不動産売却の仲介会社はどこがいい?オススメ2社の人気の理由を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数多ある不動産会社から、売却の仲介を依頼する1社を選ぶのは至難の業です。

どこがいいのか悩んだときに、特にオススメしたい人気の2社があります。

どの不動産会社に売却の仲介を依頼しようかと悩んでいる人の中には、

不動産会社に売却の仲介を依頼する際の疑問

  • 「不動産会社が多すぎて、どこに頼めばいいのか見当がつかない…」
  • 「プロの目から見てオススメの会社ってどこなの?」
  • 「オススメの不動産会社には、どんなサービスがあるの?」

そこでこの記事では、「不動産会社はどこがいいか」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、不動産会社の仲介はどこがいいか、オススメの2社とその人気の理由について知ることができます。

不動産を高く売るなら複数社に査定相談
HOME4Uの一括査定なら一度にまとめて査定相談できる

評価の高い仲介会社ランキング

様々な顧客満足度を調査しているオリコンでは、不動産の仲介についての満足度調査を行っています。

不動産会社の本格的な大規模アンケート調査はほとんど行われていないので、オリコン満足度調査はとても貴重な情報となります。

オリコンでは、実際に不動産会社のサービスを利用した人からアンケートを取り、「マンション」と「戸建て」のそれぞれでランキングを公表しています。

不動産仲介売却ランキングの結果は、下表のとおり。

順位マンション戸建て
不動産会社得点不動産会社得点
1位野村の仲介+78.33点野村の仲介+77.51点
2位三井住友トラスト不動産77.67点三井住友トラスト不動産74.35点
3位近鉄不動産77.54点東急リバブル74.34点
4位住友林業ホームサービス77.34点近鉄不動産74.33点
5位大成有楽不動産販売76.69点住友林業ホームサービス74.32点
6位東急リバブル76.41点三井のリハウス74.32点
7位大京穴吹不動産76.40点センチュリー2174.04点
8位三井のリハウス76.35点住友不動産販売73.50点
9位長谷工の仲介76.17点福屋不動産販売71.47点

3位以降は、マンションも戸建てもバラバラです。

ただし、1位と2位はマンションも戸建ても同じ結果となっています。

よって、1位の「野村の仲介+」と2位の「三井住友トラスト不動産」は非常に評価の高いオススメの不動産会社といえます。

「野村の仲介+」とは、野村不動産アーバンネット株式会社が展開する個人向け仲介サービスの名称

野村不動産といえば、マンションなどのプラウドシリーズをご存知の人も多いと思います。

マンション開発のセンスも良く、業界の中でも評価の高い不動産会社

「三井住友トラスト不動産」は、三井住友信託銀行グループの不動産会社

信託銀行というと、一般の人にはなじみが薄いですが、信託銀行は実は不動産のプロ。

三井住友信託銀行自体も、法人向けに大型物件の仲介を行っており、その情報収集力や機動力には業界でも定評があります。

三井住友トラスト不動産は、そのような三井住友信託銀行グループの中で、個人向け仲介サービスを行っている会社です。

名前を聞いたことのない人も多いと思いますが、その提供しているサービス内容は非常に優れています。

提供しているサービスについては「第3章 不動のTOP2の特徴」にて詳しくご紹介します。

以上、ここまで評価の高い仲介会社ランキングについて見てきました。

では、オススメの仲介会社はユーザーからどのような評価を受けているのでしょうか。

そこで次に、オススメ仲介会社の口コミについて解説いたします。

野村の仲介+と三井住友トラスト不動産の仲介会社の口コミ

オリコン不動産仲介売却ランキングでは、「利用者の声」も掲載しています。

この章では、「野村の仲介+」と「三井住友トラスト不動産」の2社の口コミについてご紹介します。

利用者の声1.野村の仲介+の口コミ

野村の仲介+の口コミをいくつか抜粋します。

短時間で交渉が進みました。契約も成立して満足している。相談してからに10日で売却契約が成立。早くて感動しました。(40代/男性) こちらの要望をしっかりと聞いてくれ、わかりやすく対応してくれたことが良かったですね。(40代/男性) 内覧にこられた方の状況など、教えていただける部分まで細かく教えていただけました。(30代/女性)

野村の仲介+では、担当の対応や専門性の高さを評価する声が多いです。

業界の中でも頑張っている企業ですので、従業員教育が徹底しているものと思われます。

利用者の声2.三井住友トラスト不動産の口コミ

三井住友トラスト不動産の口コミをいくつか抜粋します。

思いのほか高値で販売出来た。(60代以上/男性) 思った通りの価格で成立出来た。(60代以上/男性) 初回問い合わせから打ち合わせ、決済までの期間が早かったこと。(60代以上/女性)

三井住友トラスト不動産の特徴としては、「高く売れた」とか、「早く売れた」という声が多いです。

早く高く売れるというのは、理想の売却ですので、利用者は実際に相当満足度の高い売却ができているのだと思われます。

他社に比べると認知度が高くないのに、これほど満足度が高いのは、実は三井住友トラスト不動産が「隠れ1位」・「真の1位」の可能性が大いにあります。

筆者としては、三井住友トラスト不動産は一番オススメです。

以上、ここまでオススメ仲介会社の口コミについて見てきました。

では、上位に入った不動産会社にはどのような特徴があるのでしょうか。

そこで次に、不動のTOP2の特徴について解説いたします。

「野村の仲介+」「三井住友トラスト不動産」TOP2の特徴

特徴1.ここまでやるか!完璧なサービスの野村の仲介+

野村の仲介+では、「売却サポート」というサービスを提供しており、条件を満たすと以下のいずれか一つのサービスを無料で受けることができるようになっています。

近年は無料サービスを提供している不動産会社も増えていますが、これだけサービスメニューが多岐にわたり、しかもどれも良いサービスを提供しているのは野村の仲介+だけです。

野村の仲介+の充実したサービス内容

  1. あんしん設備補修
  2. あんしん建物補修
  3. あんしん土地診断(土地測量)
  4. あんしん土地診断(埋設物撤去)
  5. ホームステージング
  6. ホームクリーンアップ
  7. ハウスクリーニング・ハウスコーティング
  8. 土地ステージング
  9. 荷物一時預かり

あんしん設備補修」とは、マンションの住宅設備に関して、専門家が検査・補修し、お引渡し後、万が一不具合が発生した場合、補修を受ける事ができるサービスです。

あんしん建物補修」とは、建物に関して、専門家が検査・補修し、お引渡し後、万が一不具合が発生した場合、補修を受けることができるサービスになります。

あんしん土地診断 (土地測量)」は、所有する土地に対して、「境界標の有無の確認」、「越境の有無の確認」、「敷地内高低差の測量」、「仮測量図の作製」を行うサービスです。

あんしん土地診断 (埋設物撤去)」は、土地に関して、専門家が検査を実施し、お引渡し後、万が一所定の地中埋設物が発見された場合、撤去を受ける事ができるサービスになります。

撤去費用は200万円まで負担してもらえるため、極めて優れたサービスです。

ホームステージング」は、売却する物件にインテリアコーディネートを加え、モデルルームのような形にして販売活動を行うことができるサービスになります。

ホームクリーンアップ」とは、居住中の家をプロが片づけ・清掃して、スッキリと広く美しい空間にするサービスです。

ハウスクリーニング・ハウスコーティング」は、複数のメニューの中から、清掃を実施できるクリーニングサービスになります。

土地ステージング」とは、所有する土地に対して、「草刈り作業」、「防草シート施工」、「立入禁止ロープ設置」、「売物件看板設置」をワンストップで行うサービスです。

荷物一時預かり」とは、売却期間中、一時的に室内の荷物を最大10点まで預かるサービスになります。

売却サポートでは、上記の9つのサービスのうち、1つを選択できます。

自分の物件を売却するのに一番必要だと思われるサービスを選ぶのが良いです。

尚、売却サポートサービスを受けるには、基本的に以下の要件を満たす必要があります。

【売却サポートの基本的な適用条件】

  1. 「野村の仲介+(PLUS)店舗」と専属専任・専任媒介を締結した個人・法人(宅建業者を除く)(媒介期間:3ヶ月)
  2. 野村の仲介+の媒介価格(売出価格)が野村の仲介+の査定価格の125%以内であること
  3. 規定の仲介手数料を払うこと

その他、サービスによっては別の条件が付加されます。

不動産会社に依頼する仲介の契約のことを媒介契約といいます。

媒介契約は3種類ある

  1. 専属専任媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 一般媒介契約

一般媒介は,複数の不動産会社に仲介を依頼することができる契約です。

それに対して、専任媒介や専属専任媒介は、いずれも1社にしか仲介を依頼することができない契約となります。

専属専任媒介では、さらに自己発見取引と呼ばれる自分で買主を見つけてくる行為も禁止されています。

基本的な適用条件の中に、「専属専任・専任媒介を締結」という条件があります。

専属専任や専任媒介を締結すると、野村不動産アーバンネット以外の会社とは媒介契約を締結できないことを意味します。

ただし、その代わりとして売却サポートという手厚いサービスを受けることができるようになります。

売却サポートは良いサービスが多いので、せっかく野村不動産アーバンネットと専任媒介契約をするのであれば、ぜひ利用するようにしましょう。

媒介契約については下記記事で詳しく解説しています。

野村の仲介については下記記事で詳しく解説しています。

特徴2.高く売れる理由がある!三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産では、以下のサービスを行っています。

三井住友トラスト不動産の信頼できるサービス内容

  1. 建物状況調査サービス
  2. 瑕疵保険サービス
  3. 住宅設備修理サポート
  4. 土地測量調査サービス

建物状況サービス」とは、インスペクションと呼ばれる専門家による住宅の劣化や性能低下の有無について調査のことです。

瑕疵(かし)保険サービス」とは、売却後、瑕疵が発見された場合、その修繕費用の一部または全部を保険でカバーすることができる保険のことです。

瑕疵とは、雨漏りやシロアリによる腐食等の通常有すべき品質を欠くこと

公益社団法人全国宅地建物取引業協会が実施した2017年11月に実施した「2017年不動産の日アンケートでは、「 中古住宅の購入を考える場合、必要と思われること」という調査を行っています。

この調査結果では、「瑕疵担保保険」と「インスペクション」、「履歴情報」の関心が高いことが分かります。

中古住宅購入者の関心

中古住宅購入者の関心

三井住友トラスト不動産のサービスは、買主が非常に関心の高い部分を的確にサービスしてくれるため、高く売却できる理由の一つとなっています。

住宅設備修理サポート」は、売却後6ヶ月以内、最大500万円まで設備の修理を保証してくれるサービスとなります。

土地測量調査サービス」は、売却前の現況測量や越境物の確認等の調査サービスです。

上記のサービスを利用する場合には、三井住友トラスト不動産と「媒介契約を締結すること」や「規定の仲介手数料を支払うこと」等が条件となっています。

インスペクションや瑕疵担保保険の付保は、非常に価値あるサービスですが、無料で提供してくれる不動産会社は多くはありません。

インスペクションや瑕疵担保保険には、希望の価格で高く売却できる効果があります。

サービス内容としてはとても良いサービスなので、三井住友トラスト不動産は知名度以上にオススメです。

尚、インスペクションや瑕疵担保保険については、以下の記事で詳しく記載しています。ぜひご参照ください。

三井トラスト不動産については下記記事で詳しく解説しています。

まとめ

以上、ここまで、不動産会社の仲介はどこがいいか、オススメの2社とその人気の理由について見てきました。

人気上位の不動産会社には、裏打ちされた理由があります。

ぜひ不動産会社選びの参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

合同会社ラビッツ 石川貴裕

IT会社で勤務しながら、親族の会社で不動産仲介を経験。専門用語が多く初心者に優しくないサイトが多いと感じて不動産メディアを多数立ち上げる。

「この記事を人に教えたい!」と思ったらシェアをお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA