている筆者からすると、「よくここまでメスを入れたな」と関心しています。

ぶっちゃけSRE不動産は、他の不動産会社から嫌われていますからね。

特に両手仲介比率が高い大手不動産会社から嫌われています。

SRE不動産の「顧客重視」「片手仲介のみ」というスタンスが日本のスタンダードになってしまえば、都合が悪くなってしまう不動産業者はたくさんいるのです。

筆者としてはダーティーなイメージがある不動産業界をクリーンにするためにも、SRE不動産のエージェント制度はもっと広がってほしいと思います。

不動産一括査定と合わせて使うことで効果を発揮

SRE不動産は、売主にとって間違いない会社。

ただし、大手不動産会社や中小の不動産会社にも依頼をして客観的に意見を聞いたほうがいいです。

特に大手は買主を多く抱えているため、何だかんだで売却がスムーズに進みます。

そして、大手不動産会社を併用することで力を発揮するのが「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」なのです。

理由は、大手不動産会社は両手仲介の比率がとても高いため。

対して、SRE不動産は片手仲介しか行わないため、併用することで客観的な意見を集められます。

そして、大手~中小の不動産会社に一度にまとめて依頼できるのが不動産一括査定サービスなのです。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産のプロが厳選!不動産一括査定の選ぶ基準とオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記4つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は4つ

  • 基準1.参加不動産会社が魅力的である(大手~地域密着まで査定できる)
  • 基準2.実績が豊富(利用者数+運営歴)
  • 基準3.セキュリティ対策をしている(プライバシーポリシーの取得)
  • 基準4.不動産会社をしっかり審査している(悪徳不動産業者の排除)
これら4つの基準を満たす一括査定サイトは下記4つになります。

厳選したオススメの不動産一括査定サイト4選

  1. すまいValue
  2. HOME4U
  3. イエウール
  4. リガイド

それぞれの不動産一括査定の特徴を一覧表にしました。

比較項目すまいValueHOME4Uイエウールリガイド
運営会社小田急不動産(株)、住友不動産販売(株)
東急リバブル(株)、野村不動産アーバンネット(株)
三井不動産リアルティ(株)、三菱地所ハウスネット(株)
株式会社NTT
データスマートソーシング
株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
サービス開始年2016年2001年2014年2006年
査定数非公表累計30万件20万件非公表
サイト利用者数非公表年間700万人累計1,000万人非公表
提携している不動産会社の数大手6社約1,300社約1,700社約700社
特徴国内最大手に頼める。 都会に強く地方に弱い傾向がある。NTTデータグループなので安心感はトップ。 一括査定の歴史最長の老舗。参加企業数がNo.1で、企業一覧と特徴も見ることができる。厳選された不動産会社がウリ。 運営も長く、旧SBIグループの安心感がある。

※2019年11月時点の情報

不動産一括査定の上手な使い方は併用利用する

紹介した不動産一括査定は、どれも安心して利用できます。

ただし、それぞれの不動産一括査定には弱みがあります。その弱みを防ぐ方法があります。

弱みを防ぐには不動産一括査定を併用利用(組み合わせ利用)するのです。

都心部や県庁所在地などの人口が多い都市の方:すまいValue+HOME4U+SRE不動産(※旧ソニー不動産)
オススメの組み合わせ:「すまいValueHOME4USRE不動産(※旧ソニー不動産)

三井のリハウスや東急リバブルなどの国内最大手の不動産会社は、「すまいValue」にしか参加していません。

そして、大手・中堅・地域密着の不動産会社参加の「HOME4U」は、NTTグループ運営で最も安心して利用できるサイトの一つ。

つまり最大手の不動産会社に依頼「すまいValue」+大手・中堅・地域密着の不動産会社に依頼「HOME4U」を組みわせるのです。

ただ、大手は両手仲介の可能性が高いです。対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおくと安心です。

地方や郊外の方:HOME4U+イエウール
オススメの組み合わせ:「HOME4Uイエウール

大手の不動産会社は都心に強いですが、地方や郊外では対応できない場合があります。

特に「すまいValue」を使って依頼できる最大手の不動産会社は地方や郊外は対応していない可能性があります。

地方や郊外の方は「HOME4Uイエウール」を併用するといいでしょう。

最大手の不動産会社に依頼できるのは「すまいValue」だけ

すまいValue

すまいValue

すまいValueは国内最大手6社(三井のリハウス、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、東急リバブル、小田急不動産、野村の仲介plus)が共同で運営する一括査定サービス。

強力な販売ネットワークとノウハウを持っていますし、営業担当者の質も全体によいので、確実に依頼はしたいところ。

ただし、お伝えした通り大手は両手仲介の可能性が高いです。

対象地域(一都三県+大阪、兵庫)の方は、売主専門としている「SRE不動産(※旧ソニー不動産)」も合わせて申し込んでおきましょう。

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

NTTグループが運営の安心実績「HOME4U」

HOME4U

HOME4U

2001年から運営と最も長い、一括査定の老舗。

運営がNTTデータグループという安心感は抜群で、個人情報保護やセキュリティ対策などの技術力も信頼できます。

参加している不動産会社は、大手から中堅・地元密着まで約1,300社。

イエウールの1,900社と比べると1,300社で少なめに見えますが、厳しい審査を通過した不動産会社だけが参加しているというのが売りです。

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

参加不動産会数No.1の「イエウール」

イエウール

イエウール

参加している不動産会社は大手、中堅、地元密着型まで約1,900社と最多。

つまり一番不動産会社が見つかる可能性が高いということです。

サイト運営の歴史は比較的浅いですが、利用者も多く、安心して利用できます。

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

投資用物件に強い「リガイド」

リガイド

リガイド

旧「SBI不動産一括査定」というサイトで、「HOME4U」の次に運営が長い老舗サイト。

入力はYahoo!やFacebookから情報を引き継ぐこともでき、入力しやすいフォームです。

最大10社まで一括で査定依頼できるので、効率良く多数の会社に査定依頼したい人にも向いています。

HOME4Uなどと比べると600社で少なめに見えますが、独自審査を通過した優良不動産会社というのが売りです。

また、投資用物件にも強く、資産の組み換えも相談できます。

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

SRE不動産の成長に期待

何度も言いますが、SRE不動産は売主にとってマイナスになる事は1つもありません。

同じ穴のムジナである筆者が言うのもなんですが、もし不動産売却をするのであれば両手仲介を行っている業者よりも、SRE不動産を使ってみてはどうでしょうか。

あなたが思ってる以上に、あなたに対して利益を与えてくれるサービスとなっていますよ。

このままダーティーなイメージを持ち続けても、不動産業界に成長はありません。

SRE不動産のような制度を持つ会社がもっとスタンダードになってくれれば、より不動産業界を活性化してくれることでしょう。

そのためにもまず、SRE不動産には旗揚げ的存在として、関東だけのサービスではなく、日本全国にSRE不動産を使えるようにして欲しいですね。

60秒で無料相談!SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイトをチェック

※安心のソニーグループ運営、両手仲介なしの売主特化

まとめ

今回はSRE不動産が気になっている人に向けて、絶対に押さえておいて欲しい知識を紹介しました。

「自分はSRE不動産を使うべきなのだろうか?」という疑問に対する答えが見えてきたのではないでしょうか。

答えはSRE不動産が対象としているエリア(一都三県、大阪、兵庫)で売主の方は利用するべきです。

ただ、SRE不動産にも弱点はあるため、不動産一括査定も合わせて使って、幅広く不動産会社の意見を聞くべきなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA