不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FP監修】あなたが知るべき土地活用は23種類!収益性や難易度を完全ガイド

公開日:
更新日:

使っていない土地を有効活用して利益を生み出す土地活用の種類について、気になっていませんか?

ネットの記事や関連書籍を見てみると、土地活用の種類は15種類程度と、様々な数が紹介されていますよね。

しかし実はこれらの記事では、まだまだ紹介しきれていない土地活用があるのをご存知でしょうか?以下をご覧ください。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • サービス付き高齢者住宅経営
  • 事務所賃貸
  • 駐車場経営
  • トランクルーム
  • 太陽光発電
  • コインランドリー
  • コンビニ
  • ロードサイド店舗
  • ビジネスホテル
  • 幼稚園
  • 老人ホーム
  • デイサービス
  • 貸会議室(コワーキングスペース)
  • 戸建て賃貸経営
  • 賃貸併用住宅
  • 借地
  • 自宅利用
  • 売却
  • 自動販売機設置
  • 広告看板設置
  • 墓地

このようにあなたが知るべき土地活用種類は全部で23種類あり、そのどれもがメリット・デメリットを内包しているのです。

もしこの事実について知らなければ「こんな土地活用もあったなんて知らなかった!」と大きなチャンスを失っていたかもしれませんよ?

しかし、ご安心ください。今回の記事では土地活用の種類について解説するのはもちろんのこと、どの土地活用がどんな人にオススメなのかという所まで深掘りしています。

不動産業者でファイナンシャルプランナーの筆者が、自身の経験からオススメできる土地活用も紹介してますよ!

これから土地活用する人にとっては、必見の内容です。ぜひ最後までご覧ください。

土地活用をするなら複数社からのプラン提案を見て学習を!
HOME4U土地活用なら無料で一気に複数社のプランを受けられる

目 次

種類を知る前に知っておきたい土地活用の基礎知識

まずは土地活用とは一体何なのか、という基礎知識から紹介していきましょう。

もちろん「土地活用についてはある程度知っている」という人は、次の「土地活用の主な特徴を種類別に解説」まで飛ばしてもらって構いません。

そもそも「土地活用」とは?

「土地活用」と一言で言っても、その定義は曖昧で、ネットの記事や関連書籍でも様々な媒体で色々な意味が見られます。 ただ基本的な土地活用の定義としては、以下の通りなりますよ。

使っていない土地を、何らかの手段によって長期的な利益(儲け)を生み出すこと

その何らかの手段とは、具体的に「建てる」「貸す」を中心とした行動になります。

詳しくは後述しますが、アパートやマンションを建てて第三者に貸すのが、土地活用の典型的なパターンになりますよ。

これらの土地活用サポートするための企業も昨今は充実しており、有名どころで言えば「大東建託」「旭化成」や「生和コーポレーション」等が台頭しています。

なお、相続して使う予定のない土地を活用することもありますし、土地活用するためにわざわざ土地を調達する時もあります。

土地活用を構成する重要な7つの要素

土地活用は様々な種類がありますが、どの方法も以下の7つの要素で構成されています。具体的には以下の通り。

初期費用 初期投資は、手軽な金額で始められるか
収益性 その土地活用で、得られるリターン(収益)は大きいか
転用性 その土地を途中から別の用途に転用することができるか
運用コスト 運用・管理にコストや面倒な手間が掛からないか
節税対策 固定資産税や相続税などに対して、節税効果が見込めるか
土地対応性 幅広い形態の土地で対応できるか
安定性 土地活用の経営・運用の安定性は高いか

初期費用は土地活用の種類によって、大きく変わります。

詳しくは後述しますが、駐車場経営は初期費用があまりかかりませんが、マンション経営となると建物の建設で億単位の費用が発生します。

また収益性も土地活用によって、大きく変わるので注意しなくてはいけません。

一般的には初期費用が高額になれば収益性も高まりますが、顧客ニーズや地域状況等も見ておかないと、収益が思うように上がらなかったり、予期せぬ出費が発生するので注意が必要です。

節税対策についても、土地活用をするなら必ず意識しておくべきポイントでしょう。

土地は所持しているだけで固定資産税が発生し、その額は年間数十万〜数百万になることもあるため、節税効果については必ず意識しておくべきです(詳しくは後述)

土地活用はこんな方におすすめ

土地活用という行為そのものに向いているのは、以下のようなニーズを持っている人です。

  • 土地を売りたくないけど固定資産税や草刈り費用を払いたくない
  • せっかくの土地だから何かに活用して収入を確保したい
  • 駅前などに使わない土地を持っている
  • 郊外に広い土地があるが使い道が思い当たらない
  • マンションやアパートの経営をして大家さんになってみたい
  • いずれその土地に住む予定だが今はまだそのタイミングではない

早い話、土地を持っているにもかかわらず、そのまま腐らせておくのはもったいない、と思っている人が土地活用に向いています

土地活用は始めるタイミングが早ければ早いほど収入発生が早まるので、上記のようなニーズを持っている人は、ぜひ土地活用にチャレンジしてほしいものです。

【補足知識】土地活用で固定資産税が下がる

先ほどお伝えしましたが、土地活用を行う上で「節税効果」は、ぜひとも知っておきたいポイントです。

具体的には「固定資産税」の節税効果が、土地活用をすることで期待できます

固定資産税とは土地評価額(国が算出した土地の価値金額)の1.4%が徴収される税金のこと

たとえば、1,000万円の評価額がある土地の固定資産税は年間14万円にもなり、10年間納税し続けるとトータルの金額は140万円に膨れ上がります

しかし土地活用のいくつかは、この固定資産税を節税する効果を持っています。

具体的にはアパートやマンション(住居用建物)を建てたときですね。以下のような固定資産税を節税する特例が適用できます。

1戸につき200平方メートルまで固定資産税評価額を6分の1まで軽減。200平方メートルを超える部分については3分の1まで軽減。

例として評価額1,000万円の土地の固定資産税を以下でみてみましょう。

更地(住居用建物が建っていない)場合 住居が建っている場合
※かつ、敷地が200平方メートル
以下の場合
固定資産税:140万円(年)
都市計画税:30万円(年)
合計:170万円(年)
固定資産税:23.3万円(年)
都市計画税:10万円(年)
合計:33.3万円(年)
差額:136.3万円(年)

※都市計画税率が評価額の0.3%の地域の場合

土地活用は通常10年〜数十年の長いスパンで行われますので、この優遇措置を10年以上活用し続ければ、節税効果も軽く1,000万円を超えてくる、ということになりますよ。

もちろん、アパート・マンションを建てることによって、建物に対する固定資産税も発生しますが、建設から3年間(または5年間)は建物の固定資産税も1/2になる優遇もあるので安心です。

土地活用23種類を7つの要素で評価

ここまで土地活用の基礎知識について紹介してきましたが、ここから本題とも言える土地活用の種類について紹介していきましょう。

今回ピックアップする土地活用は、以下の通りです。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • サービス付き高齢者住宅経営
  • 事務所賃貸
  • 駐車場経営
  • トランクルーム
  • 太陽光発電
  • コインランドリー
  • コンビニ
  • ロードサイド店舗
  • ビジネスホテル
  • 幼稚園
  • 老人ホーム
  • デイサービス
  • 貸会議室(コワーキングスペース)
  • 戸建て賃貸経営
  • 賃貸併用住宅
  • 借地
  • 自宅利用
  • 売却
  • 自動販売機設置
  • 広告看板設置
  • 墓地

それでは上記にある土地活用の種類の特徴を一覧表でまとめました。

  初期費用 収益性 転用性 運用コスト 節税対策 土地対応性 安定性
アパート経営 × ×
マンション経営 × × × ×
サービス付高齢者住宅 × × × × ×
事務所賃貸 × ×
駐車場経営 × ×
トランクルーム ×
太陽光発電 ×
コインランドリー ×
コンビニ ×
ロードサイド店舗 ×
ビジネスホテル × × ×
幼稚園 ×
老人ホーム × ×
デイサービス
貸会議室(コワーキングスペース)
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
借地
自宅利用 ×
売却 ×
自動販売機設置 × × ×
広告看板設置 ×
墓地 ×

ではこれらの土地活用方法について、シンプルかつわかりやすく解説していきましょう。

土地活用の種類1.アパート経営

マンションに比べて、小規模の賃貸住宅になるのがアパートです。 1棟が4〜6部屋しかないというメゾネットタイプが最近流行っていますね。

賃貸方式なので一度満室になると、非常に経営が安定する上、マンション型よりも初期費用がかからないというのが魅力。

その上、マンションよりも使う土地があまり必要ではないというのも大きな特徴の1つです。

ただし戸数が少ないので、1戸でも入居しなければ家賃収入が安定しないという弱点があることも忘れてはいけません。

なお、アパート経営は土地活用の王道とも言える方法なので、どうすれば成功するのかわかるシミュレーションも豊富です。

もしアパート経営について気になっているなら、以下のシミュレーションサイトをぜひ使ってみましょう。

収益シミュレーションサイトをチェック

土地活用の種類2.マンション経営

アパートよりも規模が大きく、戸数が10戸以上になる賃貸住宅がマンションです。

不動産の中でも人気の種別なので、入居希望者が付きやすいという利点があります。

その上、戸数が多いので空室が出たとしても、他の部屋の収益でカバーできるという魅力もありますよ。

ただし広い土地が必要な上に、建設費用が高額になったりする点が大きな問題でしょう。

土地活用の種類3.サービス付き高齢者住宅経営

大きな盛り上がりを見せているのが、サービス付き高齢者住宅型です。 カンタンに言えば、通常の賃貸住宅に高齢者向きのサービスをつけたものになります。

デイサービスのような介護系サービスをつける賃貸住宅もあれば、お年寄りが一緒に楽しめるレクリエーション施設をつけたり、フードコートのような大型食堂を作ったりと、様々なベクトルで高齢者向けのサービスを提供します。

ただし、もしこの住宅を実現するのであれば、介護福祉士や看護師に対する人件費がかさむことを忘れてはいけません。

そして高齢者向けのサービスの宿命と言ってはなんですが、一つ一つのサービスに微細なミスすらも許されないというのも覚えておいてください。

土地活用の種類4.事務所賃貸

賃料が高めに設定できるので、同じ賃貸住宅であるアパートやマンションよりも高額の収益が期待できます

その上いちど契約したら、解除する確率は非常に低いので、継続して高い収益が維持できるのも魅力的。

しかしもし事務所として貸すのであれば、利用する企業を見つけるまでの期間が長くなるのもお忘れなく。

なお、事務所賃貸をしたいと思うのであれば、まずは以下のサイトで事務所賃貸のニーズがどれだけあるのかを把握しておくことをおすすめします。

不動産経営博士をチェック

土地活用の種類5.駐車場経営

最も敷居の低い土地活用が駐車場経営です。月々の賃料をもらい、駐車場の1スペースを貸し出す「月極駐車場」と時間ごとにお金をもらう「コインパーキング」があります。

月極駐車場であれば安定した収入が入りますし、コインパーキングであれば利用者数名を稼ぐことができたら高額の収益が期待できるでしょう。

どちらも他の土地活用に比べて、初期投資が非常に少ないので、初心者向けの土地活用でもあります。

しかし初心者向け、つまりはローリスクであるが故になかなか高い収益も期待できないローリターンな土地活用であるのも否めません。

土地活用の種類6.トランクルーム

最近の流行の土地活用がトランクルームです。簡単にいうと、外付けの収納ですね。

家の中にある収納スペースでは足りない人のためにトランクルームを用意し、余剰の収納を提供するというもの。

昨今では住宅の縮小化が続いてますので、家の中には入らないスポーツ用品や家具・家電・コレクショングッズなどを持つ人がトランクルームを使っています。

ローリスクでできる上にいちど利用者がつけばなかなか離れられないということから、今注目されている土地活用です。

しかし人口が少ない地域などではそもそものニーズが少ないので、経営がなかなか成り立たないという弱点もあります。

土地活用の種類7.太陽光発電

自宅の屋根や余剰の土地などに太陽光パネルをつけて発電した電気を、電力会社に売ることによって収益を生み出します。

なんといっても手軽さが魅力で、パネルさえつけておけば後は勝手に電気が生み出されて、電力会社に売却されるのを待つだけ。全部自動です。

初期投資は太陽光パネルだけなうえに、パネルはメンテナンス性も上がっているので、一度取り付ければ何もしなくていい土地活用になっています。

ただし雨が降ったりするとすぐに収益が傾く上、昨今では電力会社による電力買い取り価格も低くなっているので、安定した土地活用とは声を大にして言えないのが実情です。

なお、自分の状況だとどれくらいの発電が見込めるのをシミュレーションできるサイトもあるので、太陽光発電が気になる人はぜひやってみてください。

発電シミュレーションをチェック

こちらの記事もチェック!>>
誰でも年間90万円稼げる?土地活用「太陽光発電」の3つのメリット・6つのデメリット

土地活用の種類8.コインランドリー

街でよく見かけるコインランドリーも、れっきとした土地活用です。

性質としてはコインパーキングと一緒なので、とにかく利用者が増えなければ収益が上がらないという弱点があります。

しかし逆に利用者さえ増え続ければ、天井知らずの収益が得られるという利点もありますよ。

土地活用の種類9.コンビニ

コンビニエンスストアは「フランチャイズ」として営業されています。

フランチャイズとは本部から運営マニュアルや各種システムなどを借りて、運営していく経営形態のこと

全国的に有名なコンビニの名前と各種システム、商品を使えるため、最初から多くのお客さんを確保できるという利点があります

しかし人が集まらなければ収益を上げることもできませんし、本部に上納しなければならないロイヤリティ(売上の50~75%)も馬鹿にならないという難点も。

土地活用の種類10.ロードサイド店舗

ロードサイド店舗とは簡単にいうと道端にある店舗のことで、雑貨屋さんやケーキ屋さん美容室などが該当します。

とにかくお客さんさえ集めれば収益を上げることができるので、どこに立地するのかが1番重要になってきます。

過疎地に立地しても誰1人お客さんがやってこないので、駅前などの人が集まりやすい場所に立地することが重要になってきますよ。

土地活用の種類11.ビジネスホテル

ビジネスマン用に展開するホテルも、土地活用の1つとして多くの人に採用されています。

マンション建設並みの初期費用が必要になりますが、駅前の立地して多くの人に利用してもらうと、かなりの高収益が期待できますよ。

土地活用の種類12.幼稚園

昨今、待機児童問題でかなりのニーズにある幼稚園ですが、土地活用として始めることが可能です。

自治体によっては補助金なども出ているため、初期費用を抑えられる手段が存在するのが魅力

なお、運営するためには保育士を雇ったりしなければならない上に、お子さんに関するトラブルを絶対に起こさないようにするという徹底した配慮も必要になってきます。

土地活用の種類13.老人ホーム

幼稚園と同じく国からの補助金がもらえ、初期費用を抑えることが可能なのが老人ホームです。

老人ホームにはリハビリ医療器具など様々な設備を用意しなければならないため、広大な土地の広さが必要になります。

初期費用も高くなってしまいますが、一旦利用者が埋まってしまうとなかなか途中で止める人が少ないため、多くの収益を手に入れることができるでしょう。

土地活用の種類14.デイサービス

老人ホームと一緒くたにしがちですが、デイサービスは老人ホームとは全く違うサービスです。

デイサービスとはその名の通り、1日限りで高齢者の方をもてなすサービスのこと

1日限りの高齢者用ホテルと考えたほうがわかりやすいかもしれません。

老人ホームよりも少ない土地で実現できますが、介護福祉士等の設置が必要になってくるため、ある程度の維持費が必要になります。

土地活用の種類15.貸会議室(コワーキングスペース)

最近流行っている土地活用の1つが貸会議室、つまりコワーキングスペースです。

昨今では若手ビジネスマンが起業する事が多くなっています。 そんな若い起業主を助けるためにあるのが、コワーキングスペースです。

場合によっては会社の登記に使えたりと、多くのニーズに答えられる方法となっていますよ。

ただし、そんなに利用料金を得られることができないため、収益としては寂しいものになるでしょう。

土地活用の種類16.戸建て賃貸経営

マンションやアパートよりも少ない初期費用で実行ができるのが戸建て賃貸です。 その名の通り、一戸建てを建設して入居してもらい賃料を得ます。

もし一軒だけ建てるのであれば、1世帯だけの入居になるのでマンションアパートよりも管理が簡単という利点があります。

ただし収益も1世帯分しかもらえないため、満足いく利益を得るのは正直難しいです。

土地活用の種類17.賃貸併用住宅

自分が住んでいる家の一部を賃貸スペースとして貸し出すことも可能です。

もしくは今から建てる家を、賃貸スペースと自分の居住スペースに分けておくことも。

これらの方法を賃貸併用住宅というのですが、手軽に大家さんになる方法として昨今人気になっています。

ただし基本的には1世帯しか入居させることができないので、収益に関しては期待できません

土地活用の種類18.借地

使っていない土地を第三者に貸すのが借地です。 借地の仕様用途はたくさんあり、資材置き場になったり、1時的な利用(例えばお祭り等)もありますよ。

どの方法も土地を貸して返してもらうだけなので非常に手軽という利点があります。

ただ土地を貸して、その上に建物を建てる場合、およそ50年から100年は返ってこないので注意しなくてはいけません。 その上、あまり収益も取れないというのも問題です。

土地活用の種類19.自宅利用

せっかくだから使っていない土地に自分の家を建てるというのも、ある意味「土地活用」でしょう。

土地活用の定義である「収益を生み出す」という点からは逸脱していますが、自分が使おうと思っているのであれば、自宅として利用するのもありです。もちろん、収益は発生しませんが。

土地活用の種類20.売却

こちらも土地活用の基本的な定義からは少し逸脱してはいますが、誰かに貸したり何かしらの運用するわけではなく、思い切って売り払うというのも手段の1つです。

売ってしまったら大きな収益が発生しますが、もう土地の持ち主ではなくなるため、二度と何かしらの活用術が使えないという難点もあります。

土地活用の種類21.自動販売機設置

街で絶対に見かける、といっても過言ではないのが自動販売機ですが、土地活用としてチャレンジすることができますよ。

基本的には自動販売機・飲料を全て自分に用意し、飲料に利益を載せて売るという形になります。

そのため、誰も買ってくれなければ1円も発生しないという難点もあります。

ただし初期費用そのものは少ないですし、人通りの多いところに設置すれば、ある程度の収益が見込めるという土地活用ではありますよ。

土地活用の種類22.広告看板設置

道を走っていると、大きな看板を見たことがありませんか? そのような看板は基本的に使っていない土地の上に立てて掲示しているはず。

あなたも土地活用として、このような広告看板設置を行うことが可能です。

必要なのは広告を張る看板だけなので、初期費用が非常に安くなります

また、ある程度の収益が得られるため、あまり知られていない「オイシイ土地活用」の1つといえるでしょう。

しかし広告主が見つからなければ1円も手に入らないという難点もあるので、駅前以外ではなかなか実現できない土地活用と言えるでしょう。

土地活用の種類23.墓地

使っていない土地を墓地として扱うのも、立派な土地活用です。

ただ墓地の場合、地中深くに遺体を埋めるため、今後二度と他の土地活用に使えないという難点があります。

一方である程度の利用者が増えれば、絶対に途中で止めることがないため、半永久的に収益が入るという利点もあります。

街中で墓地にするわけにいきませんから、郊外の土地ほど墓地に向いているといえますね。

【補足知識】どの土地活用が一番儲かる?収益性を比較

土地活用の種類それぞれの特徴を理解する上で、重要になってくるのが「収益性」です。

つまりはどれだけ儲かるかと言う事なのですが、先述できなかったことを中心に、改めてまとめておきましょう。具体的には以下の通り。

  初期投資額目安 毎月の収益イメージ 収益の安定性 投資回収期間
アパート経営 数千万〜1億円 数十万円 10〜20年
マンション経営 1億〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
サービス付高齢者住宅 1億〜数億円 数十万〜数百万円 × 5〜15年
事務所賃貸 数千万〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
駐車場経営 数十万円 数万〜数十万 0〜数年
トランクルーム 数十万円 数万〜数十万 0〜数年
太陽光発電 数十万円〜数百万円 数万〜十数万 10〜20年
コインランドリー 数千万〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
コンビニ 数千万〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
ロードサイド店舗 数千万〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
ビジネスホテル 1億〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
幼稚園 数千万〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
老人ホーム 1億〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
デイサービス 数千万〜数億円 数十万〜数百万円 5〜15年
貸会議室(コワーキングスペース) 数千万〜1億円 数十万円 5〜15年
戸建て賃貸経営 数千万〜1億円 数十万円 5〜15年
賃貸併用住宅 数千万〜1億円 数十万円 5〜15年
借地 0円 数十万円 0〜数年
自宅利用 0〜数年
売却 数十万円 0〜数年
自動販売機設置 数十万円 数万〜数十万 × 0〜数年
広告看板設置 数十万円 数万〜数十万 0〜数年
墓地 数千万〜1億円 数十万〜数百万円 5〜15年

見ての通り、初期投資を回収するまでにどの土地活用も相応の年数がかかりますので、土地活用は中長期的な運用計画を持って進めることが望ましいですね。

【種類別】土地活用のメリット・デメリット

ここまでの解説で、それぞれの土地活用の方法がどんなものなのか、ある程度のイメージがつかめたことでしょう。

しかし本当の意味で土地活用を成功させたいのであれば、もっとメリットとデメリット(リスク)に目を向けなければいけません。

大きなお金をかけて、大切な土地に何らかの作用を施すのですから、あなたに何をもたらして何を奪っていくのかを知るべきなのは、当然と言えば当然です。

前章でもリスクやデメリットについては紹介してきましたが、ここからはさらに先ほど紹介しきれなかったことを中心に、土地活用の種類ごとのメリット・デメリットをまとめておきましょう。

  メリット デメリット(リスク)
アパート経営 ・比較的土地の対応性が高い。ある程度場所を選ばずに適応できる
・固定資産税、都市計画税、相続税にて大きな優遇処置を受けることができる
・空き家対策が必要
・年数経過に応じてメンテナンスや家賃の見直しが必要
・住人トラブル時に対応が求められることもある
・初期投資額は比較的高め
マンション経営 ・現在、新築マンションの需要は高め。よって安定した高収益が見込められる
・金融機関からの融資を受けやすい(自己資金の数倍程度まで)
・初期投資額が相応に大きい
・空き家対策が必要
・年数経過に応じてメンテナンスや家賃の見直しが必要
・住人トラブル時に対応が求められることもある
サービス付高齢者住宅 ・比較的土地の対応性が高い
・国が支援する事業のため、補助金制度がある
・サービス事業者の品質に経営(収益)が大きく左右される
・ある程度の土地の広さが必要
事務所賃貸 ・通り沿いの立地など、エリアによっては高収益が期待できる
・経営手腕によって収益性を高めていくことも見込められる
・土地によって利益は大きく変動する
・外部要因の影響が大きい。例えば競合店の出現により、極端に収益が減少する可能性もある
駐車場経営 ・他に比べて初期費用が少ない。比較的手軽に始めることができる
・転用がしやすい。短期間であっても土地の再活用が可能
・土地の対応性が非常に高い
・高い収益性は期待できない
・節税効果はほとんどない
トランクルーム ・他に比べて初期費用が少ない
・初期の工期は短くてすませられる
・土地の対応性が非常に高い
・その土地の用途制限などで実現できない場合もある
・アパートやマンションに比べて顧客ニーズを把握するのが難しい
太陽光発電 ・初期費用が低く、工事期間も短くて済む
・日当たりなどの住環境に左右されにくい
・用途制限などで実現できない場合も多い
・アパートやマンションに比べてニーズの把握が難しい
コインランドリー ・通り沿いの立地など、エリアによっては高収益が期待できる
・経営手腕によって収益性を高めていくことも見込められる
・土地によって利益は大きく変動する
・外部要因の影響が大きい。例えば競合店の出現により、極端に収益が減少する可能性もある
コンビニ ・通り沿いの立地など、エリアによっては高収益が期待できる
・経営手腕によって収益性を高めていくことも見込められる
・土地によって利益は大きく変動する
・外部要因の影響が大きい。例えば競合店の出現により、極端に収益が減少する可能性もある
ロードサイド店舗 ・通り沿いの立地など、エリアによっては高収益が期待できる
・経営手腕によって収益性を高めていくことも見込められる
・土地によって利益は大きく変動する
・外部要因の影響が大きい。例えば競合店の出現により、極端に収益が減少する可能性もある
ビジネスホテル ・通り沿いの立地など、エリアによっては高収益が期待できる
・経営手腕によって収益性を高めていくことも見込められる
・初期コストが高い
・土地によって利益は大きく変動する
・外部要因の影響が大きい。例えば競合店の出現により、極端に収益が減少する可能性もある
幼稚園 ・比較的土地の対応性が高い
・国が支援する事業のため、補助金制度がある
・サービス事業者の品質に経営(収益)が大きく左右される
・ある程度の土地の広さが必要
老人ホーム ・比較的土地の対応性が高い
・国が支援する事業のため、補助金制度がある
・サービス事業者の品質に経営(収益)が大きく左右される
・ある程度の土地の広さが必要
デイサービス ・比較的土地の対応性が高い
・国が支援する事業のため、補助金制度がある
・サービス事業者の品質に経営(収益)が大きく左右される
・ある程度の土地の広さが必要
貸会議室(コワーキングスペース) ・比較的土地の対応性が高い。ある程度場所を選ばずに適応できる ・高い収益は期待できない
戸建て賃貸経営 ・比較的土地の対応性が高い。ある程度場所を選ばずに適応できる
・固定資産税、都市計画税、相続税にて大きな優遇処置を受けることができる
・空き家対策が必要
・年数経過に応じてメンテナンスや家賃の見直しが必要
・住人トラブル時に対応が求められることもある
・初期投資額は比較的高め
賃貸併用住宅 ・比較的土地の対応性が高い。ある程度場所を選ばずに適応できる
・固定資産税、都市計画税、相続税にて大きな優遇処置を受けることができる
・空き家対策が必要
・年数経過に応じてメンテナンスや家賃の見直しが必要
・住人トラブル時に対応が求められることもある
借地 ・他に比べて初期費用が少ない。比較的手軽に始めることができる
・転用がしやすい。短期間であっても土地の再活用が可能
・土地の対応性が非常に高い
・高い収益性は期待できない
・節税効果はほとんどない
自宅利用 ・どの土地でもできる ・収益が発生しない
売却 ・どの土地でもできる ・一度行うと二度と他の活用方法ができない
自動販売機設置 ・他に比べて初期費用が少ない。比較的手軽に始めることができる
・転用がしやすい。短期間であっても土地の再活用が可能
・土地の対応性が非常に高い
・高い収益性は期待できない
・節税効果はほとんどない
広告看板設置 ・他に比べて初期費用が少ない。比較的手軽に始めることができる
・転用がしやすい。短期間であっても土地の再活用が可能
・土地の対応性が非常に高い
・場合によっては高収益もありえる

・節税効果はほとんどない
墓地 ・どの土地でもできる
・高収益も十分にありえる
・一度行うと二度と他の活用方法ができない

上記に示したメリットとデメリットは、あなたが土地活用の手段を選ぶ上で、絶対に必要な情報源です。必ず頭の片隅に入れておいてください。

あなたに最適な方法は?土地活用の種類別の特徴まとめ

ここまで土地活用の種類別にメリット・デメリットやについて紹介してきましたが、先述した「土地活用を構成する7つの要素」を各種活用方法を当てはめると、どうなるのでしょうか。

もう一度おさらいしてみると、土地活用は以下の7つの要素で構成されています。

初期費用 初期投資は、手軽な金額で始められるか
収益性 その土地活用で、得られるリターン(収益)は大きいか
転用性 その土地を途中から別の用途に転用することができるか
運用コスト 運用・管理にコストや面倒な手間が掛からないか
節税対策 固定資産税や相続税などに対して、節税効果が見込めるか
土地対応性 幅広い形態の土地で対応できるか
安定性 土地活用の経営・運用の安定性は高いか

先ほども紹介しましたが、この7つの要素をここまで紹介してきた種類別にまとめると、以下のようになりますよ。

  初期費用 収益性 転用性 運用コスト 節税対策 土地対応性 安定性
アパート経営 × ×
マンション経営 × × × ×
サービス付高齢者住宅 × × × × ×
事務所賃貸 × ×
駐車場経営 × ×
トランクルーム ×
太陽光発電 ×
コインランドリー ×
コンビニ ×
ロードサイド店舗 ×
ビジネスホテル × × ×
幼稚園 ×
老人ホーム × ×
デイサービス
貸会議室(コワーキングスペース)
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
借地
自宅利用 ×
売却 ×
自動販売機設置 × × ×
広告看板設置 ×
墓地 ×

こうして、土地活用の種類をそれぞれの特徴ごとに比べてみると、それぞれの土地活用のイメージもより付きやすくなるのではないでしょうか。

「自分には何の土地活用が向いているのか」という”答え”もおぼろげながら見えてきたはずです。

では例を出してみましょう。先ほど「土地活用に向いている人とは?」ということで、以下のような人たち紹介しました。

  • 土地を売りたくないけど固定資産税や草刈り費用を払いたくない
  • せっかくの土地だから何かに活用して収入を確保したい
  • 駅前などに使わない土地を持っている
  • 郊外に広い土地があるが使い道が思い当たらない
  • マンションやアパートの経営をして大家さんになってみたい
  • いずれその土地に住む予定だが今はまだそのタイミングではない

上記に挙げた人たちは、それぞれの土地活用の特徴を踏まえると、以下のような相性になりますよ。

土地を売りたくないけど固定資産税や草刈り費用を払いたくない

土地活用 オススメ度
アパート経営
マンション経営
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
サービス付高齢者住宅
ロードサイド店舗
ビジネスホテル
幼稚園
老人ホーム
デイサービス
売却
事務所賃貸
コンビニ
貸会議室
借地
自宅利用
駐車場経営 ×
トランクルーム ×
太陽光発電 ×
コインランドリー ×
自動販売機設置 ×
広告看板設置 ×
墓地 ×

税金や草刈り費用等の維持費を払いたくないという人は、税金が免除できる「建物を建てる土地活用」が1番適しています。

ただ戦術したように固定資産税を免除するためには、基本的に住居用建物(人が住んで暮らせる建物)ではないといけないため、なんでも建物を建てればいいわけではないことを忘れないようにしてください。

せっかくの土地だから何かに活用して収入を確保したい

土地活用 オススメ度
マンション経営
ビジネスホテル
アパート経営
サービス付高齢者住宅
事務所賃貸
トランクルーム
コインランドリー
コンビニ
ロードサイド店舗
幼稚園
老人ホーム
デイサービス
戸建て賃貸経営
墓地
駐車場経営
太陽光発電
貸会議室
賃貸併用住宅
借地
広告看板設置
自宅利用 ×
売却 ×
自動販売機設置 ×

このようなニーズを持っている人は、自宅利用や売却以外ははっきりって何をやってもいいと言えるでしょう。

どちらかと言えば、自動販売機のように低収益ではなく高収益が狙える土地活用をやってみてはどうでしょうか

駅前などに使わない土地を持っている

土地活用 オススメ度
アパート経営
マンション経営
サービス付高齢者住宅
事務所賃貸
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
借地
駐車場経営
トランクルーム
貸会議室
自宅利用
トランクルーム
コインランドリー
貸会議室
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
幼稚園
老人ホーム
デイサービス
借地
墓地 ×
太陽光発電 ×

駅前に土地を持っているのであれば、人通りの多い場所でしか高収益が狙えない土地活用をするべきです。

太陽光発電や墓地など郊外の土地でしかできないものは、逆に駅前ではやってはいけません

郊外に広い土地があるが使い道が思い当たらない

土地活用 オススメ度
墓地
太陽光発電
アパート経営
マンション経営
サービス付高齢者住宅
事務所賃貸
老人ホーム
デイサービス
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
借地
自宅利用
幼稚園
売却
駐車場経営 ×
トランクルーム ×
コインランドリー ×
コンビニ ×
ロードサイド店舗 ×
ビジネスホテル ×
貸会議室 ×
自動販売機設置 ×
広告看板設置 ×

郊外に広い土地を持っているのであれば、人通りが多い場所でないと実現できない土地活用をしてはいけません。

お客さんを集めなければ、利益を生まないような土地活用は軒並みアウトでしょう。

ただ周辺に人が住んでいるのであれば、住居系の賃貸は可能ですし、特に墓地や太陽光発電は非常に相性の良い土地活用といえます。

マンションやアパートの経営をして大家さんになってみたい

土地活用 オススメ度
アパート経営
マンション経営
サービス付高齢者住宅
事務所賃貸
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
借地
駐車場経営
トランクルーム
貸会議室
デイサービス
太陽光発電 ×
コインランドリー ×
コンビニ ×
ロードサイド店舗 ×
ビジネスホテル ×
幼稚園 ×
老人ホーム ×
自宅利用 ×
売却 ×
自動販売機設置 ×
広告看板設置 ×
墓地 ×

大家さんになりたいのであれば、とにかく賃貸料が発生する土地活用にすればいいでしょう。

マンションやアパートはもちろんのこと、トランクルームや駐車場経営も立派な「大家業」ですよ。

いずれその土地に住む予定だが今はまだそのタイミングではない

土地活用 オススメ度
駐車場経営
太陽光発電
借地
自宅利用
自動販売機設置
広告看板設置
トランクルーム
アパート経営
マンション経営
サービス付き高齢者住宅
事務所賃貸
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
コインランドリー ×
コンビニ ×
ロードサイド店舗 ×
ビジネスホテル ×
幼稚園 ×
老人ホーム ×
デイサービス ×
貸会議室 ×
売却 ×
墓地 ×

後々に持ち家として土地を使う予定なのであれば、進行中の土地活用を止めて、まっさらな土地に変えられるような方法にしなければいけません。だめな典型例としては墓地ですね。

自分が家を建てるときに、障害になりそうなものを用意しなければならない方法は避けるべきでしょう

【補足知識】成功者が多かったのは?オススメの土地活用3種類

ここまででの解説で、あなたが選ぶべき土地活用が見えてきつつあることでしょう。

さらにダメ押しとして、筆者の経験則からおすすめ土地活用を紹介しておきます。

筆者は不動産業者兼ファイナンシャルプランナーとして、これまで様々な土地活用のサポートを行ってきました。

初心者ながら土地活用に挑戦してきた土地オーナーさんに幾度となく会ったことがありますが、その中でも成功者が多かった土地活用は限られていましたね。具体的には以下の通りです。

  • アパート経営
  • 事業用賃貸
  • 駐車場経営

これら上記3つに共通する事項は賃貸経営であることです。

そして賃貸系の中でも、そこまで初期費用が多くないもないものになります。

つまりはリスクを極力控えて、安定した賃料が得られる土地活用が初心者でも成功しやすいというわけですね。

もちろん土地の立地や広さにも左右されますが、これら3つの土地活用は、賃料や貸し出すターゲットさえ間違えなければ、そうそう失敗することはありません。

さすがに短期間で一気に稼ぐことはできませんが、長期的かつ安定した収益を出そうと思うのであれば、上記の3つの方法ならあなたの期待に応えてくれるでしょう。

【総評】土地活用をするなら会社選びが最重要

ここまでの解説を見てきて、実際に土地活用にチャレンジしてみようと、熱意も高まっているのではないでしょうか。

もし土地活用を具体的に進めるとしたら、必要となるのが一緒にプランニングを行ってくれて、かつ運用を一任できる「事業パートナー」です

アパート経営を行うのであれば、間取りや戸数はどうするのか、賃金額はいくらにするのかというところまで事業パートナーとともに決めていきます。

しかし初めて土地活用をされる方からすれば、「どの業者にお願いすれば良いかわからない」「そもそも、そんな業者をどこで探してくればいいの?」と疑問に思うことでしょう。

そんな時に力になってくれるのが、土地活用をサポートしてくれる事業パートナーの資料を「一括請求」できる「HOME4U 土地活用」です。

「HOME4U 土地活用」とは?

image1

「HOME4U 土地活用」とは、一回の申し込みで土地活用の実績のある複数の事業パートナーから、資料を請求できるサービスのこと

「HOME4U 土地活用」に登録している事業パートナーは大手事業会社も多く参加しているので、しっかりした資料を確認して、業者の比較選定ができるようになっています。

「HOME4U 土地活用」の特徴

HOME4U土地活用」は一括で資料請求できるという効率性だけが特徴ではありません。

以下のような独自の特徴も備えていますよ。

  • 厳しい審査で厳選した優良不動産会社だけとやり取りできる
  • 豊富な実績で「HOME4U 土地活用」利用者は100万人突破
  • 運営会社がNTTグループで運営暦16年。安心と信頼感がある
  • 土地活用だけでなく「売却」などの選択肢にも対応できる

このように「HOME4U土地活用」は多くの大手業者や、地域密着型の老舗企業との連携もある、非常にバランスの取れた土地活用一括資料請求サイトです。

上記にある個人情報保護を徹底している証でもある「プライバシーマーク」も取得しているので、「登録したら個人情報が色々流出してしまうのでは…」といった心配もありません。

もちろん、無料で利用できるので「土地活用についてもう一歩、話を進めたい」と思っている人はぜひ利用してみて下さい

HOME4U土地活用をチェック

まとめ

以上、今回は土地活用の種類について紹介してきました。ネットや関連書籍では多数の種類が紹介されていますが、あなたが知るべき土地活用は以下の通りになります。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • サービス付き高齢者住宅経営
  • 事務所賃貸
  • 駐車場経営
  • トランクルーム
  • 太陽光発電
  • コインランドリー
  • コンビニ
  • ロードサイド店舗
  • ビジネスホテル
  • 幼稚園
  • 老人ホーム
  • デイサービス
  • 貸会議室(コワーキングスペース)
  • 戸建て賃貸経営
  • 賃貸併用住宅
  • 借地
  • 自宅利用
  • 売却
  • 自動販売機設置
  • 広告看板設置
  • 墓地

それぞれの土地活用がどういう手段で、どんな人に向いているのかという点について理解していただけたと思います。 これから土地活用にチャレンジしようと思っている人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。