売れるタワーマンション・売れないタワーマンションを正しく売る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、タワーマンションの建設が相次いでいます。

それに伴い、タワーマンションを売る人も増えてきました。

タワーマンションの売却を考えている人の中には、

タワーマンションの売却を考えている人が抱える悩み

  • 「タワーマンションを売りたいけど、高く売るにはどうしたらいいの?」
  • 「売れるタワーマンションと売れないタワーマンションに違いはあるの?」
  • 「タワーマンションを高く売るコツってあるの?」

等々のことを思っている人も多いと思います。

そこでこの記事では、「タワーマンションを売る」ことについてフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、売れるタワーマンション・売れないタワーマンションを正しく売る方法について知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

タワーマンションを高く売るなら得意な不動産会社を探す
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる

1.タワーマンションの売却事情

タワーマンションは、新築分譲時は人気がありとても高いのですが、中古のタワーマンションの売却では、物件や部屋によって明暗が分かれます。

人気のタワーマンションは購入時よりも高く売れることもありますが、不人気なタワーマンションは大きく値下がることも多いです。

タワーマンションは全てが売却しやすい物件とは限らないと理解しておく必要があります。

以上、ここまでタワーマンションの売却事情について見てきました。

では、どのようなタワーマンションが売れるのでしょうか。

そこで次に、売れるタワーマンションについて解説いたします。

2.売れるタワーマンションの5つの特徴

売れるタワーマンションには、以下の5つの特徴があります。

売れるタワーマンションの5つの特徴

  • 特徴1.立地が良い
  • 特徴2.日照・眺望が良い
  • 特徴3.適切な管理が維持されている
  • 特徴4.地域のブランドになっている
  • 特徴5.住環境が良い

それぞれ見ていきましょう。

特徴1.立地が良い

駅直結などの立地が良いタワーマンションは、売却しやすいです。

快速停車駅やターミナル駅にあり、駅から徒歩5分圏内の物件であれば、売却しやすいでしょう。

特徴2.日照・眺望が良い

高層階で南向きまたは東南の角部屋等の日照・眺望が良い部屋は、売却しやすくなります。

日照や眺望は高層階の方が優れているため、同じタワーマンションでも高層階の方が売却しやすくなります。

バルコニーの向きとしては、価値の高い順から南、東、西、北となります。

特徴3.適切な管理が維持されている

適切な管理が維持されているタワーマンションは、高く売れます。

タワーマンションの中には、新築当初はコンシェルジュやドアマンが付いていても、その後、管理組合がコスト削減でこれらのサービスを止めてしまうことがあります。

分譲当時の管理サービスが維持できているマンションは、購入者に訴求力が高いため、高く売却しやすいです。

特徴4.地域のブランドになっている

タワーマンションの中には、地域のブランドになっているような物件があります。

周辺住民の間で評判になっている物件は、物件が売りに出るのを待っている人も多く、高く売却することが可能です。

特徴5.住環境が良い

タワーマンションでも、周辺の住環境が良い物件は高く売れます。

具体的には、近くに食品スーパーや医療モールがある物件は生活のために便利なため、人気が高いです。


以上、ここまで売れるタワーマンションの特徴について見てきました。

では、逆に、どのようなタワーマンションが売れないのでしょうか。

そこで次に、売れないタワーマンションについて解説いたします。

3.売れない5つの特徴のタワーマンション

売れないタワーマンションには以下の5つの特徴があります。

売れないタワーマンションの5つの特徴

  • 特徴1.バルコニーの方角が悪い
  • 特徴2.階数が低い
  • 特徴3.小中学校の定員数がオーバーしている
  • 特徴4.立地が悪い
  • 特徴5.施工の質が悪い

特徴1.バルコニーの方角が悪い

バルコニーの方角が悪い物件は売却が難しくなります。

タワーマンションは直方体状に建築されている物件もあり、普通のマンションよりも北向きや西向きのバルコニーの部屋が多く存在します。

方位の悪い物件は、タワーマンションと言ってもなかなか売れません。

特徴2.階数が低い

タワーマンションでは、階数が低い低層階は売却しにくい傾向があります。

ほとんど日が差さないような部屋は、価格が落ちます。

周囲にオフィスビルが多いエリアでは、隣接建物との距離が近く、低層階は特に人気がありません。

特徴3.小中学校の定員数がオーバーしている

タワーマンションが一気に建ったエリアでは、小中学校の定員数がオーバーしている地域があります。

このような地域のタワーマンションは、子育て世代には人気がありません。

子供を遠くの学校に通わせなければならないようなタワーマンションは、物件の引き合い数は少なくなる傾向にあります。

特徴4.立地が悪い

タワーマンションは広い土地を必要とするため、駅から徒歩10分以上離れた場所に建っていることもあります。

駅から遠く、周辺にもスーパーがないような立地が悪い物件は、高く売れません。

シニア世帯には不人気であり、立地の悪い物件も引き合い数は少ないです。

特徴5.施工の質が悪い

タワーマンションでも、施工の質が悪い物件はなかなか売れません。

中古マンションは新築マンションとは異なり、実際に物件の状態を見て買います。

高級タワーマンションを謳っている割に、なんとなく床がプカプカしている、エレベーターがガタガタ揺れる、廊下の換気状態が悪い等々、施工の質の悪さを感じる物件があります。

施工の質が悪い物件は、周辺住民に知れ渡っていることも多く、人気がありません。


以上、ここまで売れないタワーマンションについて見てきました。

それでは、どうすればタワーマンションを高く売ることができるのでしょうか。

そこで次に、タワーマンションを高く売る方法について解説いたします。

4.タワーマンションを高く売る4つの方法

タワーマンションを高く売るには以下の4つの方法があります。

タワーマンションを高く売る4つの方法

  • 方法1.パークシリーズやプラウドなら販売元に相談するのも一つ
  • 方法2.銀行に相談してみる
  • 方法3.一般媒介で売りに出す
  • 方法4.「6,000万円以上」の物件ならホームステージングを利用する

それぞれの方法を見ていきましょう。

方法1.パークシリーズやプラウドなら販売元に相談するのも一つ

タワーマンションが三井不動産のパークシリーズや野村不動産のプラウドなら販売元に相談するのも一つです。

パークシリーズやプラウドは固定ファンの信者がいますので、販売元のディベロッパーに仲介を依頼すると、中古が出てくるのを待ち望んでいる購入者に売却しやすいです。

インターネット情報では、「タワーマンションの売却は販売元のディベロッパーに依頼するのが良い」という噂がありますが、全てのタワーマンションが販売元のディベロッパーへの依頼が適切ではありません。

タワーマンションのディベロッパーの中には、マンション開発が中心で、仲介には力を入れていない不動産会社も多いです。

仲介の力が弱いディベロッパーにタワーマンションの売却を依頼すると、逆に中々売却できません。

このようなディベロッパーに依頼すると、結局のところ、売却を他の仲介会社に丸投げされます。

一方で、三井不動産と野村不動産であれば、仲介の力も強く、かつタワーマンション自体に人気があります。

例えばプラウドを購入したい人は、野村不動産の仲介サイト(ノムコム)を使って直接中古のプラウドを探しに行きます。

ノムコムについては下記記事に詳しく解説しています。

パークシリーズやプラウドのタワーマンションなら販売元に相談してみましょう。

方法2.銀行に相談してみる

タワーマンションは資産家が相続対策として欲しがっているケースがあるため、銀行に相談してみるのも一つです。

銀行は直接、不動産の仲介を行いませんが、仲介は銀行の関連会社や懇意にしている会社に話を振ってくれます。

タワーマンションの中で、特に高層階は市場価格よりも相続税評価額がかなり安くなっているため、保有するだけで相続対策となります。

本来の価値よりも、相続で財産として評価される額の方が低いため、現金を持っているよりもタワーマンションに代えた方が節税できるというカラクリです。

資産家の人は、銀行に対して相続対策のことを良く相談しています。

そのため、銀行に相談すると、タワーマンションを欲しがっている資産家に対して話を繋げてくれることがあります。

もし、気軽に話せる銀行担当者を知っていれば、「資産家でタワーマンションを欲しがっている人はいませんか?」ときいて見るのも良いでしょう。

ただし、相続対策となるタワーマンションは、市場価格と相続税評価額との乖離が大きい高層階の部屋に限られます。

なかなか売れない部類のタワーマンションは対象とはなりません。

相続対策となるタワーマンションは、高層階の高値が付く部屋が対象となります。

方法3.一般媒介で売りに出す

タワーマンションはせっかくの資産ですので、一般媒介で売りに出すことをオススメします。

媒介契約とは、不動産会社に依頼する仲介の契約を指します。

媒介契約の種類は、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があります。

このうち「一般媒介」は、複数の不動産会社に依頼が可能な媒介方法です。

一方で、「専任媒介」と「専属専任媒介」は、1つの不動産会社にのみ依頼が可能な媒介方法となります。

一般媒介を利用すると、同時に複数の不動産会社を使って売却活動ができるため、高く早く売れる確率が高まります。

6社に売却を依頼すれば、1社に依頼するよりも6倍のパワーで売却活動が行われます。

6社の売却依頼が面倒と思うかもしれませんが、一括査定サイトを使うとすぐに行えます。

不動産一括査定とは、その名の通り「不動産の査定相談を複数の不動産に一度でお願いできるWEBサイト(サービス)」。

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産一括査定サイトのイメージ

不動産のプロが厳選する!不動産一括査定のオススメ4サイト

ここからは、筆者が厳選したオススメの不動産一括査定4サイトを紹介。

筆者の厳選基準は下記3つ。

オススメの不動産一括査定サイトの基準は3つ

  • 運営会社の母体がしっかりしているか
  • 不動産会社をしっかり審査しているのか
  • 利用者が多いのか

さて、それでは各不動産一括査定サイトをオススメ順に特徴とポイントを紹介していきます。

オススメ1.NTTグループで安心運営!「HOME4U」

HOME4Uの特徴

プライバシーマークを取得している、安心のNTTデータグループが運営する「HOME4U」。

日本で初めて不動産一括査定を始めたサイトで、18年の歴史を誇っています。

歴史がある分、利用者も多く累計35万人が利用。

それだけ、長く続けられているのも、支持されている証拠。

「なんでも相談窓口」のサポートデスクも用意されており、不動産売却に関する相談も可能です。

安心安全、信頼のサービスを利用したいユーザーには、ぴったりのwebサービスです。

※都心部の方は次に紹介する「すまいValue」も合わせて申し込みがオススメ。

HOME4Uのオススメポイント

  • 運営会社が上場企業かつ、運営暦18年。安心、信頼感がある。
  • 累計30万人が利用している安心実績。
  • 約1分の登録で、最大6社の査定価格を取り寄せられる。

HOME4U(ホームフォーユー)の公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!HOME4Uをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

【朗報】一都三県・大阪・兵庫なら「SREソニー不動産(※旧ソニー不動産)」も同時申し込みがオススメ

SRE不動産の特徴

AV機器や銀行・保険などで有名なソニーが運営する「T_ソニー不動産」。

日本では数少ないエージェント制を採用。

エージェント制とは:両手仲介せず、売主の仲介に専念した制度のこと

多くの不動産会社の場合、「(売主の希望価格から)少し値下げすれば購入しても良い」という希望者が現れた場合、そこで調整しようという働きかけが発生します。

ですが、ソニー不動産の場合は、そこで買主獲得を急ぐのではなく、更に購入希望者を募り、売主の希望に合う買主を見つけようとするのです。

この働きかけの強さこそが、他の不動産会社にはない、SRE不動産参会者の特徴、そして強みであると言えるでしょう。

その証拠に「成約価格の納得度」「顧客志向」「サービスの先進性」の3つの項目で、仲介会社No.1を獲得。

SRE不動産は、主要な一括査定には参加していないので、一都三県の方は他の不動産会社と合わせて査定相談することをオススメします。

※SRE不動産は、東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県のみの対応となっています。

SRE不動産のオススメポイント

  • 国内では数少ない売主のみに特化したエージェント制を採用!
  • 「成約価格の納得度」「顧客志向」「サービスの先進性」でNo.1
  • 安心のソニーグループが運営

SRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトはこちら

60秒で無料相談!SRE不動産(旧ソニー不動産)公式サイトをチェック

※安心のソニーグループ運営、両手仲介なしの売主特化

オススメ3.最大手の不動産会社に唯一依頼ができる!「すまいValue」

すまいValueの特徴

すまいValue」は、国内最大手の不動産会社6社の共同運営による不動産一括査定サイトです。

「野村の仲介+」「住友不動産販売」「三井のリハウス」「東急リバブル」「三菱地所ハウスネット」「小田急不動産」といった大手不動産会社だけを対象に、仲介先を探すことができます。

この6社に依頼できるのは実はすまいValueのみ。

これらの最大手は、特に都心部は強いので、都心部の不動産売却を考えている人は、「すまいValue」に依頼はしておいた方がいいです。

最短60秒の簡単な入力で、大手不動産会社最大6社の査定結果から比較検討ができます。

すまいValueのオススメポイント

  • 国内最大手の不動産会社6社が直接運営!実績と信頼のある不動産会社のみに依頼できる
  • 6社の店舗数は全国に870店舗。年間の仲介成約数11万件以上!
  • トラブルなく安心・安全に取引出来た割合96.7%と安心感抜群

すまいValueの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!すまいValueをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

オススメ4.利用者1,000万人以上でNo.1「イエウール」

イエウールの特徴

イエウールは、不動産一括査定で利用者No.1のサービス。

No.1の理由は、参加している不動産会社の数。他の一括査定は1,000社前後が多いですが、イエウールは1,700社と一括査定No.1です。

つまり田舎や地方の方でも、しっかりと不動産会社を見つけることができます。

HOME4U」は大手や中堅の不動産会社は参加しているものの、地域密着の不動産会社の参加は実は少ないのです。

その点、イエウールは地域密着の不動産会社も多く参加しておりますので、田舎や地方の方でも安心して利用できます。

※都心部の方は「すまいValue」がオススメです。

イエウールのオススメポイント

  • 登録されている不動産会社数が1,700社以上と、他の不動産一括査定サイトNo.1
  • 累計利用者1,000万人以上は一括査定No.1
  • 一括査定後の見積もり比較のフォーマットが見やすい。

イエウールの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!イエウールをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

オススメ5.投資用の物件を売却なら「リガイド」

リガイドの特徴

リガイド」は、以前は「SBI不動産一括査定 」と言ってSBIグループにて運用されていたサービスです。

運営企業自体も不動産取引に精通しているので、その点でも安心感を持てます。

ちなみに、サービス運用暦10年以上と、長年の実績と信頼を誇る、不動産一括査定サイトです。

リガイドの特徴としては、一回の査定依頼に対して最大10社までの不動産会社からの査定を受け取れるところ、そしてYahoo!やFacebookとも提携しており、入力時もそれらのサービスから情報を引き継げる利便性、などが挙げられます。

リガイドのオススメポイント

  • 一回の査定依頼に対して査定を受け取れる不動産会社数が多い(最大10社)。
  • 元SBIグループの信頼感、運営企業自体も不動産取引に精通している。
  • 不動産一括査定サイトの中でも、特に運用暦が長い、実績の豊富さ。

リガイドの公式サイトはこちら

3分で最高額がわかる!リガイドをチェック

※「机上査定」を選ぶと電話なしで、メールで概算査定額がわかります。

以上が筆者が厳選した4サイト。

それぞれ紹介した不動産一括査定を一覧表でまとめておきます。

比較項目HOME4UすまいValueイエウールリガイド
運営会社株式会社
エヌ・ティ・ティ・データ
すまいValue運営会社株式会社Speee株式会社ウェイブダッシュ
上場未上場未上場未上場未上場
運営暦
(サービス開始年)
17年
(2001年)
2年
(2016年10月)
4年
(2014年)
11年
(2006年)
参加している
不動産会社数
約1,300社大手6社のみ約1,700社約550社
査定可能な不動産・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・ビル一室
・店舗・事務所・倉庫
・マンション一棟
・アパート一棟
・ビル一棟
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟マンション
・一棟ビル
・一棟アパート
・その他
・分譲マンション
・一戸建て
・土地
・一棟アパート
・一棟マンション
・区分マンション
・一棟ビル
・区分所有ビル
・店舗・工場・倉庫
・農地
・その他
・マンション
・一戸建て
・土地
・アパート一棟
・マンション一棟
・事務所・店舗ビル一棟
・事務所・店舗ビル一室
・その他

最後にざっとまとめておきます。

【まとめ】不動産一括査定サイトのオススメ

不動産一括査定サイトは、無料で利用できますので、まずは申し込んで信頼できる不動産会社に査定相談をしてみることをオススメします。

不動産一括査定については下記記事でさらに詳しく解説しています。

不動産の売却は確率論で決まりますので、依頼する会社の数を増やせば、当然に高く早く売れる確率は高まることになります。

売りやすいタワーマンションであれば、一般売価により、一層、高く売ることができます。

また、売りにくいタワーマンションであっても、複数の不動産会社に依頼した方が、当然確率が上がるため、売りやすくなります。

そのため、一般媒介で売る方法は売りやすい物件も売りにくい物件もおススメです。

媒介契約については下記記事で詳しく説明しています。

方法4.「6,000万円以上」の物件ならホームステージングを利用する

「6,000万円以上」の物件ならホームステージングを利用するという方法もあります。

ホームステージングとは、中古マンションをモデルルームの様に家具やインテリアで演出して売却する手法

家の印象を良く見せることができるため、高く売却できる可能性が高まります。

ただ、ホームステージングを行うのであれば、住みながらの売却ではなく、空き家の状態での売却であることが原則です。

また、ホームステージングは概ね17万円~30万円程度の費用がかかります。

しかしながら、住友不動産では以下の条件を満たすと、無料でホームステージングを実施するサービスがあります。

  • 対象物件:2000年(平成12年)1月以降竣工のマンション・戸建
  • 対象物件面積:[マンション]専有面積50㎡以上(壁芯)
  • 適用条件:住友不動産と専属専任・専任媒介契約(媒介期間3ヵ月)を締結された個人・法人のお客様、住友不動産の査定価格が6,000万円以上でかつ、当初の媒介価格(売出価格)が住友不動産の査定価格の125%以内である物件。規定の仲介手数料をお支払いいただけること。サービス実施時に空室であること。

住友不動産と専属専任で良いという判断であれば、ホームステージングの無料サービスを使って、マンション売却をすることができます。

ホームステージングをすれば、売りやすくなるという一定の効果は見込めます。

6,000万円以上の物件であれば、ホームステージングを検討してみるのも良い選択です。

ホームステージングについては下記記事で詳しく説明しています。

5.まとめ

以上、ここまで、売れるタワーマンション・売れないタワーマンションを正しく売る方法について見てきました。

タワーマンションは価格も高く売却しやすいものも多いです。

せっかくの財産ですので損をしない売却方法を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA