不動産買取一括査定サイトの比較サイトです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車場経営には2種類あり!始め方・経営ポイント・難しさまでの全知識

公開日:
更新日:

土地の暫定利用の中では、駐車場経営が一番収益性は高いです。

暫定利用なので多くの収入を稼ぐことはできませんが、場所によっては土地の固定資産税以上の収益を稼ぐことも可能です。

駐車場経営について知りたいと思っている人の中には、

  • 「駐車場経営が気になるけど、どうやって始めたいいの?」
  • 「実際のところ、駐車場経営って儲かるの?」
  • 「相手は車だし簡単そうに見えるけど、難しいの?」

等々のことを思っている人も多いと思います。

そこでこの記事では、「駐車場経営」についてフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、駐車場経営の始め方からポイント、その難しさについて知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

1.駐車場経営にも2種類あり

駐車場の経営形態には、「時間貸し駐車場」と「月極駐車場」の2種類があります。

種類1.時間貸し駐車場

時間貸し駐車場は、時間単位で貸し出す形態の駐車場

時間単価の他、最大料金設定など、料金メニューに個性が出ます。

客としては、たまたま立ち寄ったドライバーや、一部のリピーターとなります。

収益性は月極駐車場よりも高いです。

また、時間貸し駐車場には、「施設貸し」「土地貸し」「自分で経営」の3種類があります。

種類1-1.施設貸し

アスファルト舗装をした上で、駐車場運営業者に貸すパターンを施設貸しと呼びます。

施設貸しは、パークロック、精算機、ゲート、看板、監視カメラ、照明など、アスファルト舗装以外の設備は駐車場運営業者が持ち込みます。

施設を貸すことになるため、家賃には消費税が発生します。

また、駐車場運営業者のアスファルト舗装費用の初期投資が減ることから、賃料は土地貸しよりも高いです。

種類1-2.土地貸し

アスファルト舗装をしない上で、駐車場運営業者に貸すパターンを土地貸しと呼びます。

土地貸しは、アスファルト舗装の他、パークロック、精算機、ゲート、看板、監視カメラ、照明など、全て駐車場運営業者が持ち込みます。

土地を貸すことになるため、地代に消費税が発生しません。

また、駐車場運営業者の初期投資にアスファルト舗装費用が含まれることから、賃料は施設貸しよりも安くなります。

種類1-3.自分で経営

駐車場運営業者に貸すだけでなく、自分で駐車場を経営することも可能です。

駐車場設備は、基本的にすべて購入となります。

自分で全て行うため、収益性は最も高くなります。

また、アスファルト舗装や、パークロック、精算機、ゲート、看板、監視カメラ、照明などの設備は全て土地オーナーが負担します。

種類2.月極駐車場

月極駐車場は、月単位で貸し出す形態の駐車場

賃料は、月額賃料として受領します。

客としては、周辺住民の他、店舗や診療所などの従業員用または顧客用に借りる人が中心です。

収益性は時間貸し駐車場よりも低いです。

設備投資としてはほとんどなく、砂利敷きの更地で、ロープによるライン引きでも経営は可能です。


以上、時間貸し駐車場の種類「時間貸し駐車場」「月極駐車場」について見てきました。

一番難しいのが、「自分で駐車場を経営する場合」です。

収益性が高い分、全部自分で決めなければなりません。他は業者頼みでもいいのです。

そこで次に、自分で駐車場経営する場合の始め方について解説いたします。

2.自分で駐車場経営する場合の始め方

ここからは最も収益性の高い「時間貸し駐車場を自分で経営」することを前提に解説します。

駐車場経営を始めるには、まず元々持っている土地で始めることが鉄則です。

土地を持っていない場合には、土地から購入することになりますが、土地は100%自己資金で購入するようにして下さい。

冒頭にご紹介したように、駐車場はあくまでも暫定利用であるため、収益性は著しく低いです。

収入は、良くて固定資産税を上回る程度ですので、アパートのように借入金を返済しながらできるようなものではありません。

そのため、借入金を使って土地を購入し、完本返済をしながら駐車場経営をするということは、まず無理ですので避けるようにして下さい。

土地を購入するのであれば手持ちのお金が鉄則

土地から購入して始める場合には、必ず手持ちのお金で土地を購入することが条件です。

「施設貸し」や「土地貸し」で駐車場経営を行う場合は、駐車場運営業者に声をかけ、賃料提案を受けます。

複数の駐車場運営業者から賃料提案を取り、一番高い業者を見つけて契約すれば、駐車場経営を開始することができます。

一方で、自分で駐車場経営を開始する場合は、時間貸駐車場の設備機器メーカーに問合せを行います。

駐車場設備は日本信号株式会社が圧倒的シェアを誇ります。

設備機器メーカーに声をかけると、熱心に営業提案をしてくれます。

この辺りは、ハウスメーカーが地主に熱心にアパート提案をするのと似ています。

設備機器メーカーは、設備を直接販売したいという思惑があるため、意外と熱心な営業を行います。

大手の設備機器メーカーでは、管理会社も持っています。

管理会社は自動精算機のつり銭補充や、顧客のクレーム対応等を行ってくれるため、管理会社に委託すると、安心して駐車場経営をすることができます。

アパートもハウスメーカーの管理会社に委託すると、手間をかけずに素人でも経営することができます。

駐車場も非常に似た構造になります。

設備機器メーカーから駐車場設備を購入し、管理会社に委託をすれば、何も知識が無くてもアパート経営をすることができます。

HOME4U土地活用」を使うと一気に複数の業者から駐車場が提案してもらえますので、大変便利です。

HOME4U土地活用をチェック

以上、ここまで自分で駐車場経営する場合の始め方について見てきました。

では、駐車場経営のポイントは何でしょうか。

そこで次に、駐車場経営のポイントについて解説いたします。

3.駐車場経営の成功秘訣は「価格」で差別化

駐車場経営は価格設定がポイントとなります。

時間貸し駐車場は、エリアによって時間当たりの相場が決まっていますので、相場を良く調べ、価格設定することが第一歩となります。

価格の見せ方を工夫する

ただし、価格設定も、それぞれ見せ方の工夫は必要となります。

1時間1,000円と表示するか、30分500円と表示するかは、経営者次第です。

周辺相場が1時間1,000円でも、1ヵ所だけ30分500円と表示していると、「あ、ここ安い」と勘違いする人は多いです。

地元に人にはすぐにバレますが、地元以外の人であれば、一瞬、「ここだけ安いのかな?」と思って入ってしまう人もいます。

なにせ、相手は車ですので、それなりのスピードで動いています。

熟考する余裕はなく、大きく500円と書かれている数字だけ見て、引っかかる人はたくさんいます。

価格競争をしてしまうと、自分が苦しくなるだけですが、表示の工夫の競争であれば、別に自分を苦しませることには繋がりません。

駐車場経営は他の駐車場と差別化できる要素が少なく、価格設定の工夫は経営の重要なポイントです。

最大額も工夫する

また、時間料金以外に、最大額についても差別化ポイントです。

例えば、1時間1,000円が相場のエリアであっても、24時間最大を8,000円の設定や、10,000円の設定など、最大料金は駐車場によって結構な金額差が存在します。

駐車場のリピーターは、最大料金についても関心が高いです。

時間単価は同じでも、最大料金を差別化することでリピーターを増やし、経営を安定させることもポイントとなります。

レストランであれば、料理や原材料によって店ごとの差別化は可能です。

しかしながら、時間貸し駐車場は、差別化ポイントがそう多くありません。

差別化が難しいとなると、立地勝負となってしまいますが、立地の良い土地は、駐車場を行うために購入するにしては高過ぎます。

安い土地で競合から勝ち抜く駐車場経営をするには、値段設定を十分に考えた上で、差別化することがポイントになります。

以上、ここまで駐車場経営のポイントについて見てきました。

では、駐車場経営はどのような点が難しいのでしょうか。

そこで次に、駐車場経営の難しさについて解説いたします。

4.駐車場経営の難しさ

個人で駐車場経営を始めると、最初は認知度向上に苦戦します。

駐車場運営業者が行っている駐車場には、Times24や三井のリパークなどがありますが、どれも看板が大きくて目立ちます。

特にTimes24の黄色い看板は、ドライバーにとって非常に認知度が高いです。

車でフラッと訪れた人たちにも、遠くから駐車場の存在を知らしめることができます。

ドライバーは、駐車場を探すときは、比較的ゆっくりした速度でノロノロ運転しますが、それでも人が歩くスピードよりは格段に速く移動します。

そのため、見慣れない駐車場は気付かれにくく、記憶にも残りにくいという欠点があります。

駐車場の集客は、元々の認知度の高さとドライバーの目に留まりやすさで決まります。

チラシやインターネット広告というのも意味がなく、ひたすら認知度が上昇していくのを待つしかありません。

個人でオープンした駐車場は、近くの駐車場は満車なのに、自分の駐車場はガラガラということが良くあります。

一方で、同じ土地でも、賃貸して駐車場運営会社に運営してもらった方が早く軌道に乗ります。

Times24などは、黄色い看板が非常に強烈な集客パワーを持っているため、ドライバーの中に、早く「あそこに駐車場がある」と認識させることが可能です。

駐車場経営は、個人でも簡単に始めることができますが、ドライバーに認知してもらうまでに時間がかかり、当面は収益が安定しないという難しさがあります。

また、認知度が向上した後も、近くに新たな駐車場がオープンしたりすると、収益がガクンと下がります。

駐車場運営業者は、このような荒波にもまれながらも土地オーナーに安定した賃料を支払うことができるため、実はスゴイ存在です。

駐車場運営業者は、収益を常にチェックし、周りの環境も定期的に視察してチェックしています。

何もしていないようですが、実は相応の努力は行っており、甘い商売ではないのです。

駐車場経営は自分でやれば、その分儲かります。

ただし、もし駐車場経営に時間と労力を注ぐ余力がなければ、駐車場運営業者に貸すのも一つの選択肢です。

初めて駐車場経営をするのであれば、「施設貸し」や「土地貸し」も含めて検討することをオススメします。

そういった点も含めて「HOME4U土地活用」であれば複数社の提案プランを受けらえますので、ぜひ一度お試しください。

HOME4U土地活用をチェック

6.まとめ

以上、ここまで、駐車場経営の始め方やポイント、その難しさまで見てきました。

一見、駐車場経営は簡単そうに見えますが、安定収益をあげるようになるには結構な手間がかかります。

自分の余力も加味した上で、貸すか、自分で行うかを決めるようにしましょう。